ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質GDPの成長率は、前期比でマイナス1.8%(年率換算でマイナス7.1%)となり、1次速報と比較すると0.1ポイント(年率で0.3ポイント)の下方修正となった。消費増税の影響が大きいことがあらためて確認された恰好だ。

businessman

 今回、GDPが下方修正されたのは、9月1日に発表された法人企業統計の数字がよくなかったからである。法人企業統計では、企業の4~6月期における設備投資(季節調整済み、ソフトウェア除く)が前期比1.8%減と、3四半期ぶりにマイナスとなった。

 これによってGDPの設備投資は前期比マイナス2.5%からマイナス5.1%と、2.6ポイントの大幅減少となった。このほか、個人消費、住宅、政府支出、輸出などがそれぞれ減少し、全体的なGDPの下方修正につながった。

 安倍政権では、次の7~9月期のGDPの数値をもとに、消費税10%増税を判断するとしている。季節調整済のGDPは前期比なので、今回の反動でプラス成長に戻す可能性は高い。

 ただ、消費増税前の駆け込みで需要の先取りをしてしまった住宅投資は急回復する見込みが少なく、個人消費についても、物価高による実質賃金の低下で伸び悩みが予想されている。また国内には目立った投資先がないことから、設備投資も大きくは改善しない可能性が高い。以上のような状況から、7~9月期はプラス成長となっても、それほど大きい数字にはならないだろう。

 与党内の一部からは、近い将来行われる解散総選挙をにらんで、消費税の10%増税を見送るべきという声も出ている。だが今のところ消費増税はオンスケジュールで実施される可能性の方が高い。
 もし、この状態で消費税が10%に増税されれば、消費はさらに冷え込むことになる。来年の景気はかなり厳しいものになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

uschinadialog
米中戦略対話がワシントンでスタート。表向きはサイバーセキュリティが話題だが・・・

 第5回米中戦略経済対話が7月10日から米国の首都ワシントンで始まった。中国側か …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

wallst02
米独の金利が急上昇。とうとう超低金利時代が終了するサインなのか?

 このところ米国と欧州の金利が急上昇している。極限まで進んでいた低金利に対する一 …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

shalegasrig
シェールガス会社の破綻でバブル終了。だが本当のインパクトはこれからだ!

 米国でシェールガスなどを生産するGMXリソーシズは4月1日、米連邦破産法11条 …