ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活が低下している」と答えた人の割合は20.9%となり、昨年(16.8%)よりも増加した。

businessman02

 この調査は毎年実施されているもので、生活水準の向上や満足度などについて訪ねている。
 生活が低下しているという感じる人が増える一方、「昨年と同じようなもの」と答えた者の割合は77.8%から72. 9%に減少している。
 ここ1年の比較という点では、生活が苦しくなったと感じる人が増えたということになる。

 ただし、この結果から、生活に対する満足度が急低下していると判断するのは早計である。この調査はかなり以前から継続的に実施されており、長期的には大きな変化は見られないからである。

 今から30年前の1984年時点において、生活が低下していると答えた人の割合は22.7%で現在とあまり変わっていない。同じようなものという回答も65.9%と現在とそれほどの違いがあるわけではない。向上していると答えた人が今年は6%だったのが、当時は9%と多少高かった程度の違いが見られるだけである。

 だが、長期的な傾向が大きく変化したタイミングが一度だけ存在している。それは、オイルショックによるインフレが襲った1973年から1974年にかけてである。生活が低下していると感じる人の割合が9.9%から32.5%に急上昇し、一方で、向上していると考える人は26.8%から9.9%に激減した。一方、同じようなものという人は、60.5%から54.4%に低下したが、大きな変化ではなかった。

 日本の低成長は長期的にはこの頃から始まっているのだが、低成長への移行をきっかけに、生活水準の低下を感じる人が増えたことが分かる。逆にいえば、低成長のスタート以降は、基本的な状況はあまり変わっていないともいえる。

 もしこの統計の数字が今後、大きく動くようなことがあった場合には、長期的なスパンにおける、転換点になっていることを示唆している可能性がある。
 現在の日本が転換点に差し掛かっていると感じている人は多いが、この統計にはまだ現れていない。また、それがプラスの方向なのか、マイナスの方向なのかも、現時点でははっきりしていない。その意味では、来年、再来年における本調査の結果は、要注目といえるだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

amazonhaisin
海外で音楽聞き放題サービスが急展開。CDが生き残る日本市場は変わるのか?

 一定金額を支払えば音楽が聴き放題になる定額ストリーミング・サービスの動きが活発 …

g20washington201604s
相次ぐ日本経済にとっての逆風。追加緩和以外に手はないが、原油増産凍結が追い打ち

 この週末、日本経済にとってマイナスとなる出来事が相次いだ。熊本地震の影響もあり …

abe20130113
安倍首相が参院選を優先しTPP交渉参加の表明を見送り。日米交渉への影響は?

 安倍首相は、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題について、2月以降 …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

tokyowan
4~6月期のGPD改定値は一転して大幅下方修正。速報値はぬか喜びだった

 内閣府は2017年9月8日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)改定値を …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

hamadak
安倍首相の経済ブレーンである浜田宏一氏が、金融政策の誤りを認めたという話の虚実

 アベノミクスの理論的支柱と言われ、内閣官房参与を務めている浜田宏一エール大学教 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

yawata
大手企業が相次いでTV通販業界を侵食。背景にはガラパゴス大企業の甘えが・・・

 これまで地方に拠点を置く企業が中心となっていたテレビ通販業界に、著名な大手企業 …

euhonbu02
欧州景気に底入れの兆し。失速寸前といわれる中国経済の助け船になるか?

 欧州連合(EU)は8月14日、ユーロ圏17カ国における2013年4~6月期のG …