ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4~6月期のGDPは大幅な下方修正となった。黒田総裁はこのところ外部での発言を積極的に行っているが、その背景には、追加緩和に追い込まれずに何とか物価目標を実現したいという思惑がある。

 nichigin04 内閣府が発表した4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価の影響を除いた実質でマイナス1.8% (年率換算でマイナス7.1%)となり、1次速報から0.1ポイント(年率で0.3ポイント)の下方修正となった。消費増税の影響が大きいことがあらためて確認された恰好だ。

 7月の消費者物価指数(総合)はプラス3.4%だった。5月が3.7%、6月が3.6%だったので、伸び率が鈍化している。ここから消費税の影響を差し引くと、2%の物価目標は達成が難しいということになる。

 政府は7~9月期のGDPの結果で消費税10%増税を判断する必要があるが、今の状況のまま10%増税に踏み切ってしまうと、さらに景気を悪化させてしまう可能性が高い。そうなると、日銀に対して再び追加緩和の圧力が高まることになる。
 量的緩和策には過度なインフレなど弊害も多く、日銀としてはなるだけ追加緩和に応じたくないのがホンネである。市場に対するコミットメントのみで物価が動いてくれる状態の方が望ましいわけである。

 黒田総裁は4日の記者会見で円安容認とも取れる発言を行い、さらに11日のテレビ番組でも同様の発言を行った。黒田総裁が外部に対する発言を積極化しているのは、このままでは2%の物価目標達成が難しく、追加緩和の圧力が高まることを危惧していることが背景にあると考えられる。

 現在、円安(というよりもドル高)の材料が目白押しとなっており、長期的にはともかく、しばらくの間は円安が続く可能性が高い。もう一段の円安が進めば、輸入物価がさらに高騰し、物価目標の達成には近づくことになる。
 ただGDPが順調に成長しない中での輸入物価上昇は、経済によい影響はもたらさない。特に実質賃金の低下が続く家計に対する影響は大きいだろう。

 インフレ期待で実質金利を低下させるという量的緩和策の成否は、今後半年の景気動向でかなりはっきりしてくるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

thanksgiving01
七面鳥そっちのけ。感謝祭セールに殺到する米国人が支える底堅い個人消費

 米国は現在、感謝祭休日の真っ最中。日本のお盆や正月と同様、実家に帰って家族と過 …

softbankson02
ソフトバンク後継者のアローラ氏が私財を投じて同社株600億円分取得へ

 ソフトバンクグループは2015年8月19日、孫正義社長の後継者であるニケシュ・ …

et3com01
NY-北京を2時間で結ぶ超高速リニア計画をブチ上げた起業家の拠点はアパートの1室

 米国のベンチャー起業家が、ニューヨークと北京を2時間で結ぶ、夢の超高速鉄道(リ …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

sukiya201408
「すき家」の赤字転落は、これから深刻化する人手不足経済の縮図?

 大手牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは、人手不足によ …

nichigin
日銀が3年分の物価見通しを初めて発表。本当ならかなりのインフレになるぞ!

 日銀は4月26日、金融政策決定会合を開催し、日本経済の見通しを示す、「経済・物 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

hakenhoukaisei
同一労働・同一賃金法案が衆院で可決。内容は骨抜きで格差は継続したまま

 正社員と派遣社員の格差を是正する「同一労働同一賃金推進法案」が2015年6月1 …

imf201604
IMFが最新の世界経済見通しを発表。新興国経済の低迷が先進国にも波及

 IMF(国際通貨基金)は2016年4月12日、最新の世界経済見通しを発表した。 …