ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支局長の加藤達也氏が、名誉毀損罪で起訴される可能性が高くなってきた。韓国メディアが報じている。

 pakukune02 加藤氏は、韓国メディアからの引用という形で、客船「セウォル号」沈没事故が起きた4月16日、朴大統領が元側近の男性と会っていたという噂話を紹介した。
 ソウル中央地検は、名誉毀損罪の疑いがあるとして加藤氏を事情徴収していたが、地検は起訴に踏み切る方針を固めたとみられる。

 韓国は1980年代まで軍事独裁政権だった国であり、民主主義が未成熟である。一般に民主化のレベルが低い国ほど、公職にある人物のプライベートを報道することは、それ自体がタブーとなってくる。中国は今でも権力者の私生活について語ることは犯罪に近い。

 日本をはじめとする民主国家の価値観からすれば、政治家の私生活を記事にしたことが罪に問われるというのはあってはならないことだが、このあたりの価値観は国によって異なっている。非常に残念だが、もし起訴ということになれば、これを受け入れ、韓国の法に基づいて裁判で争う以外に方法はないだろう。

 ただ、日本全体としてこの問題を考えるならば、民主主義が未成熟な国での出来事とはいえ、他山の石とすべき事例であると考えられる。日本でも公職にある人のプライベートを語ることが一部でタブー視される雰囲気が存在するからである。

 政治家にもプライバシーがあるという見解もあるが、民主国家ではそれは成立しない。なぜなら民主国家の政治家は、民法など、国民の価値観の根幹をなす法律を変える権限を持っているからである。法律ひとつで、同性愛は合法にも違法にもなる。一夫一婦制、男女平等、あるいは外国人の権利についても同様である。

 つまりプライベートでどのような価値観に基づき、どういった私生活をしているのかについて説明できなければ、本当の意味で国民に対する義務を果たしたことにはならないのである。

 ここまで公開してよいのかについては議論が分かれるところかもしれないが、米国の大統領は自身の健康診断の結果まで公開している。健康に関する情報はプライバシーの最たるもののひとつだが、国を率いるリーダーの健康状態を知ることは、国民の権利という考え方が徹底されている。

 今回の韓国の措置に対しては、日本に対して敵対的という意味で、国内から批判の声も上がっているようだが、本質はそこではない。これは民主主義の問題と捉えるべきである。

 - マスコミ, 政治, 社会

  関連記事

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

monka
文部科学省が土曜授業復活を検討。だが現場の教師は嫌がっている?

下村文部科学相は15日、閣議後の記者会見で、公立学校の土曜授業の復活(学校週6日 …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

sistinchapel
次期ローマ法王選出会議(コンクラーベ)、12日から開催。会議は波乱か?

 ローマ法王庁は8日、退位したベネディクト16世の後継者を選ぶ選挙(コンクラーベ …

rakutenmikitani
三木谷氏率いる新経連の動きが活発に。しかし早くも「老人化」の雰囲気がチラホラ

 楽天の三木谷社長率いる新しい経済団体である新経連が動きを活発化させている。20 …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

jimintohonbu
自民党が伝統の「党税調」を復活。だが、かつての税制利権につながるとの声も

 自民党が政権に復帰したことをうけて、これまで事実上消滅していた自民党の税制調査 …