ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シティバンクに続いてヴァージン航空も日本撤退。その背景にあるもの

 

 英国のヴァージンアトランティック航空は2014年9月3日、成田-ロンドン線について2015年2月1日をもって廃止すると発表した。成田-ロンドン線は、同社が唯一自社便で運航している路線であり、今回の決定は実質的に日本からの撤退ということになる。

virginatlantic

 同社が日本から撤退する主な理由は、グローバルな事業構成の再編である。
 同社はヴァージン・グループ創業者のリチャード・ブランソン氏がオーナーとして過半数の株式を保有しているが、残りはシンガポール航空が保有していた。だが2012年にデルタ航空がシンガポール航空から株式を取得し、同社はデルタ航空との提携関係を強めている。

 同社は今後、大西洋路線を強化する方針を明らかにしており、ロンドン-デトロイト線を新設する。デトロイトはデルタ航空の米国内のハブ(拠点空港)のひとつであり、一連の動きはデルタとの提携強化という流れの中に位置付けられる。

 同社は、機内にバーカウンターを設置するなど、著名起業家であるブランソン氏の奇抜なアイデアで革新的なサービスを提供してきた会社である。同社には固定ファンも多いといわれており、成田-ロンドン線も、それなりの収益力はあったといわれている。

 それでも日本撤退を決断した背景には、日本の相対的な地位の低下によって、グローバルな水準における標準的収益を上げられないという、マクロ的事情があると考えられる。8月には、100年以上の歴史を持つシティバンクが、日本からの撤退を発表したばかりだが、同じような理由と考えられる。

 日本にいるとあまり実感しないが、ここ20年の間に世界の航空輸送の市場は驚異的なペースで拡大している。航空便の旅客数は、北米が約2倍、欧州が約3倍、アジアは約4倍に増加した。
 これに対して日本の旅客数は、同じ期間で横ばいもしくは微増という状況である。相対的に見れば、日本の航空輸送の規模は3分の1の水準に低下してしまったことになる。

 最大の原因は、ここ20年まったく経済成長ができなかったというマクロ的なものだが、大手航空会社を過剰に保護し、LCC(格安航空会社)を育成しない、あるいは、空港を官の運営で独占し高コスト体質を改善できないなど、個別政策の影響も大きい。

 今後も様々な業界で、赤字にはなっていないが、日本からは撤退するという動きが続く可能性がある。こうした動きは、単体では大したことはないかもしれないが、長期的には、ボディーブローのように日本経済に悪影響を及ぼすことになる。

 - 経済 ,

  関連記事

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …

googlecar02
日本企業は新規事業に極めて消極的。革新的事業に至っては米国の5分の1

 コンサルティング会社のデロイト トーマツ コンサルティングは17日、日本企業に …

taburetokyoiku
アップルが米国の学校に5万台のiPadを無償提供する理由はプログラミング言語の普及

 アップルが利用者の裾野を広げる戦略を進めている。9月8日の新型iPhoneの発 …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

bafurakisu002
更迭されたギリシャのバルファキス外相。だが本人にとってはメリット?

 ギリシャのチプラス政権は、EUとの交渉チームの顔ぶれを一新した。新しい交渉チー …