ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始め、8月25日には104円を、続いて9月2日には105円を突破した。目先はドル高・円安になる材料が揃っており、しばらくはこの流れが続く可能性が高い。ただ、これが本格的な円安の再スタートとなるのかは、まだ何ともいえない。

doruen201409

 もっとも大きなドル高要因は、米国の金利動向である。足元では、長期的な成長率の鈍化予想や、ウクライナ情勢、欧州経済の停滞などから、安全資産である米国債が買われ、金利が低下している。
 だが米国の景気回復は概ね順調という共通認識は変わっておらず、市場ではいつFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを行うのかに注目が集まっている。

 FRBのイエレン議長は、金利について特にスタンスを変えているわけではないが、一部のメンバーが早期利上げを主張するなど、徐々に利上げ前倒しの雰囲気が高まっている。市場ではこうした状況の変化を受けて、ドルを買い上がる動きが活発化している。

 日本国内にも要因がある。日本はすでに慢性的な貿易赤字であり、常に実需のドル買い要因が存在している。だが円高への揺り戻しがあると予想した一部の投資家が円を買っており、円安の動きを打ち消していた。だがここまで円安が進んでくると、円高を予想した投資家は一旦ポジションを解消する可能性が高く、ドル高が加速する可能性がある。

 株式市場では、公的年金の株式シフト前倒しが注目されているが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が発表した最新の運方報告では、予想以上に外国株を購入していることも明らかとなった。3日の内閣改造では、GPIF改革に積極的な塩崎恭久氏が厚労相に就任したことから、株式シフトがさらに進むと見る投資家は多い。公的年金をめぐるこうした一連の動きも円安を加速させている。

 短期的には円安・ドル高の材料が揃っており、しばらくはこの流れが続く可能性が高い。ただ長期的に見た場合、最終的な流れを決めるのは、米国の金利動向である。米国の利上げが期待先行だった場合には、再度ポジションの巻き戻しがあり、円高に振れるリスクも残っている。

 マクロ的なもう一段の円安スタートとなるのかを見極めるまでには、もう少し時間がかかりそうである。

 - 経済 , ,

  関連記事

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

ieren201409
FRBが量的緩和終了をあらためて確認。利上げによる円安が加速か?

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年9月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

nihonbashi201405
三井不動産など増資案件が相次ぐ。インフレ期待の高まりか?

 三井不動産は5月27日、公募増資で最大3246億円を調達すると発表した。同社の …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

b29
太平洋戦争に投入された戦費は天文学的数字。すべては日銀の国債引受で賄われた

 太平洋戦争の終結から68年が経過した。太平洋戦争の政治的、外交的な背景や経緯は …