ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明らかにした。ただ、企業や業界団体に献金額を割り当てる方式ではなく、強制力のない呼び掛けにとどめる。冷え切っていた安倍政権との関係を修復し、重要政策への影響力を強める狙いと考えられる。

sakakibara

 経団連の政治献金は、奥田碩元会長時代には、政党の政策内容を検証し、その評価に応じて献金を実施する方式を採用していた。その後、民主党への政権交代もあり、御手洗冨士夫元会長時代には、政治献金の廃止を決定していた。

 このような中、榊原氏が献金再開を決断したのは、経団連と政権の冷え切った関係を修復したいという思いがあるからだ。米倉前会長は、安倍政権の経済政策を厳しく批判して政権と対立。経団連は政策に対して影響力を行使することが難しくなっていた。
 安倍首相と個人的に親しい榊原氏が経団連の新会長に就任したのも、こうした関係を修復するためである。榊原氏の会長就任をきっかけに、献金再開を決断したのは自然な流れといってよいだろう。

 だが、献金再開の背景にはもっと深刻な問題があると考えた方がよい。日本の産業界はかつての競争力をすでに失っており、自ら構造改革を進める当事者能力も失いつつある。産業界は、政府の支援に頼らなければ十分な収益を確保できないほど弱体化しているのが現実である。

 こうした兆候はすでに数年前から顕著になっていた。日本を代表する産業であるはずの自動車業界でさえ、リーマンショック直後には、エコカー補助金という政府からの補助金を受け取る立場になってしまった。エコポイントをばらまいた家電業界はいまだに業績を回復できない状況が続いているし、重電各社などは、政府によるトップセールスに完全に依存した状況だ。

 政治との関係が密接な一部の業界は例外だが、本来であれば、政治に働きかけるよりも、市場メカニズムに沿ってビジネスをする方が圧倒的に利益は大きい。したがって献金に対するスタンスは企業ごとにバラバラであるのが自然な姿である。

 大手企業のほとんどを網羅する巨大な経済団体が、政権与党に集中して献金する構図が続くということは、日本がいまだに途上国型の産業構造から脱却できていない現実を象徴しているのかもしれない。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

obamasyria02
オバマ政権の目論見通り?シリアの化学兵器廃棄で攻撃回避の可能性が高まる

 シリアが保有する化学兵器を国際管理下に置くというロシア提案をシリア政府が受け入 …

sebunsuzu
物言う株主がセブンの世襲人事観測に警鐘。会社側は否定しているが・・・

 物言う株主として知られる米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントが、セブン&ア …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

berurusukoni
イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相に有罪判決。収監は回避も政治力低下は必至

 イタリア最高裁は7月1日、脱税で起訴されていたベルルスコーニ元首相の上告を棄却 …

robotfunuc
グーグルと鴻海がロボットで提携。困るのはファナックではなく日本の町工場?

 インターネット検索大手のグーグルと台湾の鴻海精密工業がロボット分野で提携を進め …

rodman02
金正恩氏とバスケ観戦をしたロッドマン元選手の前にコカコーラが置いてあったワケ

 北朝鮮の金正恩第1書記は28日、平壌市内の体育館において、北朝鮮を訪問中の全米 …

kokkaigijido02
憲法改正が参院選の争点に浮上。決断の時なのか、単なる拙速なのか?

 憲法改正論議を夏の参院選の焦点にしようという動きが活発になってきた。4月9日、 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

lewzaimuchokan
財政再建にメドを付けた米国。財政が悪化する日本。すべては金利次第という驚愕の事実

 米財務省は10月30日、2013年度の財政収支を発表した。財政赤字の規模が当初 …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …