ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質GDPの成長率は、前期比でマイナス1.8%(年率換算でマイナス7.1%)となり、1次速報と比較すると0.1ポイント(年率で0.3ポイント)の下方修正となった。消費増税の影響が大きいことがあらためて確認された恰好だ。

businessman

 今回、GDPが下方修正されたのは、9月1日に発表された法人企業統計の数字がよくなかったからである。法人企業統計では、企業の4~6月期における設備投資(季節調整済み、ソフトウェア除く)が前期比1.8%減と、3四半期ぶりにマイナスとなった。

 これによってGDPの設備投資は前期比マイナス2.5%からマイナス5.1%と、2.6ポイントの大幅減少となった。このほか、個人消費、住宅、政府支出、輸出などがそれぞれ減少し、全体的なGDPの下方修正につながった。

 安倍政権では、次の7~9月期のGDPの数値をもとに、消費税10%増税を判断するとしている。季節調整済のGDPは前期比なので、今回の反動でプラス成長に戻す可能性は高い。

 ただ、消費増税前の駆け込みで需要の先取りをしてしまった住宅投資は急回復する見込みが少なく、個人消費についても、物価高による実質賃金の低下で伸び悩みが予想されている。また国内には目立った投資先がないことから、設備投資も大きくは改善しない可能性が高い。以上のような状況から、7~9月期はプラス成長となっても、それほど大きい数字にはならないだろう。

 与党内の一部からは、近い将来行われる解散総選挙をにらんで、消費税の10%増税を見送るべきという声も出ている。だが今のところ消費増税はオンスケジュールで実施される可能性の方が高い。
 もし、この状態で消費税が10%に増税されれば、消費はさらに冷え込むことになる。来年の景気はかなり厳しいものになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …

abeaso
形骸化が進む成長戦略の議論。法人税減税はもはや無意味になりつつある

 成長戦略に関する議論の形骸化がさらに進みつつある。政府は2014年1月20日、 …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

okane201407
インフレが予想されるのに、タンス預金増加の兆候。背景には何が?

 日銀の量的緩和策によってインフレ期待が徐々に高まりつつあるが、一方で、デフレの …

no image
ルネサスの早期退職に希望者殺到。支払うお金がなくなっちゃった!

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスの早期退職プログラムに7511人 …

google2014
無敵のグーグルがとうとう失速開始?拡大の一途を辿ってきたクリック数が減少

 これまで破竹の勢いだったグーグルにとうとう失速の兆しが出てきた。同社は2014 …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …