ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4~6月期のGDPは大幅な下方修正となった。黒田総裁はこのところ外部での発言を積極的に行っているが、その背景には、追加緩和に追い込まれずに何とか物価目標を実現したいという思惑がある。

 nichigin04 内閣府が発表した4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価の影響を除いた実質でマイナス1.8% (年率換算でマイナス7.1%)となり、1次速報から0.1ポイント(年率で0.3ポイント)の下方修正となった。消費増税の影響が大きいことがあらためて確認された恰好だ。

 7月の消費者物価指数(総合)はプラス3.4%だった。5月が3.7%、6月が3.6%だったので、伸び率が鈍化している。ここから消費税の影響を差し引くと、2%の物価目標は達成が難しいということになる。

 政府は7~9月期のGDPの結果で消費税10%増税を判断する必要があるが、今の状況のまま10%増税に踏み切ってしまうと、さらに景気を悪化させてしまう可能性が高い。そうなると、日銀に対して再び追加緩和の圧力が高まることになる。
 量的緩和策には過度なインフレなど弊害も多く、日銀としてはなるだけ追加緩和に応じたくないのがホンネである。市場に対するコミットメントのみで物価が動いてくれる状態の方が望ましいわけである。

 黒田総裁は4日の記者会見で円安容認とも取れる発言を行い、さらに11日のテレビ番組でも同様の発言を行った。黒田総裁が外部に対する発言を積極化しているのは、このままでは2%の物価目標達成が難しく、追加緩和の圧力が高まることを危惧していることが背景にあると考えられる。

 現在、円安(というよりもドル高)の材料が目白押しとなっており、長期的にはともかく、しばらくの間は円安が続く可能性が高い。もう一段の円安が進めば、輸入物価がさらに高騰し、物価目標の達成には近づくことになる。
 ただGDPが順調に成長しない中での輸入物価上昇は、経済によい影響はもたらさない。特に実質賃金の低下が続く家計に対する影響は大きいだろう。

 インフレ期待で実質金利を低下させるという量的緩和策の成否は、今後半年の景気動向でかなりはっきりしてくるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

kinyuucho
金融庁が空売り規制をようやく緩和。株式市場はようやく平時の状態へ

 金融庁は3月7日、株式の「空売り規制」を緩和すると発表した。金融庁はリーマンシ …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

shukatsu
就活は4年生からと政府が要請。だが建前を並べたところで、現実問題は解決しない

 政府は、大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から、4年生の4月に変 …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …

furansisicohouou02
ローマ法王がトルコによるアルメニア人殺害を批判。EU加盟はさらに絶望的に?

 カトリック教会のフランシスコ法王が、オスマン・トルコ帝国で多数のアルメニア人が …

mof
財務省が正式に人事発令。木下新次官は1年でポストを譲るのか?

 財務省は6月28日、正式な幹部人事を発令した。真砂靖事務次官の退任と木下康司主 …

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

sonoayako
保守思想界の大物である曽野綾子氏の発言に、日本社会はどう反応するのか?

 作家の曽野綾子氏による「出産した女性は会社を辞めろ」という趣旨の論文が物議を醸 …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …