ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

臨時国会冒頭解散・11月9日選挙という説が台頭。確実性はどの程度?

 

 安倍政権が9月29日に招集される秋の臨時国会冒頭で解散に踏み切るという話が永田町で広がっている。民主党の枝野幸男氏は、出演したテレビ番組で「私は11月9日が衆院選の投票日だと思っている」と述べ、具体的な日程にまで言及した。

abe201409

 現在、圧倒的に優位な状況にある自民党が解散するメリットは少ないというのが一般的な見方である。安倍首相と石破氏の対立が表面化したことで解散が早まるとの声も聞かれたが、結局、石破氏が折れて入閣する結果となった。
 それでも臨時国会冒頭に解散があるとの噂が絶えないのは、今後の政治日程が微妙だからである。

 現在の衆院の任期は2016年であり、ここまでは原則として選挙をやらなくて済む。だが2016年は参院選と重なるため、二つの国政選挙をこなすのは資金面での負担が大きい。また、来年春には統一地方選挙、9月には自民党の総裁選が迫っている。

 何より重要なのは足元の景気である。景気は回復しているという政府発表とは裏腹に、景気の落ち込みが予想以上に激しいことは周知の事実となっている。ここで来年春の消費税10%増税を実施してしまうと、さらに景気が失速する可能性が高い。要するに今後、景気に関してよい話はゼロなのだ。

 そうなってくると、景気の落ち込みがまだ顕在化せず、消費税の増税も決定していない今のうちに解散してしまった方が得策、という考え方は確かに成立することになる。

 さらに細かいことをいうと、沖縄県知事選が11月16日に行われるが、自民党は苦戦が予想されている。そうなってくると、11月16日より前に選挙を実施するためには、臨時国会冒頭で解散するしかなくなってくる。枝野氏の発言もこうした政治日程のパズルを組み合わせた結果と考えられる。

 解散権は首相にのみ与えられた「伝家の宝刀」であり、いつ解散に踏み切るのは首相のみが知ることである。周囲がとやかくいってもあまり意味はないかもしれない。ただ、景気の失速が予想以上だったことで、以前に考えられていたより、政権運営が難しくなっているのは事実である。

 とりあえず内閣改造は成功したが、臨時国会冒頭における解散の有無、消費税10%増税の決断、原発の再稼働など、政局の節目となる重要な決断が続くことになる。長期政権の道は以外に厳しいかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …