ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。とりあえず市場には安心感が広がっているが、今回の株価上昇の背景には日銀による積極的な買い支えがある。

kuroda

 8日の日経平均は前日の終値から450円以上も下落し、1万4778円で取引を終了した。市場では一気に株価が崩壊するのかと緊張が走ったが、翌日からは一転して株価は急騰。9日連続の上昇で1万5500円台を回復している。

 急落の反動による上昇を狙った短期筋が買いを入れたことも影響しているが、今回の株価上昇の主役は日銀による積極的な買い支えであることは間違いない。

 日銀は株価が急落し始めた8月6日から、ETF(上場投資信託)の買い入れを開始。18日に終了するまで、毎日ほぼ100億円のペースで株を買い続けた。日銀が本格的に株を買い支えていることを察知した投資家が、これに追随したことから株価は急騰し、1万5500円台の回復となった。

 日銀がETFを購入することは、昨年4月に始まった量的緩和策の一環であり、特に目新しいことではない。日銀は年間1兆円のペースでETFの購入を続けている。ただ今回は非常に機動的な動きであり、株価の動きにダイレクトに反応したことが市場の注目を浴びた。

 日銀がこのような機動的な動きを見せたのは、アベノミクスが現在、正念場に差し掛かっており、株価の下落をきっかけに状況が急変することを避ける意図があったと思われる。さらにいえば、財務省出身である黒田総裁が、消費税10%増税を実現するために援護射撃を行ったと解釈することも可能だ。

 4~6月期のGDPは年率換算で6.8%と大幅なマイナスとなった。消費税10%への増税は次の7~9月期GDPで判断されることになる。6.8%もの大幅マイナスの後だけに、反動でプラスとなるのは確実だが、その数字が予想よりも小さかった場合には、消費税10%増税の先送りという政治的判断も考えられる。

 このようなタイミングで株価が急落してしまうと、こうした動きを加速させてしまう可能性がある。とにかく消費税の10%増税を決めてしまうまでは手段を選ばないというのが、現在の黒田総裁と財務省のホンネかもしれない。

 - 経済 , , , ,

  関連記事

bananki
バーナンキ議長がとうとう量的緩和策終了に言及。いよいよ本格的なドル高が始まる?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は6月19日、連邦公開市場委員会 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

nttkoshudenwa
ドコモがセット割り参入を総会で表明。民営化から30年、NTTをめぐる環境は変わった

 NTTドコモの加藤薫社長は2014年6月19日、定時株主総会で、NTT本体との …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

usakoyoutoukei201501
日本の製造業に朗報。米雇用統計は絶好調で6月利上げはオンスケジュールか?

 米労働省は2015年2月6日、1月の雇用統計を発表した。雇用者数の増加は市場予 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …