ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重要閣僚として入閣することで最終決着した。安倍政権は挙党態勢を維持することになる一方、石破氏が政権を獲得する可能性はかなり低くなった。

ishiba03

 安倍首相と石破氏は2014年8月29日、首相官邸で会談し内閣改造と党役員人事について協議した。
 安倍氏は石破氏に、安全保障法制担当相以外の入閣を求め、石破氏は受諾した可能性が高い。会談後、記者団に対して石破氏は「トップの決定に従うのは当然のことだ」と述べ、入閣を受諾する考えを示した。

 今回の内閣改造における最大の焦点は幹事長である石破氏の処遇であった。今のところ安倍政権は、支持率の低下が見られるものの、順調な政権運営を続けている。そんな安倍政権にとって、最大の懸念材料は、幹事長として特に地方からの支持を集める石破氏の存在ということになる。

 長期政権を実現したい安倍政権としては、石破氏の動きを事前に封じ込めておく必要がある。安倍氏は、党内きっての安全保障政策通である石破氏に安保担当相を間接的に打診し、閣内に取り込む意向を示していた。
 だが、石破氏としては、ここで幹事長という要職を離れると、次の政局のカギを握ることが難しくなる。石破氏はしばらく幹事長続投にこだわったが、安倍政権側に押し切られた恰好だ。

 もし、この状況で解散総選挙となり、自民党が勝利すれば、その功績は安倍首相と、これから任命される新しい幹事長のものとなる。次期総裁選で、反安倍政権の党内勢力をうまくとりまとめて総理の座を狙うという石破氏の基本戦略は崩れてしまうことになる。

 もし安倍政権が長期政権化ということになれば、石破氏の次期首相としての地位すら危ういことになる。一部には、安倍氏が将来的に次期首相として石破氏を支援すると確約したという報道もある。だが、永田町では空手形は日常茶飯事だ。その意味で、今回、のろしを上げたものの、結果的に官邸と妥協してしまった石破氏は、政局を見誤ってしまった可能性がある。

 もっとも、石破氏の今後の可能性がゼロになったわけではない。消費税の10%増税や景気の失速など、安倍政権の支持率が今後、低下する可能性も残されている。石破氏としては、新しいチャンスがめぐってくるまでじっと耐える局面ということになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

kerryohki
ケリー国務長官のアジア歴訪。カギとなったのはやはり中国との会談

 米国のケリー国務長官は4月12日から15日の日程で韓国、中国、日本を相次いで訪 …

fbikomi
トランプ大統領がFBI長官を電撃解任。第2のウォーターゲート事件との声も

 トランプ米大統領は米連邦捜査局(FBI)のコミー長官を電撃的に解任した。トラン …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

mof
2014年度概算要求がまとまる。景気対策費3.5兆円と国債費急増で財政再建が遠のく

 財務省は9月4日、2014年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は昨年度を6 …

nouchi
コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改 …

hasimoto2
橋下市長による朝日新聞との全面対決が意味するもの

 橋下徹大阪市長は17日、実父の出自などを報じた週刊朝日の記事について「きちんと …

kanntei
日本版NSC設置へ。だが動かない組織の上にいくら新しい組織を作っても結果は同じ

 政府は、外交・安全保障政策の司令塔となる「国家安全保障会議」、いわゆる日本版N …