ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス3.5%となった。プラスは2カ月連続だが、5月のマイナスが19.5%と極めて大きな落ち込みだったことを考えると、設備投資の回復は鈍い状況が続いている。

kosakukiki

 9月8日に、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値が発表されたが、数値は下方修正となり、消費増税による景気の落ち込みが激しいことを伺わせた。特に影響が大きかったのが設備投資で、前期比マイナス2.5%からマイナス5.1%と、2.6ポイントの大幅減となっている。

  7~9月期については、設備投資がどれだけ回復するのかがカギとなっており、設備投資の先行指標である7月の機械受注には大きな注目が集まっていた。
 結果は、大方の予想通り、あまり冴えない内容だった。2カ月連続でプラスは維持したものの、5月に記録した大幅なマイナスを埋める状況には至っていない。内閣府では連続して基調判断を引き下げていたが、今月は「一進一退で推移している」という先月の判断を据え置いた。

 6月の機械受注統計では、7~9月の見通しも併せて発表されており、こちらはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえないが、7月の数字はこの見通しにおおよそ沿った結果になっている。8月以降も、同じような傾向となる可能性が高まってきた。

 よく知られているように、企業の製造拠点の多くはすでに海外に移転しており、国内には目立った設備投資先がない。期待できるのは内需関連の設備投資ということなるが、こちらは個人消費の見通しに大きく左右される。

 大企業を中心とした賃上げで名目上の賃金は上昇しているが、物価上昇や消費増税分を差し引くと、実質的な賃金は低下している。特にボリュームゾーンである中間層以下の消費の落ち込みが激しいことから、個人消費が急回復する見込みは薄い。

 4~6月期GDPの下方修正で景気の先行きには慎重な見方が広がっているが、今月の機械受注の結果も、その傾向を裏付けるものとなった。

 - 経済 , ,

  関連記事

setubitousi
企業による国債保有の増加は何を意味しているか?

 企業による国債保有が増加している。背景にあるのは、企業の内部留保の増加と、投資 …

davinchi
米国で手術ロボットの事故が増加。だがロボット導入の動きはもはや止められない?

 米国では外科手術にロボットを使用するケースが急増している。手術に革命を起こすと …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

amari
甘利経財相が原油安の効果は7兆円との見方。真偽の程は?

 甘利経済財政相は2015年1月9日、原油安が進んでいることに関して「日本経済に …

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

softbankarm
ソフトバンクが英ARMを3.3兆円で買収。最終的な狙いは純粋な投資?

 ソフトバンクグループは2016年7月18日、英国の半導体設計大手アーム・ホール …