ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。物価の影響を除いた実質GDPの成長率は、前期比でマイナス1.8%(年率換算でマイナス7.1%)となり、1次速報と比較すると0.1ポイント(年率で0.3ポイント)の下方修正となった。消費増税の影響が大きいことがあらためて確認された恰好だ。

businessman

 今回、GDPが下方修正されたのは、9月1日に発表された法人企業統計の数字がよくなかったからである。法人企業統計では、企業の4~6月期における設備投資(季節調整済み、ソフトウェア除く)が前期比1.8%減と、3四半期ぶりにマイナスとなった。

 これによってGDPの設備投資は前期比マイナス2.5%からマイナス5.1%と、2.6ポイントの大幅減少となった。このほか、個人消費、住宅、政府支出、輸出などがそれぞれ減少し、全体的なGDPの下方修正につながった。

 安倍政権では、次の7~9月期のGDPの数値をもとに、消費税10%増税を判断するとしている。季節調整済のGDPは前期比なので、今回の反動でプラス成長に戻す可能性は高い。

 ただ、消費増税前の駆け込みで需要の先取りをしてしまった住宅投資は急回復する見込みが少なく、個人消費についても、物価高による実質賃金の低下で伸び悩みが予想されている。また国内には目立った投資先がないことから、設備投資も大きくは改善しない可能性が高い。以上のような状況から、7~9月期はプラス成長となっても、それほど大きい数字にはならないだろう。

 与党内の一部からは、近い将来行われる解散総選挙をにらんで、消費税の10%増税を見送るべきという声も出ている。だが今のところ消費増税はオンスケジュールで実施される可能性の方が高い。
 もし、この状態で消費税が10%に増税されれば、消費はさらに冷え込むことになる。来年の景気はかなり厳しいものになるだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

amiteji
アーミテージ氏とナイ氏が必死に営業活動。だが中国ではケンモホロロの対応

 かつて米国の対日政策のキーマンであったリチャード・アーミテージ元米国務副長官と …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

imf201610
IMFの最新見通し。米国の鈍化で世界経済に低成長の懸念、カギは投資の増大

 世界経済における低成長の懸念が高まっている。IMF(国際通貨基金)は2016年 …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

komatsu
コマツの中間決算を見れば分かる、世界経済の動向と今後の課題

 世界景気、特に新興国の投資需要の減衰が顕著になってきている。先進国では米国が堅 …