ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

7~9月期GDPを占う7月の機械受注統計。結果はやはりいまひとつ

 

 内閣府は2014年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でプラス3.5%となった。プラスは2カ月連続だが、5月のマイナスが19.5%と極めて大きな落ち込みだったことを考えると、設備投資の回復は鈍い状況が続いている。

kosakukiki

 9月8日に、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値が発表されたが、数値は下方修正となり、消費増税による景気の落ち込みが激しいことを伺わせた。特に影響が大きかったのが設備投資で、前期比マイナス2.5%からマイナス5.1%と、2.6ポイントの大幅減となっている。

  7~9月期については、設備投資がどれだけ回復するのかがカギとなっており、設備投資の先行指標である7月の機械受注には大きな注目が集まっていた。
 結果は、大方の予想通り、あまり冴えない内容だった。2カ月連続でプラスは維持したものの、5月に記録した大幅なマイナスを埋める状況には至っていない。内閣府では連続して基調判断を引き下げていたが、今月は「一進一退で推移している」という先月の判断を据え置いた。

 6月の機械受注統計では、7~9月の見通しも併せて発表されており、こちらはプラス2.2%となっている。4~6月期の実績がマイナス6.7%であったことを考えると、あまり明るい見通しとはいえないが、7月の数字はこの見通しにおおよそ沿った結果になっている。8月以降も、同じような傾向となる可能性が高まってきた。

 よく知られているように、企業の製造拠点の多くはすでに海外に移転しており、国内には目立った設備投資先がない。期待できるのは内需関連の設備投資ということなるが、こちらは個人消費の見通しに大きく左右される。

 大企業を中心とした賃上げで名目上の賃金は上昇しているが、物価上昇や消費増税分を差し引くと、実質的な賃金は低下している。特にボリュームゾーンである中間層以下の消費の落ち込みが激しいことから、個人消費が急回復する見込みは薄い。

 4~6月期GDPの下方修正で景気の先行きには慎重な見方が広がっているが、今月の機械受注の結果も、その傾向を裏付けるものとなった。

 - 経済 , ,

  関連記事

kamei
円滑化法が3月で期限切れ。倒産予備軍10万社なのに慌てた様子がないのはなぜ?

 中小企業金融円滑化法の期限が3月末で切れることから、10万社ともいわれる倒産予 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

usakoyoutoukei201601
米雇用統計は大幅減だが、失業率低下と賃金上昇でインフレ圧力も高い

 米労働省は2016年2月5日、1月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

nihonyusei
日本郵政が豪子会社で4000億円の減損。いきなり躓いた成長シナリオ

 日本郵政が買収したばかりの豪物流子会社について最大で4000億円の減損を計上す …

unonjack
英国のEU離脱。金融危機の可能性はなくなり、具体的な影響を精査するフェーズへ

 英国のEU離脱を決定した国民投票から10日が経過し、市場はとりあえず落ち着きを …

samittoabe
週内にも消費税再延期を表明。日本の財政はまさに「異次元」のフェーズに突入

 安倍首相は、来年4月に予定していた消費税10%への引き上げを再延期する方向で調 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …