ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実質賃金の低下がある。賃上げなどプラス要因もあるが、消費増税や物価上昇、さらには非正規社員の増加がこれを打ち消している。

super02

 日本電機工業会が発表した7月の白物家電の国内出荷額は前年同月比15.9%減となった。マイナスになるのは3カ月連続で、落ち込み幅が15%を超えるのは約3年ぶり。

 このほか個人消費に関する指標は軒並み大幅下落が続いている。日本チェーンストア協会が発表した7月の全国スーパー売上高は、前年同月比2.1%減と4カ月連続のマイナス。日本百貨店協会が発表した7月の全国百貨店売上高も前年同月比2.5%減で、こちらも4カ月連続のマイナスだった。

 個人消費が大幅に落ち込んでいるのは、消費増税の駆け込み需要に対する反動であることは間違いない。だが、この落ち込みを単なる反動としてとらえると本質を見誤る可能性がある。

 日本では過去2回、消費税の増税を経験しているが、今回ほどの駆け込み需要と反動減は見られなかった。住宅など高額支出を除けば、日用品を駆け込みで買い込むメリットはあまりない。
 それにも関わらず、かなりの駆け込み需要が発生しているということは、家計が弱体化しており、消費者の不安心理が増大している可能性がある。

 安倍政権は企業に対して賃上げを求め、大企業を中心に一部の企業はこれに応じたが、物価の影響を考慮した実質賃金は下がる一方である。
 これは正社員が減少し、非正規社員が増加するという構造的要因も大きく影響している。企業の賃金原資は限られているので、正社員の既得権益を守ろうとすれば、非正規社員を増やす以外に方法はない。非正規社員の給与は正社員より著しく低いので、この動きが続く限り、全体の賃金は増加しない。

 当面は、景気刺激策など対症療法が必要だろうが、根本的には硬直化した労働市場を改革するといった構造的要因の見直しが必要だろう。
 労働市場を流動化すれば、当初は、混乱が生じるかもしれないが、最終的には労働力の最適配分が進み、生産性の向上と賃金の上昇に結びつくはずだ。

 - 経済 , ,

  関連記事

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

recruit02
新卒採用で成績を重視する企業が増加。採用基準が迷走する理由とは?

 企業の新卒採用における選考基準が再び迷走を始めている。人物本位に傾いてた採用基 …

gmbuilding
中国投資家がNYのGMビル取得。ロックフェラーセンターで大失敗した三菱とは大違い?

 中国の不動産開発大手、SOHO中国の経営者親族が、ニューヨーク・マンハッタンに …

fortnox (1)
ドイツでNY連銀に保管されている金塊について疑念の声が高まる。金は存在しない?

 ドイツの中央銀行であるドイツ連邦銀行が保有する金塊について、本当にその量が存在 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …