ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談した。11月にはオバマ大統領と習氏の首脳会談が予定されており、そのための地ならしが目的と考えられる。

 shuraisukaidan ライス氏はオバマ氏からの信頼が厚いといわれており、米国の対中外交のカギを握る人物の一人。ライス氏が中国を訪問するのは、大統領補佐官に就任してからは初めてとなる。

 ライス氏は、習氏との会談に加えて、ライス氏のカウンターパートで中国外交の責任者である楊潔チ国務委員、王毅外相、范長龍中央軍事委員会副主席など重要人物と相次いで会談しており、11月のオバマ氏訪中に向けた情報収集を行っている。

 習氏は「中米両国は、新しい大国関係を構築し、持続的に発展させていく必要がある」と述べた。これに対してライス氏も「オバマ大統領は米中関係は世界で最も重要な二国間関係の1つであると信じている」と述べ、いつものように基本的な方向性について違いがない点を強調した。

 基本的に両国は、対立ではなく、対話を前提に交渉を進めているが、一方で米国は、中国が東シナ海で防空識別圏を設定したことや、南シナ海において周辺諸国との緊張関係を高めていることについて懸念を抱いている。
 7月に行われた米中戦略・経済対話では、米国のケリー国務長官が、「新しい大国関係が明確に定義されたわけではない」と発言するなど、米国側が中国を牽制する発言が目立った。

 今回は11月のオバマ氏訪中の地ならしということもあり、双方とも抑制的なスタンスで会談が行われた模様。本来であれば、話題に上るであろう香港の民主化問題も米国側は取り上げなかったといわれている。
 ただ、8月に南シナ海上空で中国軍の戦闘機が米軍の対潜哨戒機に異常接近した問題については、中国側は強気のスタンスで、米側に対して中国近海の偵察を自制するよう求めたといわれている。

 米中関係が大きく動くとすると、やはり11月のオバマ大統領の訪中がきっかけとなるだろう。今のところ中国側が譲る気配のない尖閣諸島を含む「核心的利益」について、どちらが譲歩の姿勢を示すのかが、今後の焦点となるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

danjobyoudo
男女平等と経済成長の密接な関係。女性差別が激しいフランスから分かること

 フランス政府は30日、女性差別を解消するための対策を発表した。職場での女性差別 …

siozakinenkin201410
なかなか出てこない年金運用改革案。すでにタイミングを逸したとの声も

 公的年金の運用方針見直しが大幅に遅れている。当初は9月にも新しい方針を打ち出す …

nichigin
日銀が正式に2%の物価目標を導入。日銀法の改正はとりあえず回避

 日銀は22日の金融政策決定会合で、2%の物価目標を導入し、その達成に向け、さら …

kankokuginkou
日本としてはラッキー?失効した日韓通貨スワップ協定を中国が肩代わり

 韓国の中央銀行にあたる韓国銀行6月27日、中国との間で、緊急時に通貨を融通し合 …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

oecdguria
政府の意向を代弁したOECD事務局長。だが主張する内容は極めて客観的

 政府がOECD(経済協力開発機構)を活用した政策のアナウンスに乗りだしている。 …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …

obamaorando2014
オランド仏大統領が訪米。事実婚解消による単身渡米で盛り上がりは今ひとつ

 フランスのオランド大統領は2014年2月11日、米国を訪問しオバマ大統領と首脳 …

pakukune
韓国における中国の存在感が急上昇。まるで「冊封」時代に逆戻りとの声も

 中国の台頭と日韓関係の悪化によって、韓国における中国の扱いが急激に変化している …