ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始め、8月25日には104円を、続いて9月2日には105円を突破した。目先はドル高・円安になる材料が揃っており、しばらくはこの流れが続く可能性が高い。ただ、これが本格的な円安の再スタートとなるのかは、まだ何ともいえない。

doruen201409

 もっとも大きなドル高要因は、米国の金利動向である。足元では、長期的な成長率の鈍化予想や、ウクライナ情勢、欧州経済の停滞などから、安全資産である米国債が買われ、金利が低下している。
 だが米国の景気回復は概ね順調という共通認識は変わっておらず、市場ではいつFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを行うのかに注目が集まっている。

 FRBのイエレン議長は、金利について特にスタンスを変えているわけではないが、一部のメンバーが早期利上げを主張するなど、徐々に利上げ前倒しの雰囲気が高まっている。市場ではこうした状況の変化を受けて、ドルを買い上がる動きが活発化している。

 日本国内にも要因がある。日本はすでに慢性的な貿易赤字であり、常に実需のドル買い要因が存在している。だが円高への揺り戻しがあると予想した一部の投資家が円を買っており、円安の動きを打ち消していた。だがここまで円安が進んでくると、円高を予想した投資家は一旦ポジションを解消する可能性が高く、ドル高が加速する可能性がある。

 株式市場では、公的年金の株式シフト前倒しが注目されているが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が発表した最新の運方報告では、予想以上に外国株を購入していることも明らかとなった。3日の内閣改造では、GPIF改革に積極的な塩崎恭久氏が厚労相に就任したことから、株式シフトがさらに進むと見る投資家は多い。公的年金をめぐるこうした一連の動きも円安を加速させている。

 短期的には円安・ドル高の材料が揃っており、しばらくはこの流れが続く可能性が高い。ただ長期的に見た場合、最終的な流れを決めるのは、米国の金利動向である。米国の利上げが期待先行だった場合には、再度ポジションの巻き戻しがあり、円高に振れるリスクも残っている。

 マクロ的なもう一段の円安スタートとなるのかを見極めるまでには、もう少し時間がかかりそうである。

 - 経済 , ,

  関連記事

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

soros
ソロス氏がまたまた大儲け。ウォール街の鬼門といわれた円安で大勝利

 米国の著名投資家であるジョージ・ソロス氏が、昨年11月からの円安で巨額の利益を …

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …