ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TV通販の日本直販。TV局にしがみつき粉飾にまで手を染めたがとうとう行き倒れ

 

 最大3メートル伸びる「高枝切りばさみ」などのアイデア商品で知られる「日本直販」を運営する総通が9日、民事再生法の適用を申請した。負債増額は175億円。

 同社はテレビショッピングの草分け的存在。1972年から通販事業に参入している老舗だ。だが最近ではジャパネットたかたをはじめとする新興のテレビ通販会社が台頭、さらにはネット通販の爆発的な伸びで競争が激化していた。
 同社は老舗であるが故に顧客層の大半が高齢者。幅広い年齢層にアピールする他のテレビ通販事業者やネット通販事業者に差を付けられてしまった格好だ。

 さらに同社には粉飾決算の疑惑も指摘されている。ダイヤモンド社が報じたところによると、粉飾は20年以上も前から行われおり、粉飾に手を染めた理由はテレビCMの審査をクリアするためであったという。

 よく知られているように、地上波テレビは完全な規制産業。かつては政府規制のメリットをフル活用し法外な利益を上げていた。広告主に対しても非常に強気で、一定の財務基盤がないとCM1本放送させないという、傲慢な姿勢であった。このため、何としてもテレビCMを放送したい同社は粉飾を行い、審査をクリアさせていたと考えられる。

 だが時代は変わり、インターネットの登場と国民意識の高まりから、テレビ局のビジネスモデルは崩壊しつつある。現在では半ばブラック企業でもお金さえ払えば簡単にCMを打てる時代になった。
 このような環境変化がテレビ通販のハードルを下げ、競合他社がこぞってテレビ通販事業に参入するきっかけにもなった。古い時代のテレビ局にしがみつき、粉飾まで行った同社が、テレビ局の地位低下とともに倒産するというのはある意味で象徴的な出来事といえる。

 民事再生におけるスポンサーに名乗りを上げているのはアウトソーシング/ネット大手のトランスコスモス。同社はコールセンターのアウトソーシングで急成長し、ネット企業への積極的な投資でも知られた会社である。同社がスポンサーに正式に就任すれば、日本直販のビジネスモデルも大きく変化することが予想される。

 - 社会, 経済

  関連記事

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

goan
欧州で自動車メーカーが軒並みリストラ。欧州危機は一段落だが、実需はボロボロ

  フ ランスの自動車大手ルノーは、2016年までに仏国内の従業員の約17%にあ …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

hatake
農業の競争力強化を目指す政府系ファンドが開業。実態は衰退する農業への補償金?

 農業の競争力強化を目指す官民ファンド「農林漁業成長産業化支援機構」が1日開業し …