ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イラクへの地上部隊派遣の動きが進む。オバマ大統領は政権末期で制御困難?

 

 米国でなし崩し的にイラク派兵に向けた動きが進んでいる。イラクでの戦争が再び次期大統領選の争点となる可能性も出てきている。

Hillary Clinton

 デンプシー統合参謀本部議長は2014年9月16日、議会で証言し、過激派組織「イスラム国」に対して、米軍がイラクで地上戦を行う可能性を示唆した。
 オバマ大統領は、基本的に中東の問題に関与しない方針を掲げており、イスラム国に対する空爆に対して一貫して消極的な姿勢を示してきた。
 オバマ大統領はイラクからの撤退を掲げて大統領に当選した人物であることに加え、現在の国民世論が経済に集中しており、中東問題に対する関心が極めて薄いことも影響している。

 だが議会を中心に、再び中東への関与を強めるべきという意見も強くなってきており、国防総省はそうした意向に沿って準備を進めている。制服組トップであるデンプシー氏の今回の発言は、そうした動きを反映したものと考えられる。

 ホワイトハウスは、議会証言後すぐに、米軍には地上での戦闘任務はないと強調した。だが状況は地上部隊派遣に傾きつつあるというのが実態である。

 オバマ政権は任期が残り少なく、いわゆるレイムダック状態となりつつある。イラク派兵の問題はむしろ次期大統領選の争点となる可能性が高くなってきている。
 民主党の最有力候補のひとりである、ヒラリー・クリントン前国務長官は14日、アイオワ州で演説し「出馬を考えているのは事実」と述べた。これは実質的な大統領選への出馬表明と理解されている。

 クリントン氏は、中東への関与について積極的といわれるが、イラク開戦決議に賛成したことが民主党支持者からの反発を買い、オバマ大統領に敗れるきっかけとなった。このため、出版した回顧録では開戦支持は「明らかに間違いだった」と述べ、地上軍を派遣することは「絶対にない」と明言していた。
 一方で、「オバマ大統領のシリア政策は失敗だった」と発言する(その後、批判の意図はなかったと弁明)など、積極政策への回帰を示唆する動きも見せている。

 大統領選出馬にあたっては、イラク派兵を推進する立場になった方が有利になる可能性がある一方、多くの国民からの支持は得にくくなる。皮肉なことだが、イラク撤退を掲げた大統領の退任後は、再びイラク派兵が選挙の争点となる可能性が出てきた。

 - 政治 , , ,

  関連記事

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

jinminkaihogun01
中国の武器輸出が急増。中国軍の質的能力向上のサインか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は2015年3月16日 …

no image
5月に行ったばかりなのに、クリントン国務長官が再び訪中。

 米国のクリントン国務長官が中国を訪問している。同長官は今年5月にも訪中しており …

abejosei
安倍首相が配偶者控除の廃止を指示。是非を議論できる段階は過ぎている

 安倍首相は2014年3月19日、経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議にお …

shukinpei07
中国が今後の改革における主要項目を発表。あまりにも多い日本との共通点

 中国共産党は、党の重要な会議である第18期中央委員会第3回全体会議(3中全会) …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

gwcvn73
握手と蹴り合い。防空識別圏をめぐる単純ではない米中交渉の行方

 米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。中 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

thaad
最新ミサイル防衛システムTHAADの韓国配備で、TPPにも影響アリ?

 米国と韓国が、最新のミサイル防衛システム「THAAD」の韓国配備を決定したこと …