ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

子供の貧困対策大綱が閣議決定。教育の機会均等は最優先課題という認識が必要

 

 政府は2014年8月29日、「子供の貧困対策大綱」を閣議決定した。近年、日本では子供の貧困が大きな社会問題となりつつある。貧困の連鎖を断ち切るという観点から多数の施策が盛り込まれているが、親の学び直しなど、親に依存する内容も散見される。

kodomokyouiku

 日本は先進国の中でも米国並みに貧困率が高いことで知られているが、それに伴って子供の貧困もかなり深刻な状況である。
 厚生労働省がまとめた2013年国民生活基礎調査によると、2012年における子供の貧困率は16.3%で過去最高となった。1985年には10%程度だったので、1.5倍に拡大していることになる。

 子供の貧困率が上昇してきた最大の原因は、シングルマザーの増加と考えられる。日本では女性の就労機会は限定されており、女性は正社員として働きにくい環境にある。
 正社員と非正規社員には圧倒的な給与格差があり、一般に非正規社員の収入だけで十分に生活を成り立たせることは難しい。離婚を期に就労した女性は非正規社員であることが多く、その結果、十分な収入が確保できない状態になっていると考えられる。

 具体的な対策としては、ひとり親家庭に対する支援、学校教育の学力保証の強化、奨学金制度の拡充など多くの項目が検討課題として浮上している。ただここで注意しなければならないのは、子供の教育に対する基本的な考え方である。

 施策には、保護者に対する学び直しなど、子供の教育について基本的に親の責任とする方向性も垣間見える。もちろん子供にどのような教育を施すのかについては、最終的に親が決めることではあるが、子供には親を選べないという根本的な問題がある。

 先進国において、十分な教育を受ける権利は、基本的人権のひとつであり、教育の機会均等はもっとも重視されるべきものである。
 親の生活を立て直すことで、子供の教育機会を保証するという考え方は、長期的に見れば非常に重要なことだが、子供の成長は速く、機会に恵まれない子供にとって、時間的猶予はほとんどない。こういったケースでは直接的支援がより重要となってくるはずだ。

 日本はすでに成熟国家になっており、付加価値の高い仕事を生み出していかないと、現在の経済水準を維持することはできない。教育の機会均等は最優先課題の一つであると捉えるべきである。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

abe001
エコノミスト誌が安倍首相は多重人格と指摘。それは日本人全体のことを指している

 英国の経済誌エコノミストが、安倍首相が多重人格であるという記事を掲載し、ちょっ …

shukinpei
中国に異変?新聞検閲問題が北京にも波及し、香港では行政長官弾劾の動き

 中国共産党による独裁体制を批判する動きが、国内でじわじわと広がってきている。新 …

no image
株式投資を促す私的年金制度を検討へ。だが現在の日本で「貯蓄から投資」はムリ

 1600兆円にのぼる個人金融資産の活用について議論する、財務省・金融庁の金融・ …

no image
党大会開催で厳戒態勢の北京でも反政府活動が発生。共産党支配の限界が露呈している

 中国では8日から共産党大会が開催されており、首都北京では厳戒態勢が敷かれている …

minogamofuji
美濃加茂市長の無罪判決に検察側が控訴。弁護側は憲法違反と批判

 名古屋地方検察庁は2015年3月18日、岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長を無罪と …

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

no image
(速報)オバマ大統領再選確実

 開票が始まっていた米大統領選挙において、オバマ大統領の再選がほぼ確実となった。 …