ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。とりあえず市場には安心感が広がっているが、今回の株価上昇の背景には日銀による積極的な買い支えがある。

kuroda

 8日の日経平均は前日の終値から450円以上も下落し、1万4778円で取引を終了した。市場では一気に株価が崩壊するのかと緊張が走ったが、翌日からは一転して株価は急騰。9日連続の上昇で1万5500円台を回復している。

 急落の反動による上昇を狙った短期筋が買いを入れたことも影響しているが、今回の株価上昇の主役は日銀による積極的な買い支えであることは間違いない。

 日銀は株価が急落し始めた8月6日から、ETF(上場投資信託)の買い入れを開始。18日に終了するまで、毎日ほぼ100億円のペースで株を買い続けた。日銀が本格的に株を買い支えていることを察知した投資家が、これに追随したことから株価は急騰し、1万5500円台の回復となった。

 日銀がETFを購入することは、昨年4月に始まった量的緩和策の一環であり、特に目新しいことではない。日銀は年間1兆円のペースでETFの購入を続けている。ただ今回は非常に機動的な動きであり、株価の動きにダイレクトに反応したことが市場の注目を浴びた。

 日銀がこのような機動的な動きを見せたのは、アベノミクスが現在、正念場に差し掛かっており、株価の下落をきっかけに状況が急変することを避ける意図があったと思われる。さらにいえば、財務省出身である黒田総裁が、消費税10%増税を実現するために援護射撃を行ったと解釈することも可能だ。

 4~6月期のGDPは年率換算で6.8%と大幅なマイナスとなった。消費税10%への増税は次の7~9月期GDPで判断されることになる。6.8%もの大幅マイナスの後だけに、反動でプラスとなるのは確実だが、その数字が予想よりも小さかった場合には、消費税10%増税の先送りという政治的判断も考えられる。

 このようなタイミングで株価が急落してしまうと、こうした動きを加速させてしまう可能性がある。とにかく消費税の10%増税を決めてしまうまでは手段を選ばないというのが、現在の黒田総裁と財務省のホンネかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

saiteichingin
最低賃金引き上げの議論が始まる。だが経営側は以前として慎重姿勢

 最低賃金の引き上げに関する議論が政府内で始まった。厚生労働省は最低賃金の目安を …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

nyse
ダウ平均株価の銘柄が久々に大型入れ替え。米国の産業構造は今後どうなる?

 米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは9月10日、ダウ工業株30種(いわゆ …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …