ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて、連結純損失が当初予想の500億円から2300億円に拡大すると発表した。スマホ事業の収益の悪化予想以上に進み、減損処理が必要になったことが主な要因。
 同社は昨年度も業績予想の下方修正を3度も行っており、業績見通しの修正はもはや同社の「お家芸」ともいえる状況になっている。今回の下方修正についても冷ややかな見方が多い。

sonyhirai

 7月時点における同社の2015年3月期決算の見通しは、売上高7兆8000億円、純損失は500億円であった。だが、今回の修正では売上高は変わらないものの、純損失が2300億円と大幅に拡大している。

 主な原因は、スマホ事業の減損処理。スマホ事業について同社は、旧ソニー・エリクソンを完全子会社化しているが、その際に計上していた営業権の価値を帳簿上減額した。このことは、スマホの販売が不調であり、当初の計画を達成できていないことを意味している。

 同社はパソコン部門をファンドに売却し、テレビ部門は分社化を行っている。本体に取り込んだスマホ事業は、エレキ再生の中核という位置付けであったことを考えると、販売伸び悩みの影響は大きい。

 各部門での減損が繰り返されたことで、これ以上大規模な損失が出てくる可能性は少なくなった。だが逆に言えば、再生のカギを握る中核事業が次々に消滅しているとも解釈できる。場合によっては、各部門をすべて縮小均衡させる以外に、利益を捻出する方法がなくなってくる可能性もある。

 同社は、日本では珍しいグローバルスタンダードな企業といわれてきた。しかし、今回の業績悪化への対応は、すべて後手に回り、赤字を小出しにしては、巨額損失の発表に追い込まれるという、典型的な日本企業のパターンとなっている。
 同社において唯一、グローバルスタンダードな分野が残っているとするならば、3億5000万円を超えている平井社長の役員報酬くらいなものだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

barroso
米とEUが米欧FTAの交渉開始。これが出来上がるとTPPなど吹っ飛ぶ?

 米国と欧州連合(EU)は13日、米欧における自由貿易協定(FTA)の交渉を開始 …

zakabargukifu
フェイスブック、ザッカーバーグCEOの寄付は本当に寄付なのか?

 SNS最大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)と妻 …

paris
フランスで規制改革法案を大統領が強行採択。規制でがんじがらめの姿はまさに日本

 フランスで規制緩和の法案をめぐって議会が紛糾している。オランド大統領が提出した …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

woldorfastoria
NYの超名門ホテルが中国企業に売却。だが運営の実態は変わらず

 ホテル運営大手のヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスは2014年10月6 …

toq
クアルコムの新しい腕時計型端末。目玉の新型液晶はシャープ技術の流用?

 米クアルコムは9月4日、腕時計型の携帯情報端末「toq(トーク)」を発表した。 …

bananki
FRBが量的緩和縮小を見送り。市場にとってはまったくの「想定外」

 米FRB(連邦準備制度理事会)は9月18日のFOMC(連邦公開市場委員会)にお …