ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて、連結純損失が当初予想の500億円から2300億円に拡大すると発表した。スマホ事業の収益の悪化予想以上に進み、減損処理が必要になったことが主な要因。
 同社は昨年度も業績予想の下方修正を3度も行っており、業績見通しの修正はもはや同社の「お家芸」ともいえる状況になっている。今回の下方修正についても冷ややかな見方が多い。

sonyhirai

 7月時点における同社の2015年3月期決算の見通しは、売上高7兆8000億円、純損失は500億円であった。だが、今回の修正では売上高は変わらないものの、純損失が2300億円と大幅に拡大している。

 主な原因は、スマホ事業の減損処理。スマホ事業について同社は、旧ソニー・エリクソンを完全子会社化しているが、その際に計上していた営業権の価値を帳簿上減額した。このことは、スマホの販売が不調であり、当初の計画を達成できていないことを意味している。

 同社はパソコン部門をファンドに売却し、テレビ部門は分社化を行っている。本体に取り込んだスマホ事業は、エレキ再生の中核という位置付けであったことを考えると、販売伸び悩みの影響は大きい。

 各部門での減損が繰り返されたことで、これ以上大規模な損失が出てくる可能性は少なくなった。だが逆に言えば、再生のカギを握る中核事業が次々に消滅しているとも解釈できる。場合によっては、各部門をすべて縮小均衡させる以外に、利益を捻出する方法がなくなってくる可能性もある。

 同社は、日本では珍しいグローバルスタンダードな企業といわれてきた。しかし、今回の業績悪化への対応は、すべて後手に回り、赤字を小出しにしては、巨額損失の発表に追い込まれるという、典型的な日本企業のパターンとなっている。
 同社において唯一、グローバルスタンダードな分野が残っているとするならば、3億5000万円を超えている平井社長の役員報酬くらいなものだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

hatarakumama
日本の「働くママ」の環境は最悪とのOECD報告。男女平等論で欠落している視点とは?

 OECD(経済協力開発機構)は17日、子供を持つ女性の給与格差に関する国際的な …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

jbicwatanabe
経常赤字転落でマーケットが混乱するという通貨マフィア発言の真意とは?

 経常収支の赤字転落で市場が混乱するかもしれないという、国際協力銀行の渡辺総裁の …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

googleoffice
働きがいのある米国の会社ベスト10に毎年ランク入りする会社ってどんな会社?

 米Fortune社は2013年1月、「従業員にとって働きやすい会社ランキング1 …

nintendowii
巨額赤字の任天堂。相続された株式の行方をめぐって市場は戦々恐々

 任天堂は2014年1月17日、2014年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …