ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国ベッタリ?国務長官就任が噂されるケリー上院議員の素顔

 

 米国の大統領選挙が終了し、ワシントンでは次期政権の人事に焦点が移っている。オバマ次期政権のメンバーは大きく入れ替わる可能性が高い。

 外交を統括する国務省のクリントン長官は、以前からオバマ大統領の選挙結果に関わらず辞任する意向を表明してきた。クリントン長官には2016年の大統領選挙に出馬するのではないかとの噂が絶えないが、本人はこれについても否定している。
 またリーマンショックへの対応に奔走したガイトナー財務長官も辞任する意向だ。また閣僚中最高齢のパネッタ国防長官も去就についてまだ言及がない。

 もし3人が留任しないとなると、経済金融問題、中国との外交安全保障問題という、オバマ政権における主要な政策のキーマンが揃って入れ替わることになる。人事によっては、2期目の政策が激変する可能性もある。

 とりわけ注目されているのが、クリントン国務長官の後任人事である。現在のところ、ケリー上院議員、スーザン・ライス国連大使などの名前が上がっている。
 ケリー上院議員は2004年の大統領選挙でブッシュ元大統領と争った大物。外交の専門家でもあり、オバマ大統領のTV討論会の模擬対戦相手をつとめたこともあって大統領との関係も良好だ。今のところケリー上院議員が有力との声が大きい。

 ただしこのケリー上院議員。なかなかのやり手というかひとくせもふたくせもある人物。名門エール大学を卒業後、従軍しベトナム戦争に参加するが、帰国後は突然反戦運動家に転向し名前を売った。反戦運動家であってにも関わらずイラク戦争には賛成するなど、節操がないと批判されたりもしている。

 さらに日本にとって非常に気になるのが、ケリー氏の母親が中国貿易で財をなしたフォーブス財閥の一族であること。ケリー氏本人も親中国派議員として知られている。
 クリントン長官は中国に対しては一定の距離を置く外交スタンスを堅持していたが、ケリー氏が就任した場合、中国政策がどのように振れるのか予想がつかない。しかもオバマ大統領よりもはるかにベテランの議員であり、ホワイトハウスが制御できないのではないかとの懸念もある。

 これに対してライス国連大使は地味な実務派(元国務長官のコンドリーザ・ライス氏とは血縁関係はない)。日本にとってはライス氏が就任する方がベターだろう。

 - 政治

  関連記事

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

choonsokuheiki
米軍が超音速兵器の実験に失敗。だが戦争の風景は着実に変わりつつある

 米国防総省は2014年8月25日、極超音速兵器「AHW」の飛行試験を行ったが、 …

no image
仏の経済危機突入で、欧州最後の公務員天国にもいよいよメスが

 欧州債務危機の本丸として、フランスに市場がターゲットを定めつつある。先日は英国 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

abekaken
安倍首相が自民改憲案の年内提示を表明。9条の「加憲」なら一気に進む可能性も

 安倍首相が自民党の憲法改正案を年内にまとめる意向を示した。党内調整を経ないやり …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

no image
米大統領選挙、TV討論会が先ほど始まる

 米大統領選におけるもっとも重要なイベントの一つであるテレビ討論会が先ほど(日本 …

taiwanshobancho
10年以内に台湾問題を解決するとも取れる、習近平主席による注目発言の背景とは

 中国が台湾の統一工作に積極的に乗り出している。APEC(アジア太平洋経済協力会 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …