ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係の規定に関する改正案をまとめた。民法の本格的な改正は1896年の法律制定以来、初めてとなる。来年の通常国会への提出を目指す。

chintaiapart

 民法の改正案の中には、個人保証、未払い金の時効、約款、法定利率など様々な項目が含まれているが、一般消費者にとって影響が大きいのは、賃貸住宅に関する項目である。
 改正案では、これまではっきりしていなかった敷金に関する定義が明文化される見通しで、賃貸住宅の敷金返還に関するトラブルの減少が期待される。

  現在の民法では、敷金に関する項目はあるものの、その範囲や返済義務要件などについては記載がなかった。また退去時の、原状回復義務についても、通常使用による損耗は対象にならないという明文化された規定は存在していなかった。

 すでに判例などでこれらの問題は法律上クリアされているが、賃貸ビジネスの現場では、条文にないという理由で、敷金が返還されない、あるいは過剰な修繕代を請求されたというケースが後を絶たなかった。
 改正案では、敷金の定義や返還義務を明確化するとともに、原状回復義務については「通常の使用による損耗や経年変化は含まない」と定義されることになった。家を壊したり、過剰に内部を汚したというようなケースを除いては、退去時に高額の修繕代を求められるケースは少なくなりそうだ。

 だが、こうした貸し主のスタンスが半ば許容されてきた背景には、借り主の権利が過剰に保護された法制度の存在も大きく影響している。一旦、住宅を貸し出してしまうと、家賃の滞納などがあってもなかなか強制退去を実施できないといった問題があり、一部の貸し主はそのリスクを穴埋めするため、借り主に対して過剰な請求を行っていたわけである。

 こうした古い法体系は改正が進められ、定期借家契約など新しい概念も導入された。たが、日本では不動産賃貸業が、成熟した産業になっておらず、貸し主の中にはいまだに「貸してやっている」という意識を持つ人も少なくない。これほど住宅が余っているにも関わらず、今でも高齢者という理由だけで、経済状況に関わらず家を借りられないというケースは多い。

 戦争という特殊事情を背景にした非合理的な法体系が長期間存続し、借り主が過剰に保護される一方、貸し主もムラ社会的、前近代的意識から脱皮できなかったわけである。

 今回の法改正によって一部の貸し主は大きな影響を受ける可能性がある。しかし、法改正が貸し主の意識改革を促し、不動産賃貸業がしっかりとしたサービス産業に脱皮できるのであれば、日本全体としてみた場合のメリットは非常に大きいだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

toshibaenki
東芝が決算発表を再延期。原子力子会社非連結化を打ち出すもスキームは不明

 米国の原子力事業で巨額の損失を抱える東芝は2017年3月14日、2016年4~ …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

yamasita
CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱 …

robotokontest
米ロボット・コンテストは日本勢振るわず。背後に垣間見えるグーグルの影

 米国防総省の国防高等研究局(DARPA)が主催するロボット・コンテストの決勝戦 …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

doruen
欧米の国債利回りが急低下。実は日銀による外債購入まで織り込まれている?

 日銀の量的緩和拡大が欧米の債権市場に大きな影響を与えている。政策決定会合が行わ …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

apple
注目のアップル四半期決算。減益となった最大の理由は利益率低下と研究開発費の増加

 米アップルは4月23日、注目の第2四半期決算(2013年1月~3月期)を発表し …