ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4~6月期の法人企業統計。設備投資は冴えず、従業員数も減少

 

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・保険除く)の設備投資は前年同期比3.0%増の8兆5617億円となり、プラス幅は7.4%だった1~3月期よりも縮小した。また売上高も前年同期比1.1%増と低い伸びにとどまった。

building2014

 法人企業統計は、国内総生産(GDP)を算出する際の基礎データとして利用される。
 改定値算出に用いられるソフトウエアを除く全産業の設備投資(季節調整済)は前期比1.8%減となっており、3四半期ぶりにマイナスを記録した。4月以降、設備投資が伸び悩んでいる状況がうかがえる。

 売上高は、全体では前年同期比で1.1%増、資本金10億円以上の大企業では1.2%増となっているが、資本金2000万円以下の中小企業では9.5%も売上高が減少している。約1割の売上高減少というのは、経営的には相当インパクトの大きい数字である。
 一方、利益は大企業、中小企業とも増加している。売上高が減少している中小企業で利益が増加したのは、従業員数を大幅に減らし、人件費を抑制したからである。中小企業では8%近く従業員数が減少している。

 今年の春闘では、政府が企業に対して異例の賃上げ要請を行ったこともあり、一定の成果が見られた。本来であれば、賃上げが消費増税の反動減を打ち消すはずだったが、消費の落ち込みが予想以上に大きい状態が続いている。
 確かに会社に残った人に対しては、賃上げが実施されたが、それ以上に仕事を失った人が多く、家計全体の購買力は低下している可能性が高い。

 政府では企業の内部留保が設備投資などに振り向けられ、最終的には個人の所得増加につながることを期待してきた。だが今のところは、設備投資は低調で、企業の内部留保が維持される状況が続いている。このため企業が持つお金は個人に回らず、個人消費の低迷が続いている。

 この状況がすぐに改善する可能性は低く、今年度の後半から来年度の前半にかけては、かなり厳しい経済運営が続くことになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

jutakurone
メガバンク各行が一斉に住宅ローン金利を引き上げ。金融市場に何をもたらすか?

 メガバンク各行が4月に入って住宅ローン金利を一斉に引き上げた。トランプ経済の影 …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

tokyoelec
東京エレクトロンと米アプライドの「対等」な合併という真の意味は?

 半導体製造装置国内トップの東京エレクトロンと、世界シェアトップの米アプライドマ …

nanba
DeNA創業者の南場智子氏が現場復帰。社長復帰説がくすぶっているが

 夫の看病を理由にDeNAの社長を退任し、近頃、フルタイムの場復帰を宣言した南場 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

izumigaden
エイベックスによるJASRAC離脱。独占が崩れるきっかけになるか?

 長年にわたって日本の音楽著作権管理を行ってきた日本音楽著作権協会(JASRAC …

kusuri
薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …