ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、失敗したと発表した。AHWを搭載したロケットの発射直後に異常が発生したという。
 今回の実験は失敗したが、米国は新しい概念の兵器開発を着々と進めていることがより鮮明になってきた。近い将来、戦争の概念は大きく変化している可能性がある。

choonsokuheiki

 AHWは、通常型弾頭(核兵器ではない弾頭)を搭載した飛行体を、空気抵抗の少ない高高度まで打ち上げ、マッハ5以上という極超音速で飛行させ、衛星誘導で標的を攻撃する仕組み。
 米国は、世界中のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる新世代の通常兵器「通常型即応グローバルストライク」の整備を進めているが、AHWもそのひとつといわれている。

 即応グローバルストライクは、北朝鮮のような敵対的国家の軍事拠点、あるいは反米的なテロリストの拠点を、短時間で即座に攻撃することを想定したものといわれている。

 オバマ政権は、現在、国際問題に対する関与を弱め、米軍の展開を縮小する方向で安全保障政策を再構築している。このため、紛争地域に直接軍隊を投入するのではなく、遠隔地から目標を迅速に攻撃できる兵器の開発が強く求められている。無人機の開発もその一環と考えることができる。

 今回のような超音速兵器がもし実用化されれば、中東地域はもちろんのこと、アジア太平洋地域においても、米軍が前線に大規模に展開する必要性はさらに薄れてくる。10年後の米軍の姿は大きく変貌しているかもしれない。

 ちなみに、今回実験に失敗したAHWは、2011年11月に初の発射実験に成功し、現在まで開発が続けられてきたもの。実験では、ロケットから発射された直後に機首が急速に下がり、安全確保のため4秒後に自爆措置が取られたという。

 - 政治, IT・科学 ,

  関連記事

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

putin201603
ロシアが北方領土で韓国企業と共同事業。ロシア側に領土問題解決の意思はあるのか?

 北方領土の色丹島で、ロシア企業が外国企業と共同で建設事業をスタートさせたことが …

rouhani201402
イランで革命35周年式典が開催。状況は様変わりし、反米スローガンは一掃

 イラン革命35周年を記念する式典が2014年2月11日、イランの首都テヘランで …

roujin02
生活保護世帯が過去最多を更新。制度のもっとも大きな問題点は何か?

 厚生労働省は2013年12月11日、9月に生活保護を受けた世帯が159万911 …

asesan48th
閉幕したASEAN外相会議。ようやく共同宣言がまとまったが中国批判は抑制的

 中国の南シナ海進出問題で注目を集めていた東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会 …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

ieren03
イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公 …