ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業に帰属させる方向性で検討を開始した。特許庁の審議会では、具体的な制度の検討が始まっており、早ければ来年の通常国会に法案を提出する。

tokkyosingikai

 現在の特許制度では、企業の従業員が業務を通じて発明した特許について、原始的にその権利は発明者にあると規定している。企業は相当の対価を支払って、その特許を利用することができるが、相当な対価の妥当性をめぐっては、たびたび訴訟となっている。
 青色発光ダイオードを発明した元日亜化学工業社員の中村修二氏が、同社に対して20億円の支払いを求める訴訟を起こしたことは非常に話題となった(のちに中村氏と日亜社は約8.5億円で和解)。

 一連の訴訟で警戒を強めた経済界は政府への働きかけを強め、安倍政権が2013年6月にまとめた知的財産政策に関する基本方針では「発明制度について抜本的な見直しを図る」との内容が盛り込まれた。具体的には、原則として企業帰属に変更する、あるいは使用者と従業者との契約に委ねるといった内容が想定されている。

 特許庁の審議会では、経済界から、原則として企業帰属にすべきという意見が相次いでいるほか、安倍政権の意向もあり、一定の条件下で企業帰属とする方向性で議論が進んでいる。

 確かに、個人の発明であっても、企業の設備や同僚の協力なしに発明を実現するのは難しいのが現実であり、一定の報酬を支払う代わりに法人に帰属させることは、合理的な問題解決方法であると考えられる。
 ただ、発明の内容やその経緯は様々である。本来であれば、こうした帰属問題は、政府のお墨付きを利用するのではなく、企業と従業員との契約関係によって、個別に確立させるのが望ましい。政府に働きかけ、国家による担保を求めた産業界側の動きは、ある意味で当事者能力の欠如を示しているともいえる。

 技術者への対価の支払いをめぐっては、日本はグローバルスタンダードから遅れており、技術者を十分に処遇していないという論調が一部にはある。だが、その前提条件は必ずしも正しいとはいえない。

 よく引き合いに出される米国は、確かに特許の帰属については原理的に個人となるが、実質的には企業と従業員の契約に委ねられている。
 革新的な発明を行うことが確実視され、発明の対価を受け取ることができるスター技術者は確かに存在しているだろう。だが、現実には、凡庸な技術者の方が圧倒的に多く、特許の実質的権利を主張できない雇用契約を結んでいるケースがほとんどである。

 企業と技術者の貢献度合いや妥当性のある対価というものは、本来、自然な市場メカニズムで決まってくるはずである。こうした利害対立を当事者間で解決できず、根本的な法解釈が両極端にブレるという状況は、決して望ましいものではない。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

shachoshitsu
日本企業の役員報酬高額化が進む。だが肝心の業績はお寒い限り・・・

 1億円以上をもらう日本の上場企業の役員数が400人を突破したことが、東京商工リ …

f15se
韓国が次期戦闘機としてF15を不採用。理由はステルス性能不足ということなのだが・・・・

 次期戦闘機の選定を行ってきた韓国政府は9月24日、最終選考に残っていた米ボーイ …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

africa
国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現 …

sharpqalcomm
これではタダの受託開発!クアルコムとシャープが交わした驚愕の契約内容

 経営再建中のシャープは4日、米クアルコムとの提携を正式に発表した。市場ではシャ …

businessman06
ようやく発表になった米雇用統計。雇用なき景気回復の傾向がますます鮮明に

 米国の政府機関閉鎖の影響で公表が遅れていた9月の雇用統計が10月22日発表され …

tokyowan
政府が来年度の経済成長見通しを発表。公共事業の実質削減で成長も鈍化

 政府は2013年12月21日、来年度の経済成長見通しを発表した。物価の変動を考 …

toyotaeco
トヨタが戦略を大転換。2020年までに電気自動車量産開始でガラパゴス化を回避

 トヨタが2020年までに電気自動車(EV)を量産する方向で検討を開始したことが …

factory05
米中両国の製造業指数が示す、好調な個人消費と低調な製造業の綱引き

 米国と中国の製造業で冴えない指標が相次いでいる。米供給管理協会(ISM)が発表 …