ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、失敗したと発表した。AHWを搭載したロケットの発射直後に異常が発生したという。
 今回の実験は失敗したが、米国は新しい概念の兵器開発を着々と進めていることがより鮮明になってきた。近い将来、戦争の概念は大きく変化している可能性がある。

choonsokuheiki

 AHWは、通常型弾頭(核兵器ではない弾頭)を搭載した飛行体を、空気抵抗の少ない高高度まで打ち上げ、マッハ5以上という極超音速で飛行させ、衛星誘導で標的を攻撃する仕組み。
 米国は、世界中のあらゆる場所を1時間以内に攻撃できる新世代の通常兵器「通常型即応グローバルストライク」の整備を進めているが、AHWもそのひとつといわれている。

 即応グローバルストライクは、北朝鮮のような敵対的国家の軍事拠点、あるいは反米的なテロリストの拠点を、短時間で即座に攻撃することを想定したものといわれている。

 オバマ政権は、現在、国際問題に対する関与を弱め、米軍の展開を縮小する方向で安全保障政策を再構築している。このため、紛争地域に直接軍隊を投入するのではなく、遠隔地から目標を迅速に攻撃できる兵器の開発が強く求められている。無人機の開発もその一環と考えることができる。

 今回のような超音速兵器がもし実用化されれば、中東地域はもちろんのこと、アジア太平洋地域においても、米軍が前線に大規模に展開する必要性はさらに薄れてくる。10年後の米軍の姿は大きく変貌しているかもしれない。

 ちなみに、今回実験に失敗したAHWは、2011年11月に初の発射実験に成功し、現在まで開発が続けられてきたもの。実験では、ロケットから発射された直後に機首が急速に下がり、安全確保のため4秒後に自爆措置が取られたという。

 - 政治, IT・科学 ,

  関連記事

caperay
シリア化学兵器の最終処理は何と洋上。川崎重工製の輸送船がプラントに早変わり

 シリアの化学兵器引き渡しに関する最終期限が迫っている。国際機関はシリアからすみ …

shukinpei06
国連人権理事会が中国の人権弾圧を指摘。だが中国への実質的影響はほとんどゼロ

 国連人権理事会は10月22日、作業部会を開催し、中国に対してチベット自治区など …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

hasimoto2
橋下氏が石原氏とたちあがれの分断工作を開始。石原氏最大の弱点が露呈!

 次期衆院選を控えた「第三極」勢力の結集をめぐって、橋下徹大阪市長による「たちあ …

benedict16
存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎

 バチカン(ローマ法王庁)は11日、ローマ法王ベネディクト16世が高齢を理由に退 …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

ibmapple
アップルとIBMの提携で業務用システムのスマホ対応が一気に進む?

 米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けの携帯端末分野で提携すると …

abeputin
安倍首相とプーチン大統領の会談は大成功。影の立役者は森元首相

 安倍首相は4月29日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談した。焦点の北方領土問 …