ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

生活が低下したと答えた人は増加しているが、長期的には変化なし

 

 内閣府は2014年8月25日、国民生活に関する世論調査の結果を発表した。「生活が低下している」と答えた人の割合は20.9%となり、昨年(16.8%)よりも増加した。

businessman02

 この調査は毎年実施されているもので、生活水準の向上や満足度などについて訪ねている。
 生活が低下しているという感じる人が増える一方、「昨年と同じようなもの」と答えた者の割合は77.8%から72. 9%に減少している。
 ここ1年の比較という点では、生活が苦しくなったと感じる人が増えたということになる。

 ただし、この結果から、生活に対する満足度が急低下していると判断するのは早計である。この調査はかなり以前から継続的に実施されており、長期的には大きな変化は見られないからである。

 今から30年前の1984年時点において、生活が低下していると答えた人の割合は22.7%で現在とあまり変わっていない。同じようなものという回答も65.9%と現在とそれほどの違いがあるわけではない。向上していると答えた人が今年は6%だったのが、当時は9%と多少高かった程度の違いが見られるだけである。

 だが、長期的な傾向が大きく変化したタイミングが一度だけ存在している。それは、オイルショックによるインフレが襲った1973年から1974年にかけてである。生活が低下していると感じる人の割合が9.9%から32.5%に急上昇し、一方で、向上していると考える人は26.8%から9.9%に激減した。一方、同じようなものという人は、60.5%から54.4%に低下したが、大きな変化ではなかった。

 日本の低成長は長期的にはこの頃から始まっているのだが、低成長への移行をきっかけに、生活水準の低下を感じる人が増えたことが分かる。逆にいえば、低成長のスタート以降は、基本的な状況はあまり変わっていないともいえる。

 もしこの統計の数字が今後、大きく動くようなことがあった場合には、長期的なスパンにおける、転換点になっていることを示唆している可能性がある。
 現在の日本が転換点に差し掛かっていると感じている人は多いが、この統計にはまだ現れていない。また、それがプラスの方向なのか、マイナスの方向なのかも、現時点でははっきりしていない。その意味では、来年、再来年における本調査の結果は、要注目といえるだろう。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

shanhai
購買力平価を基準にしたGDPでは、2014年に中国が世界1位に

 世界銀行が発表した2011年における購買力平価をベースにすると、中国のGDP( …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

nichia
従業員の発明による特許も基本的には企業帰属へ。職務発明制度の見直しがスタート

 政府は、企業の従業員が仕事で発明した「職務発明」の特許について、その権利を従業 …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …