ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係の規定に関する改正案をまとめた。民法の本格的な改正は1896年の法律制定以来、初めてとなる。来年の通常国会への提出を目指す。

chintaiapart

 民法の改正案の中には、個人保証、未払い金の時効、約款、法定利率など様々な項目が含まれているが、一般消費者にとって影響が大きいのは、賃貸住宅に関する項目である。
 改正案では、これまではっきりしていなかった敷金に関する定義が明文化される見通しで、賃貸住宅の敷金返還に関するトラブルの減少が期待される。

  現在の民法では、敷金に関する項目はあるものの、その範囲や返済義務要件などについては記載がなかった。また退去時の、原状回復義務についても、通常使用による損耗は対象にならないという明文化された規定は存在していなかった。

 すでに判例などでこれらの問題は法律上クリアされているが、賃貸ビジネスの現場では、条文にないという理由で、敷金が返還されない、あるいは過剰な修繕代を請求されたというケースが後を絶たなかった。
 改正案では、敷金の定義や返還義務を明確化するとともに、原状回復義務については「通常の使用による損耗や経年変化は含まない」と定義されることになった。家を壊したり、過剰に内部を汚したというようなケースを除いては、退去時に高額の修繕代を求められるケースは少なくなりそうだ。

 だが、こうした貸し主のスタンスが半ば許容されてきた背景には、借り主の権利が過剰に保護された法制度の存在も大きく影響している。一旦、住宅を貸し出してしまうと、家賃の滞納などがあってもなかなか強制退去を実施できないといった問題があり、一部の貸し主はそのリスクを穴埋めするため、借り主に対して過剰な請求を行っていたわけである。

 こうした古い法体系は改正が進められ、定期借家契約など新しい概念も導入された。たが、日本では不動産賃貸業が、成熟した産業になっておらず、貸し主の中にはいまだに「貸してやっている」という意識を持つ人も少なくない。これほど住宅が余っているにも関わらず、今でも高齢者という理由だけで、経済状況に関わらず家を借りられないというケースは多い。

 戦争という特殊事情を背景にした非合理的な法体系が長期間存続し、借り主が過剰に保護される一方、貸し主もムラ社会的、前近代的意識から脱皮できなかったわけである。

 今回の法改正によって一部の貸し主は大きな影響を受ける可能性がある。しかし、法改正が貸し主の意識改革を促し、不動産賃貸業がしっかりとしたサービス産業に脱皮できるのであれば、日本全体としてみた場合のメリットは非常に大きいだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

beikokuoil
原油価格の暴落で反米産油国が大打撃。地政学上のバランスは激変か?

 原油価格の下落が止まらない。背景には米国のシェールガス革命という供給要因があり …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

gun02
銃乱射犯の父親が勤務する会社が、銃砲店に対して融資を一方的に打ち切り

 米国コネティカット州で発生した銃乱射事件が思わぬ波紋を引き起こしている。米ゼネ …

sonyenergy
もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日 …

gun
米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止 …

gaikokujin
訪日外国人1000万人時代が到来。だが日本は本当に観光立国を目指しているのか?

 政府観光局は2014年1月17日、2013年の訪日外国人数が1036万人だった …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …

sengyoshufu
日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直し …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …