ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

動き始めた為替相場。短期的には円安・ドル高要因ばかりだが・・・・

 

 しばらく膠着状態が続いていた為替相場が動き始めた。8月中旬からドルは急上昇を始め、8月25日には104円を、続いて9月2日には105円を突破した。目先はドル高・円安になる材料が揃っており、しばらくはこの流れが続く可能性が高い。ただ、これが本格的な円安の再スタートとなるのかは、まだ何ともいえない。

doruen201409

 もっとも大きなドル高要因は、米国の金利動向である。足元では、長期的な成長率の鈍化予想や、ウクライナ情勢、欧州経済の停滞などから、安全資産である米国債が買われ、金利が低下している。
 だが米国の景気回復は概ね順調という共通認識は変わっておらず、市場ではいつFRB(連邦準備制度理事会)が利上げを行うのかに注目が集まっている。

 FRBのイエレン議長は、金利について特にスタンスを変えているわけではないが、一部のメンバーが早期利上げを主張するなど、徐々に利上げ前倒しの雰囲気が高まっている。市場ではこうした状況の変化を受けて、ドルを買い上がる動きが活発化している。

 日本国内にも要因がある。日本はすでに慢性的な貿易赤字であり、常に実需のドル買い要因が存在している。だが円高への揺り戻しがあると予想した一部の投資家が円を買っており、円安の動きを打ち消していた。だがここまで円安が進んでくると、円高を予想した投資家は一旦ポジションを解消する可能性が高く、ドル高が加速する可能性がある。

 株式市場では、公的年金の株式シフト前倒しが注目されているが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が発表した最新の運方報告では、予想以上に外国株を購入していることも明らかとなった。3日の内閣改造では、GPIF改革に積極的な塩崎恭久氏が厚労相に就任したことから、株式シフトがさらに進むと見る投資家は多い。公的年金をめぐるこうした一連の動きも円安を加速させている。

 短期的には円安・ドル高の材料が揃っており、しばらくはこの流れが続く可能性が高い。ただ長期的に見た場合、最終的な流れを決めるのは、米国の金利動向である。米国の利上げが期待先行だった場合には、再度ポジションの巻き戻しがあり、円高に振れるリスクも残っている。

 マクロ的なもう一段の円安スタートとなるのかを見極めるまでには、もう少し時間がかかりそうである。

 - 経済 , ,

  関連記事

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

part_s
パート労働者の時給が急上昇。コストプッシュ・インフレの前触れ?

 パートタイム労働者の賃金が大幅に上昇している。これまで低く抑えられてきた非正規 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

nomura
大リストラと収益貢献の優等生。野村と三菱の外銀買収で明暗を分けたのは?

 大手金融機関の海外展開力に大きな差が付き始めている。野村ホールティングスと三菱 …

ecbdoragi
ECBがとうとう量的緩和策を導入。効果があるのはドイツだけ?

 ECB(欧州中央銀行)は2015年(ECB)は22日、とうとう量的緩和策の導入 …

cupnoodle
円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の …