ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談した。11月にはオバマ大統領と習氏の首脳会談が予定されており、そのための地ならしが目的と考えられる。

 shuraisukaidan ライス氏はオバマ氏からの信頼が厚いといわれており、米国の対中外交のカギを握る人物の一人。ライス氏が中国を訪問するのは、大統領補佐官に就任してからは初めてとなる。

 ライス氏は、習氏との会談に加えて、ライス氏のカウンターパートで中国外交の責任者である楊潔チ国務委員、王毅外相、范長龍中央軍事委員会副主席など重要人物と相次いで会談しており、11月のオバマ氏訪中に向けた情報収集を行っている。

 習氏は「中米両国は、新しい大国関係を構築し、持続的に発展させていく必要がある」と述べた。これに対してライス氏も「オバマ大統領は米中関係は世界で最も重要な二国間関係の1つであると信じている」と述べ、いつものように基本的な方向性について違いがない点を強調した。

 基本的に両国は、対立ではなく、対話を前提に交渉を進めているが、一方で米国は、中国が東シナ海で防空識別圏を設定したことや、南シナ海において周辺諸国との緊張関係を高めていることについて懸念を抱いている。
 7月に行われた米中戦略・経済対話では、米国のケリー国務長官が、「新しい大国関係が明確に定義されたわけではない」と発言するなど、米国側が中国を牽制する発言が目立った。

 今回は11月のオバマ氏訪中の地ならしということもあり、双方とも抑制的なスタンスで会談が行われた模様。本来であれば、話題に上るであろう香港の民主化問題も米国側は取り上げなかったといわれている。
 ただ、8月に南シナ海上空で中国軍の戦闘機が米軍の対潜哨戒機に異常接近した問題については、中国側は強気のスタンスで、米側に対して中国近海の偵察を自制するよう求めたといわれている。

 米中関係が大きく動くとすると、やはり11月のオバマ大統領の訪中がきっかけとなるだろう。今のところ中国側が譲る気配のない尖閣諸島を含む「核心的利益」について、どちらが譲歩の姿勢を示すのかが、今後の焦点となるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

kusuri02
混合診療拡大へ。金持ち優遇かどうかという単純論争は本質を見誤らせる可能性あり

 政府は規制改革の一貫として混合診療の拡大に乗り出す。現在、日本では公的保険を適 …

hasimoto2
橋下氏が自民憲法草案に懸念表明。今こそ議論すべき「法の支配」と「法による支配」の違い

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は5月12日、自民党の憲法改正草案について …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

mof03
財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

rikokkyou
中国が公式のジニ係数を発表。中国の格差がもっと激しいのはもはや周知の事実

 中国国家統計局は18日、2012年のGDPの発表と合わせて、国民の所得格差を示 …