ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

保育園の騒音を巡る裁判。試される価値観多様化の社会

 

 神戸市で保育園の「騒音」をめぐって裁判となっている。保育園の近くに住む70代の男性が「子供の声がうるさい」として、保育園を運営する社会福祉法人を相手取り、防音設備の設置や慰謝料100万円の支払いを求める訴えを神戸地裁に起こした。保育園側は請求棄却を求めている。

hoikuen

 今回は裁判という形で争われることになったが、実は各地で保育園の「騒音」をめぐるトラブルが多発している。騒音に対する苦情が出て、保育園の建設が頓挫するケースもあるという。

 保育園の騒音問題については、一般的に、周辺住民に対してある程度、受忍するよう求める声の方が大きい。実際、子供がある程度うるさいことは、やむを得ないことであり、周辺住民も理解が必要であることはいうまでもない。

 ただ、騒音についての個人の感じ方や保育園の置かれた状況は様々であり、子供の声くらいは受忍すべきと断定してしまうのは少々危険である。保育園に隣接した住居で、一日中、子供の騒ぐ声やピアノの音が響き、送り迎えの自動車による迷惑駐車が横行するといった状況が重なると、保育園を迷惑施設ととらえる人が出てきても不思議ではない。

 保育園はこれまで社会福祉法人に半ば独占的に経営が認可されてきたという経緯がある。待機児童が社会問題化したことから、民間への開放も進んでいるものの、まだまだ社会福祉法人による経営が主流である。

 社会福祉法人に対してはその経営が不透明であるとして、政府が是正措置の実施に乗り出している。すべての社会福祉法人がそうではないだろうが、独占的な立場や、税金の免除や官からの莫大な補助金に安住し、通常の民間企業であれば相当の神経を使う必要がある、周辺とのトラブル回避に対してあまり積極的に取り組んでこなかった可能性もある。

 少なくとも公共性の高い施設だからといって、民間が運営する一般的な店舗や施設と同レベルの周辺対策を取る必要はないという結論にはならないはずだ。

 価値観が多様化する社会では、従来の同質社会では想像もできなかったような部分で利害が対立することもある。このような社会においては「思いやり」や「譲り合い」が大事といった情緒的な主張は解決策にならない。必要なのは対話であり交渉ということになる。

 今回のケースについて、どちらの主張に合理性があると判断されるにせよ、保育園だからといって特別視することはせず、周辺とのトラブルをいかに最小限に食い止めるのかについて、もっと幅広い議論が必要だろう。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

popefrancis201411
フランシスコ法王が欧州議会で演説。EUの官僚主義的な体制を痛烈に批判

 カトリック教会のフランシスコ法王は2014年11月25日、欧州議会で演説をおこ …

osensui
トリチウム汚染をめぐる危険性の論争は、今となっては不毛な争いだ

 汚染水漏れが指摘されている福島第一原子力発電所のタンク付近の井戸水から、高濃度 …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

trump201611b
トランプ政権における安全保障面での一部人事案が明らかに。対テロ強硬派が揃う

 トランプ政権の安全保障分野の陣容が徐々に見えてきた。トランプ氏はオバマ大統領を …

abe20141110
永田町で再び解散説が急浮上。ターゲットは11月17日のGDP発表直後?

 永田町に再び衆議院の解散風が吹き始めた。安倍首相は「解散はまったく考えていない …

uchishiba
無罪を確信していた内柴被告。下半身の行動とは正反対のあきれたナイーブさ

 東京地裁は1日、酒に酔った10代の女子柔道部員に性的暴行をしたとして準強姦(ご …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

uknuclear
英国の原発事業に中国が過半数の出資。日本の原発メーカーの戦略にも影響?

 英国と中国は10月17日、英国に建設する次世代原発の運営企業に中国が過半数の出 …