ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月29日、2014年4~6月期の運用状況を発表した。国内債券の比率が低下し、国内株比率が上昇した。
 GPIFは株式の保有比率を引き上げる方向で運用改革を進めているが、すでに株の買い入れが進んでいる実態が明らかとなった。

gpifhiritsu201406

 6月末時点における国内株の保有残高は21兆9709億円で、3月末と比較して1兆1243億円増加した。国内株の保有比率は16.47%から17.26%に拡大している。
 一方、国債を中心とする国内債券の保有残高は67兆9102億円で、3月末との比較で2兆2494億円減少した。国内債券の保有比率は53.36%となっている。国内株と同様、外国株も増えており、残高は20兆円を突破している。

 GPIFは運用方針の見直しを進めており、最終的には国内株比率を20%台に引き上げる方針とみられる。市場では、すでにGPIFが株式の買い増しを進めているとの見方を強めていたが、今回の発表でそれが裏付けられた。
 東証の売買状況を見ると、信託銀行経由の売買は4月は売り越しだったが、5月は6800億円、6月は2600億円の買い越しとなっている。合計すると1兆円弱の買い越しだが、この数字はGPIFの残高増加分と近い。
 残高増加分には、株価上昇で保有分の時価総額が上昇した分も含まれているが、4月から6月はあまり株価が上昇していないことを考えると、信託銀行経由の買いの多くがGPIFだった可能性は高い。

 もしGPIFが20%台まで株式保有比率を引き上げることになると、さらに数兆円の資金が株式市場に新規に流れ込んでくることになる。株価の下支え材料になることは間違いないだろう。

 だが逆にいうと、こうした官による買い支えによって株価が何とか維持されていると解釈することもできる。日経平均は8月8日に急落し、市場では一瞬、緊張が走ったが、その後、株価は9連騰となり、1万5500円台を回復した。
 だがこの急回復も、日銀によるETFの集中買い入れによるものといわれている。日銀は株価が急落し始めた8月6日から、ETF(上場投資信託)の買い入れを開始。18日に終了するまで、毎日ほぼ100億円のペースで株を買い続けていたからである。

 GPIFは本来、もう少し時間をかけて運用方針の見直しを進めるはずであったが、株価を維持したい政権側の思惑もあり、前倒しで見直しが行われている。

 GPIFの株式シフトや、量的緩和策に伴う日銀のETF買い入れは意味のがあることだが、目先の株価維持対策になってしまっては本末転倒である。今のところはまだ大丈夫だが、これ以上、公的機関による買い入れの前倒しが続くと、利益の先食いという懸念が出てくる可能性もある。

 - 政治, 経済

  関連記事

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

kokusai
国債下落が金融機関に与える影響は低下傾向。だが安心できない最近の動き

 日銀は10月の金融システムレポートにおいて、2013年6月時点における金融機関 …

yamamotoitiro
著名ブロガーが海外ヘッジファンド積立サービスの会社に公開質問状

 著名ブロガーの山本一郎氏は3月7日、海外ヘッジファンドに対する積立サービス「い …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

doruen201409
動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始 …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …