ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方針を発表した。AV機器事業についてはオンキヨーと経営統合し、DJ機器事業は米投資ファンドに売却、本体は得意のカーナビ事業に集中投資する。

pionieer

 パイオニアは、かつて音響機器の分野で高いブランド力を持っていたメーカーである。その後、音響機器の市場縮小に伴い、レーザーディスク市場に参入。カラオケ用の装置で高いシェアを持つに至った。
 だが皮肉なことにアナログ機器での成功が、逆にデジタル時代には足かせとなり、関連事業は縮小を余儀なくされた。その後、同社はカーナビの分野に進出し、現在はカーナビ関連事業が売り上げの7割を占める状況となっている。

 今後は、伝統あるAV事業について、同じく高級オーディオのメーカーであるオンキヨーと統合、クラブDJ向けの機器事業もファンドに売却することで資金を捻出し、カーナビ関連事業に集中投資する。またグループ全体の10%にあたる約2000人の人員削減も併せて実施する。

 もっともカーナビ市場も安泰とはいえない。スマホの台頭で高価なカーナビの需要が減ってくると予想されているからである。少なくとも国内ではカーナビはすでに成熟市場とみなされている。
 一方、海外に目を転じれば、カーナビはまだ拡大市場である。特に途上国では、自動車の需要はまだまだ伸びる可能性が高く、低価格帯のカーナビへの需要も引き続け堅調だろう。

 カーエレクトロニクスの分野は、最終的には車載コンピュータ、あるいは車載ロボットの主導権をどのプレイヤーが握るのかで決まってくるといわれている。

 新興国を中心に拡大する自動車市場で一定のシェアをキープしつつ、車載デバイスのネットワーク化において、一定のポジションを確立できれば、同社が復活することも可能だろう。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …

home03
米国で住宅価格が大幅上昇。実はアベノミクスの強力な助っ人に?

 米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4月30日、2月のケース・ …

g20sydney2014
経済成長の数値目標が盛り込まれたG20。アベノミクスにも微妙な影響が出てくる可能性

 豪シドニーで開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2 …

yahoojapan
ヤフーの通販サイト出店無料化は、近い将来マクロ経済にも影響を与える?

 ヤフーがネット通販サイトとオークションサイトへの出店料を無料にするという大胆な …

todai
アジア大学ランキングの結果は、大学の予算配分に影響を与えるのか?

 イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」は2015年6月1 …

tosho002
とうとう動き出す日本の企業統治。外国人投資家の見方は変わるか?

 国内で、コーポレートガバナンスに関する整備が急速に進んでいる。きっかけは、アベ …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

lionair
LCC(格安航空会社)が航空機の最大の買い手に浮上。日本だけがガラパゴス

 航空機の買い手として格安航空会社が急激にその存在感を高めている。航空機大手のエ …