ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イラクへの地上部隊派遣の動きが進む。オバマ大統領は政権末期で制御困難?

 

 米国でなし崩し的にイラク派兵に向けた動きが進んでいる。イラクでの戦争が再び次期大統領選の争点となる可能性も出てきている。

Hillary Clinton

 デンプシー統合参謀本部議長は2014年9月16日、議会で証言し、過激派組織「イスラム国」に対して、米軍がイラクで地上戦を行う可能性を示唆した。
 オバマ大統領は、基本的に中東の問題に関与しない方針を掲げており、イスラム国に対する空爆に対して一貫して消極的な姿勢を示してきた。
 オバマ大統領はイラクからの撤退を掲げて大統領に当選した人物であることに加え、現在の国民世論が経済に集中しており、中東問題に対する関心が極めて薄いことも影響している。

 だが議会を中心に、再び中東への関与を強めるべきという意見も強くなってきており、国防総省はそうした意向に沿って準備を進めている。制服組トップであるデンプシー氏の今回の発言は、そうした動きを反映したものと考えられる。

 ホワイトハウスは、議会証言後すぐに、米軍には地上での戦闘任務はないと強調した。だが状況は地上部隊派遣に傾きつつあるというのが実態である。

 オバマ政権は任期が残り少なく、いわゆるレイムダック状態となりつつある。イラク派兵の問題はむしろ次期大統領選の争点となる可能性が高くなってきている。
 民主党の最有力候補のひとりである、ヒラリー・クリントン前国務長官は14日、アイオワ州で演説し「出馬を考えているのは事実」と述べた。これは実質的な大統領選への出馬表明と理解されている。

 クリントン氏は、中東への関与について積極的といわれるが、イラク開戦決議に賛成したことが民主党支持者からの反発を買い、オバマ大統領に敗れるきっかけとなった。このため、出版した回顧録では開戦支持は「明らかに間違いだった」と述べ、地上軍を派遣することは「絶対にない」と明言していた。
 一方で、「オバマ大統領のシリア政策は失敗だった」と発言する(その後、批判の意図はなかったと弁明)など、積極政策への回帰を示唆する動きも見せている。

 大統領選出馬にあたっては、イラク派兵を推進する立場になった方が有利になる可能性がある一方、多くの国民からの支持は得にくくなる。皮肉なことだが、イラク撤退を掲げた大統領の退任後は、再びイラク派兵が選挙の争点となる可能性が出てきた。

 - 政治 , , ,

  関連記事

birukensetsu
テナントがいない?のに都市部で次々と新築ビルが建設されるのはナゼ?

 東京都心など、利便性の高い地域を中心に不動産の建設ラッシュが続いている。一部で …

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

bunen
厚労省が踏み込んだ内容のたばこ白書を公表。分煙を否定し、屋内全面禁煙を提言

 厚生労働省が、屋内の100%禁煙化を目指すべきという踏み込んだ内容の「たばこ白 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

nichigin02
日銀の量的緩和策は果たして効果を上げているのか?米国のQEと比較してみると

 日本銀行は8月8日、金融政策決定会合を開催した。量的緩和の継続を全員一致で決め …

chugokutaisikan
NSAによる電話盗聴でにわかに注目を浴びる大使館の「地理的条件」

 米国の諜報機関による電話盗聴問題によって、大使館の地理的な位置関係がにわかに注 …

singurumaza
子供の貧困が改善したのは、政府による貧困対策の結果ではない?

 子供の貧困がわずかだが改善している。だが先進各国との比較では、依然として日本の …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

maruyama02
丸山発言は特殊ではない。日本人の人権感覚はズレているという認識が必要

 参院憲法審査会でオバマ米大統領に対する人種差別的発言を行った丸山和也議員は20 …