ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。とりあえず市場には安心感が広がっているが、今回の株価上昇の背景には日銀による積極的な買い支えがある。

kuroda

 8日の日経平均は前日の終値から450円以上も下落し、1万4778円で取引を終了した。市場では一気に株価が崩壊するのかと緊張が走ったが、翌日からは一転して株価は急騰。9日連続の上昇で1万5500円台を回復している。

 急落の反動による上昇を狙った短期筋が買いを入れたことも影響しているが、今回の株価上昇の主役は日銀による積極的な買い支えであることは間違いない。

 日銀は株価が急落し始めた8月6日から、ETF(上場投資信託)の買い入れを開始。18日に終了するまで、毎日ほぼ100億円のペースで株を買い続けた。日銀が本格的に株を買い支えていることを察知した投資家が、これに追随したことから株価は急騰し、1万5500円台の回復となった。

 日銀がETFを購入することは、昨年4月に始まった量的緩和策の一環であり、特に目新しいことではない。日銀は年間1兆円のペースでETFの購入を続けている。ただ今回は非常に機動的な動きであり、株価の動きにダイレクトに反応したことが市場の注目を浴びた。

 日銀がこのような機動的な動きを見せたのは、アベノミクスが現在、正念場に差し掛かっており、株価の下落をきっかけに状況が急変することを避ける意図があったと思われる。さらにいえば、財務省出身である黒田総裁が、消費税10%増税を実現するために援護射撃を行ったと解釈することも可能だ。

 4~6月期のGDPは年率換算で6.8%と大幅なマイナスとなった。消費税10%への増税は次の7~9月期GDPで判断されることになる。6.8%もの大幅マイナスの後だけに、反動でプラスとなるのは確実だが、その数字が予想よりも小さかった場合には、消費税10%増税の先送りという政治的判断も考えられる。

 このようなタイミングで株価が急落してしまうと、こうした動きを加速させてしまう可能性がある。とにかく消費税の10%増税を決めてしまうまでは手段を選ばないというのが、現在の黒田総裁と財務省のホンネかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

toyota
トヨタの好決算は円安の影響ではない。海外生産、海外販売へのシフトが利益の源泉

 トヨタ自動車は5月8日、2013年3月期決算を発表した。売上高は前年比18.7 …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

samsungjp
韓国企業や中国企業への人材流出が加速。だがこれを懸念しても何の解決にもならない

 韓国企業や中国企業に日本人が転職するケースが増えてきており、一部から技術流出な …

factory06
国内の設備投資は見かけ上増加。だが季節調整済みではマイナスに

 財務省は2014年3月3日、2013年10~12月期の法人企業統計を発表した。 …

imf201306
IMFが最新の世界経済見通しを発表。日本は大型公共事業の効果で主要国トップの成長率

 国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。全世界の20 …

tosho002
「賃上げETF」がいよいよ上場へ。投信会社にとっては確実に売れるオイシイ商品

 積極的に賃上げや設備投資を行う企業の株式を組み込んだETF(上場投資信託)が上 …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …