ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会談した。インドと中国は歴史的に国境紛争を繰り返すなど緊張関係が続いてきたが、経済連携重視という立場から両国は急接近している。

indochina

 習氏は、公式な首脳会談に先立ち、モディ首相の誕生日を祝う夕食会にも参加、両国の親密ぶりをアピールした。
 両国は1960年代に紛争を起こしている(中印国境紛争)ほか、チベットの扱いをめぐって武力衝突となり3000人を超える死者を出したこともある。インドとパキスタンの争いでは中国は露骨にパキスタンを支援してきた。

 しらばくは、双方が自制した状態が続いていたが、一昨年にはインド軍の幹部が、中国の南シナ海進出について、必要であれば艦隊を派遣すると発言して物議を醸したこともある。

 だが、ここにきて両国が急速に距離を縮めているのは、経済的理由である。新興国経済の中心であったインドと中国は、このところ経済の伸び悩みに直面している。中国からの投資を望むインドと、インド市場への足がかりを得たい中国の思惑が一致した恰好だ。

 インドはしたたかな国といわれる。インドの現地メディアは、今回の中印会談における最大の目的は、日本と中国を競わせることにあると報道している。
 モディ首相は1日に日本を訪問し安倍首相と会談しているが、安倍氏は、モディ氏をわざわざ京都迎賓館に招き、非公式夕食会の開催や京都観光に同行するなど、異例のもてなしを行った。背景には中国に対する牽制があるといわれる。インドとしては日本と中国を競わせることで、より有利な条件で投資を引き出そうとしている。

 インド側は、ガンジス川の浄化プラントや移動体通信など高付加価値分野は日本に、鉄道や工業団地など低付加価値分野は中国に振り分けようとしているといわれる。

 このところ日本では政府のトップ外交で、製品やサービスの輸出を増やそうという試みが行われている。しかし、低付加価値な分野は中国や韓国といった新興国と確実に競合することになる。
 日本は本来、こうした新興国と競合する立場にいるべき存在ではない。新興国向けの投資で不利な条件にならないよう、日本はさらに産業の高付加価値化を進める必要があるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

mujinkijiko
米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無 …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …

hinomaru
内閣府調査の意外な結果。「愛国心が強い」という人の割合はなぜ急低下した?

 内閣府は2014年3月24日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。愛国心 …

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

obamaabepaku
安倍首相が韓国語で挨拶。日韓首脳会談はとりあえず終始友好ムードで終了

 安倍首相は2014年3月26日、オランダ・ハーグにおいて、オバマ米大統領、朴槿 …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …