ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

香港の選挙制度改革に対して中国が事実上のゼロ回答。民主派は猛反発

 

 3年後に行われる香港の行政長官選挙をめぐって、香港で緊張感が高まっている。中国の国会にあたる全人代(全国人民代表大会)常務委員会は2014年8月31日、選挙制度の改革案を全会一致で決定した。しかし、決定内容が事実上、民主派の立候補を制限する内容だったことから、民主派が猛反発。大規模な抗議集会を準備する状況となっている。

hongkongdemo

 香港は2017年に香港特区政府のトップである行政長官を選ぶ選挙が行われる。
 これまでの選挙は間接選挙となっており、事前に中国側の承認を得た候補者を、「選挙委員会」の投票で選出するというものであった。選挙委員会のほとんどは親中派が占めるため、民主派は事実上、行政長官選挙に立候補できない状況が続いていた。

 香港の民主化運動の高まりを受けて、中国政府は選挙改革を約束し、今回の全人代での議論となった。だが決議された内容は、香港市民による直接選挙を認めるものの、立候補にあたっては、業界団体の代表ら1200人で作る「指名委員会」による過半数の指名が必要という、事実上のゼロ回答であった。

 指名委員会は名称が変わっているだけで、従来の選挙委員会と同じような組織であり、立候補者数も2人もしくは3人に制限されている。民主派は中国政府は対話の道を閉ざしたとして強く非難している。
 民主派は香港の中心街であるセントラルにおいて大規模な抗議集会の開催を準備しており、中心街のオフィスビルなどでは、立ち入りを一部制限するなど、抗議集会に備えた動きが見られる。

 民主派の要求はまっとうなものだが、圧倒的な強さを持つ中国を前に、大多数の香港市民は現実的なスタンスといわれる。
 香港最大の財閥である長江グループ会長の李嘉誠氏は、記者からの質問に「いろいろな考えがあると思うが、香港は前進していかなければならない」と述べ、冷静な対応が必要との見解を示した。おそらくこれが香港のビジネスマンの標準的な考え方と思われる。

 ただ、この価値観も、中国の一部ではあっても、高度な自治が保証されているという前提条件があって初めて成立する。中国による過度な干渉が行われれば、香港の民衆化運動に一気に火が付く可能性もある。

  米国で行われた「ウォール街を占拠せよ」の運動にあやかって名付けられた「セントラル(香港の中心街)を占拠せよ」の運動がどれほどの規模で実施されるのか、また一連の抗議活動に対して中国政府がどのような対応を取るのかに注目が集まっている。

 - 政治 , ,

  関連記事

Thatcher
構造改革路線の生みの親、英国のサッチャー元首相が死去

 英国の元首相で「鉄の女」ともいわれたマーガレット・サッチャー氏が4月8日、脳卒 …

romuni
ロムニー候補の支持率が急上昇した背景に、イスラエルロビーの猛プッシュあり

 米大統領選の共和党候補、ロムニー前マサチューセッツ州知事の支持率がTV討論会を …

saka
日本郵政の斉藤社長が退任。後任は竹中氏の天敵。郵政民営化見直しはこれで完成形?

 日本郵政は19日午前、臨時取締役会を開き、斎藤次郎社長の退任を決定した。後任に …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

josei02
女性登用目標値設定など、労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進行中

 日本の労働慣行に対する「上からの改革」が急ピッチで進められるようとしている。政 …

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

rojinkaigo
認知症JR事故、家族には賠償責任はないとの最高裁判決。ようやく当たり前の社会に

 認知症の高齢者が列車にはねられ、鉄道会社に損害を与えた場合における家族の賠償責 …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

pentagon02
米国防総省が発表した中国軍に関する年次報告書。中国側が激しく反発する理由とは?

 米国防総省は5月6日、中国の軍事力に関する年次報告書を発表した。この中で国防総 …

kenkouhoken
自治体の国保窓口業務の民間委託がスタート。本当にコストは削減できるのか?

 東京都の足立区は、全国で初めて2015年から国民健康保険の管理・運営業務につい …