ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4~6月期のGDPは大幅な下方修正となった。黒田総裁はこのところ外部での発言を積極的に行っているが、その背景には、追加緩和に追い込まれずに何とか物価目標を実現したいという思惑がある。

 nichigin04 内閣府が発表した4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価の影響を除いた実質でマイナス1.8% (年率換算でマイナス7.1%)となり、1次速報から0.1ポイント(年率で0.3ポイント)の下方修正となった。消費増税の影響が大きいことがあらためて確認された恰好だ。

 7月の消費者物価指数(総合)はプラス3.4%だった。5月が3.7%、6月が3.6%だったので、伸び率が鈍化している。ここから消費税の影響を差し引くと、2%の物価目標は達成が難しいということになる。

 政府は7~9月期のGDPの結果で消費税10%増税を判断する必要があるが、今の状況のまま10%増税に踏み切ってしまうと、さらに景気を悪化させてしまう可能性が高い。そうなると、日銀に対して再び追加緩和の圧力が高まることになる。
 量的緩和策には過度なインフレなど弊害も多く、日銀としてはなるだけ追加緩和に応じたくないのがホンネである。市場に対するコミットメントのみで物価が動いてくれる状態の方が望ましいわけである。

 黒田総裁は4日の記者会見で円安容認とも取れる発言を行い、さらに11日のテレビ番組でも同様の発言を行った。黒田総裁が外部に対する発言を積極化しているのは、このままでは2%の物価目標達成が難しく、追加緩和の圧力が高まることを危惧していることが背景にあると考えられる。

 現在、円安(というよりもドル高)の材料が目白押しとなっており、長期的にはともかく、しばらくの間は円安が続く可能性が高い。もう一段の円安が進めば、輸入物価がさらに高騰し、物価目標の達成には近づくことになる。
 ただGDPが順調に成長しない中での輸入物価上昇は、経済によい影響はもたらさない。特に実質賃金の低下が続く家計に対する影響は大きいだろう。

 インフレ期待で実質金利を低下させるという量的緩和策の成否は、今後半年の景気動向でかなりはっきりしてくるかもしれない。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

jaxass520
民生品を使って低コスト化を狙ったJAXAの小型ロケット打ち上げ失敗。データ送信途絶える

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年1月15日、超小型衛星を運ぶ小型ロ …

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

carlos
スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位する …

one drive
マイクロソフトがクラウド・サービスの水準を大幅にダウン。タダで使えるという時代は終了?

 マイクロソフトが自社のクラウド・サービスの一部について、サービス内容を大幅に変 …

no image
シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 シャープが1日、中間決算を発表した。  半期の売上げは約1兆1000億円で前年 …

hongkongrippoukai
香港の議会が非民主的な選挙制度改革案を否決。普通選挙は少なくとも2022年まで持ち越し

 香港の立法会(議会)は2015年6月18日、2017年に行われる次期行政長官選 …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

kitachosenmisaru02
北朝鮮がミサイルの追加発射を準備?一方では米朝交渉を探る神経戦

 核実験を実施したばかりの北朝鮮で、今度は弾道ミサイルの追加発射の可能性が出てき …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …