ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつとめた女優・歌手の山口淑子(やまぐちよしこ)氏が2014年9月9日、心不全のため亡くなった。94歳だった。

rikoran

 山口氏は父親が満鉄(南満州鉄道)で中国語を教えていた関係で中国で育った。
 当時の満鉄は、社員に中国語の習得を義務付けており、一定水準に達しないと昇進ができなかった。父親が満鉄社員に中国語を教える教室に小さい頃から出入りしていた山口氏の中国語は、ネイティブ並みだったといわれる。

 その後、山口氏はロシア出身のオペラ歌手から声楽を習い、たちまち上達。大変な美貌も手伝って、日中戦争開戦の翌年、満州国の国策映画会社・満洲映画協会(満映)から「李香蘭」としてデビューすることになった。これをきっかけに山口氏は戦争に翻弄され続けることになる。

 満映は、日本が満州を文化的に支配する目的で設立された国策映画会社であり、理事長には、元陸軍軍人で、無政府主義者の大杉栄氏を殺害し服役したこともある甘粕正彦氏が就任していた。
 山口氏は、日本と中国の友好関係を演出するために、中国人女優・歌手として活動させられていた。実際、「李香蘭」は日本と中国で大変な人気となっており、知らぬ人がいないほどの著名人であった。このことが終戦直後、日本に引き揚げる際に、大きな障害となっている。

 山口氏は中国人とみなされており、日本軍に協力していた山口氏には漢奸罪(国家反逆罪)の疑いがかけらた。一時は銃殺刑になるともいわれていたが、最終的に日本の戸籍謄本が中国の裁判所に提出され、日本人であることが証明されたことで帰国することができた。

 山口氏は、清朝皇族の娘で、日本軍の工作員(スパイ)でもあった川島芳子氏とも深い親交があった。川島氏も戦争に翻弄された女性として有名だが、最後は麻薬に溺れる状態となっていた。山口氏はモルヒネを打つ川島氏を何度も目撃している。
 川島氏は日本人の養子となっていたものの、もともとは清朝皇族の出身であり、中国人であった。当時の中華民国の戸籍法は血統主義となっており、同様の裁判で川島氏は日本人とはみなされず、国家反逆罪が適用され銃殺刑となっている。

 山口氏は日本に帰国後、女優として再び活躍し、1974年には参院選に出馬して当選。参院議員を3期つとめている。
 山口氏は、日本の大陸進出や満州支配の中枢にいた、まさに時代の生き証人というべき人物であった。政界引退後は公の場に姿を現すことはあまりなかったが、大きな転換点を迎えている今の日中関係について、山口氏はどう見ていたのだろうか?

 - 政治 , ,

  関連記事

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

vaticanheri
体育会系にミュージシャンにTV司会者。次期ローマ法王候補者は個性派キャラ揃い

 ローマ法王ベネディクト16世が、2月28日夜正式に退位した(本誌記事「存命中の …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

kokintoshukinpei
習近平-李克強体制が正規にスタート。だが選挙では前代未聞の反対票も出て大波乱

 現在、中国・北京で開催中の全国人民代表大会(全人代=国会に相当)は3月14日、 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

rikokyoupolson
李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやく …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …

meisousenkyo
英国の総選挙。まさかの過半数割れだがマーケットには案外好都合?

 当初、与党保守党の圧勝が予想されていた英国の総選挙は予想外の結果となった。保守 …