ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス3.5%となった。プラスは2カ月連続だが、5月のマイナスが19.5%と極めて大きな落ち込みだったことを考えると、設備投資の回復は鈍い状況が続いている。

kosakukiki

 9月8日に、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値が発表されたが、数値は下方修正となり、消費増税による景気の落ち込みが激しいことを伺わせた。特に影響が大きかったのが設備投資で、前期比マイナス2.5%からマイナス5.1%と、2.6ポイントの大幅減となっている。

  7~9月期については、設備投資がどれだけ回復するのかがカギとなっており、設備投資の先行指標である7月の機械受注には大きな注目が集まっていた。
 結果は、大方の予想通り、あまり冴えない内容だった。2カ月連続でプラスは維持したものの、5月に記録した大幅なマイナスを埋める状況には至っていない。内閣府では連続して基調判断を引き下げていたが、今月は「一進一退で推移している」という先月の判断を据え置いた。

 6月の機械受注統計では、7~9月の見通しも併せて発表されており、こちらはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえないが、7月の数字はこの見通しにおおよそ沿った結果になっている。8月以降も、同じような傾向となる可能性が高まってきた。

 よく知られているように、企業の製造拠点の多くはすでに海外に移転しており、国内には目立った設備投資先がない。期待できるのは内需関連の設備投資ということなるが、こちらは個人消費の見通しに大きく左右される。

 大企業を中心とした賃上げで名目上の賃金は上昇しているが、物価上昇や消費増税分を差し引くと、実質的な賃金は低下している。特にボリュームゾーンである中間層以下の消費の落ち込みが激しいことから、個人消費が急回復する見込みは薄い。

 4~6月期GDPの下方修正で景気の先行きには慎重な見方が広がっているが、今月の機械受注の結果も、その傾向を裏付けるものとなった。

 - 経済 , ,

  関連記事

kakugi02
緊急経済対策が正式に閣議決定。内容は経済産業省の意向を強烈に反映している

 政府は11日午前の閣議において緊急経済対策を正式決定した。地方自治体や民間企業 …

tenanmon
データ改ざんの噂が絶えない中国の貿易統計。実際に数値を検証してみた

 中国の税関当局は5月8日、4月の貿易統計の数値を発表した。それによると、輸出額 …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

imf201407
IMFの世界経済見通し。機関車役だった米国の失速で、多くの国が下方修正

 IMF(国際通貨基金)は2014年7月24日、世界経済見通しの改定値を発表した …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …

bukkajoushou
物価は何と7カ月連続のマイナス。一方、消費は物価にかかわらずやはりマイナス続き

 このところ物価が厳しい状況に追い込まれている。消費者物価指数が何と7カ月連続の …