ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活が低下している」と答えた人の割合は20.9%となり、昨年(16.8%)よりも増加した。

businessman02

 この調査は毎年実施されているもので、生活水準の向上や満足度などについて訪ねている。
 生活が低下しているという感じる人が増える一方、「昨年と同じようなもの」と答えた者の割合は77.8%から72. 9%に減少している。
 ここ1年の比較という点では、生活が苦しくなったと感じる人が増えたということになる。

 ただし、この結果から、生活に対する満足度が急低下していると判断するのは早計である。この調査はかなり以前から継続的に実施されており、長期的には大きな変化は見られないからである。

 今から30年前の1984年時点において、生活が低下していると答えた人の割合は22.7%で現在とあまり変わっていない。同じようなものという回答も65.9%と現在とそれほどの違いがあるわけではない。向上していると答えた人が今年は6%だったのが、当時は9%と多少高かった程度の違いが見られるだけである。

 だが、長期的な傾向が大きく変化したタイミングが一度だけ存在している。それは、オイルショックによるインフレが襲った1973年から1974年にかけてである。生活が低下していると感じる人の割合が9.9%から32.5%に急上昇し、一方で、向上していると考える人は26.8%から9.9%に激減した。一方、同じようなものという人は、60.5%から54.4%に低下したが、大きな変化ではなかった。

 日本の低成長は長期的にはこの頃から始まっているのだが、低成長への移行をきっかけに、生活水準の低下を感じる人が増えたことが分かる。逆にいえば、低成長のスタート以降は、基本的な状況はあまり変わっていないともいえる。

 もしこの統計の数字が今後、大きく動くようなことがあった場合には、長期的なスパンにおける、転換点になっていることを示唆している可能性がある。
 現在の日本が転換点に差し掛かっていると感じている人は多いが、この統計にはまだ現れていない。また、それがプラスの方向なのか、マイナスの方向なのかも、現時点でははっきりしていない。その意味では、来年、再来年における本調査の結果は、要注目といえるだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

asiana
アシアナ航空機の事故原因が徐々に明らかに。速度が足りず揚力を失い地面に激突

 米サンフランシスコ国際空港への着陸に失敗し炎上した韓国アシアナ航空ボーイング7 …

girishagikai
ギリシャが事実上、旧通貨発行と同じ効果を持つ約束手形の発行に追い込まれる?

 ドイツのショイブレ財務相は、欧州メディアのインタビュー記事において、ギリシャが …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …

usakoyoutoukei201505
5月の米雇用統計は予想外に良好。景気の停滞はやはり一時的?

 米労働省が発表した5月の雇用統計は、市場予想を大幅に上回る結果となった。このと …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …