ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

偉大な第一歩?それとも危険な火遊び?スコットランド独立を問う住民投票まであと2日。

 

 英国北部スコットランドの独立の賛否を問う18日の住民投票まであと2日となっている。当初、現実味がないと思われていた独立運動は、住民投票が近づくにつれて急激な盛り上がりを見せており、結果については予測がつかない状況となっている。

sukottorando

 よく知られているように、現在の英国(UK)の基盤は、それぞれ別の王朝であったスコットランドとイングランドの統合によって出来上がっている。だがスコットランドは実質的にイングランドに吸収された面が強く、スコットランドにはイングランドへの対抗意識があるといわれている。

 ただ今回の独立騒動は、古くからの国家的アイデンティティがベースになったものとは少し様子が異なっている。スコットランドはイングランドと比べると経済基盤が弱く、労働党への支持率が高いことで知られている。今回、独立派に回っているのは元労働党の支持者が多く、経済政策や福祉政策に対する反発が、労働党への失望につながり、最終的には独立運動に形を変えていると見ることもできる。

 キャ メロン首相や労働党のミリバンド党首ら、主要政党のトップは急きょスコットランド入りし、英国への残留を訴えている。英政府としては、税などの権限を大幅にスコットランドに移譲する懐柔策により、独立を回避したい考えだ。
 だが現地の反応はいまひとつとなっている。もともと保守党は人気がないためキャメロン首相に対しては冷ややかスタンスが目立ち、労働党のミリバンド党首には批判の声が数多く聞かれる。

 実際にスコットランドが独立した場合の影響は何ともいえない。スコットランドを本拠地とするロイヤルバンク・オブ・スコットランドやロイズ・バンキング・グループは、独立となった場合にはロンドンに本拠を移すとしている。
 独立派は、独立後もポンド経済圏に残留することを望んでいるが、英国の中央銀行であるイングランド銀行がどのようなスタンスを取るのは現実点では不透明である。

 実際に独立ということになった場合には、長期的にはともかく、短期的には英国の経済や金融市場は大きな混乱に見舞われることになるだろう。

 - 政治 , , ,

  関連記事

aokiai
小選挙区で全滅。小沢ガールズたちのドタバタ選挙戦とその末路を追う。

 今回の衆院選では、民主党はもとより、民主党を離党した政治家たちにとっても厳しい …

obamaorando2014
オランド仏大統領が訪米。事実婚解消による単身渡米で盛り上がりは今ひとつ

 フランスのオランド大統領は2014年2月11日、米国を訪問しオバマ大統領と首脳 …

abeaso
見かけ上?好調なGDPの数値から、安倍政権内部で消費増税先送り論が台頭。

 2013年1~3月期の国内総生産(GDP)の数値が好調だったことから、参院選を …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

obamaindo
オバマ大統領がインドの共和国式典に主賓として参加したことの意味

 オバマ米大統領は2015年1月25日、インドを訪問しモディ首相と首脳会談を行っ …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

kyouiku
教育再生会議が英語教育の拡充を提言。だが特定校重点支援という概念には疑問の声も

 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は5月28日、大学教育などの …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

peri
オバマ大統領のご意見番ペリー元国防長官が朴槿恵氏と会談。早くも核実験後を協議?

 韓国の朴槿恵次期大統領は4日午後、来韓中のペリー元米国防長官と会談を行った。北 …