ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつとめた女優・歌手の山口淑子(やまぐちよしこ)氏が2014年9月9日、心不全のため亡くなった。94歳だった。

rikoran

 山口氏は父親が満鉄(南満州鉄道)で中国語を教えていた関係で中国で育った。
 当時の満鉄は、社員に中国語の習得を義務付けており、一定水準に達しないと昇進ができなかった。父親が満鉄社員に中国語を教える教室に小さい頃から出入りしていた山口氏の中国語は、ネイティブ並みだったといわれる。

 その後、山口氏はロシア出身のオペラ歌手から声楽を習い、たちまち上達。大変な美貌も手伝って、日中戦争開戦の翌年、満州国の国策映画会社・満洲映画協会(満映)から「李香蘭」としてデビューすることになった。これをきっかけに山口氏は戦争に翻弄され続けることになる。

 満映は、日本が満州を文化的に支配する目的で設立された国策映画会社であり、理事長には、元陸軍軍人で、無政府主義者の大杉栄氏を殺害し服役したこともある甘粕正彦氏が就任していた。
 山口氏は、日本と中国の友好関係を演出するために、中国人女優・歌手として活動させられていた。実際、「李香蘭」は日本と中国で大変な人気となっており、知らぬ人がいないほどの著名人であった。このことが終戦直後、日本に引き揚げる際に、大きな障害となっている。

 山口氏は中国人とみなされており、日本軍に協力していた山口氏には漢奸罪(国家反逆罪)の疑いがかけらた。一時は銃殺刑になるともいわれていたが、最終的に日本の戸籍謄本が中国の裁判所に提出され、日本人であることが証明されたことで帰国することができた。

 山口氏は、清朝皇族の娘で、日本軍の工作員(スパイ)でもあった川島芳子氏とも深い親交があった。川島氏も戦争に翻弄された女性として有名だが、最後は麻薬に溺れる状態となっていた。山口氏はモルヒネを打つ川島氏を何度も目撃している。
 川島氏は日本人の養子となっていたものの、もともとは清朝皇族の出身であり、中国人であった。当時の中華民国の戸籍法は血統主義となっており、同様の裁判で川島氏は日本人とはみなされず、国家反逆罪が適用され銃殺刑となっている。

 山口氏は日本に帰国後、女優として再び活躍し、1974年には参院選に出馬して当選。参院議員を3期つとめている。
 山口氏は、日本の大陸進出や満州支配の中枢にいた、まさに時代の生き証人というべき人物であった。政界引退後は公の場に姿を現すことはあまりなかったが、大きな転換点を迎えている今の日中関係について、山口氏はどう見ていたのだろうか?

 - 政治 , ,

  関連記事

scotlandmap02
スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%( …

nakamurashuji
中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇 …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

hyuga
防衛大綱の中間報告で浮上してきた、自衛隊ハイテク化の必要性

 防衛省は7月26日、日本の防衛力のあり方と保有すべき防衛力の水準を示す「防衛計 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

no image
チベットで中国に対する抗議の焼身自殺相次ぐ。当局は大金を積んで買収工作に奔走中

 共産党大会が開催されている中国で、当局によるチベット弾圧に抗議する焼身自殺が相 …

yasukuni
安倍首相が靖国参拝を見送った背景。秋の臨時国会における重要課題を最優先か?

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送った。自民党総裁として私費で玉串料を奉 …

ooigenpatu
原子力規制委員会がまとめた原発の新安全基準骨子は、迷走する原発政策の象徴

 原子力規制委員会は1月31日、内部に設置した有識者会合において、原発の安全性に …