ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会談した。インドと中国は歴史的に国境紛争を繰り返すなど緊張関係が続いてきたが、経済連携重視という立場から両国は急接近している。

indochina

 習氏は、公式な首脳会談に先立ち、モディ首相の誕生日を祝う夕食会にも参加、両国の親密ぶりをアピールした。
 両国は1960年代に紛争を起こしている(中印国境紛争)ほか、チベットの扱いをめぐって武力衝突となり3000人を超える死者を出したこともある。インドとパキスタンの争いでは中国は露骨にパキスタンを支援してきた。

 しらばくは、双方が自制した状態が続いていたが、一昨年にはインド軍の幹部が、中国の南シナ海進出について、必要であれば艦隊を派遣すると発言して物議を醸したこともある。

 だが、ここにきて両国が急速に距離を縮めているのは、経済的理由である。新興国経済の中心であったインドと中国は、このところ経済の伸び悩みに直面している。中国からの投資を望むインドと、インド市場への足がかりを得たい中国の思惑が一致した恰好だ。

 インドはしたたかな国といわれる。インドの現地メディアは、今回の中印会談における最大の目的は、日本と中国を競わせることにあると報道している。
 モディ首相は1日に日本を訪問し安倍首相と会談しているが、安倍氏は、モディ氏をわざわざ京都迎賓館に招き、非公式夕食会の開催や京都観光に同行するなど、異例のもてなしを行った。背景には中国に対する牽制があるといわれる。インドとしては日本と中国を競わせることで、より有利な条件で投資を引き出そうとしている。

 インド側は、ガンジス川の浄化プラントや移動体通信など高付加価値分野は日本に、鉄道や工業団地など低付加価値分野は中国に振り分けようとしているといわれる。

 このところ日本では政府のトップ外交で、製品やサービスの輸出を増やそうという試みが行われている。しかし、低付加価値な分野は中国や韓国といった新興国と確実に競合することになる。
 日本は本来、こうした新興国と競合する立場にいるべき存在ではない。新興国向けの投資で不利な条件にならないよう、日本はさらに産業の高付加価値化を進める必要があるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

doller02
欧州の地下経済比率は平均18.5%。日本は比較的良好といわれるが実態は?

 VISAヨーロッパは5月7日、欧州の地下経済の規模は2兆1000億ユーロ(約2 …

puerutoriko
ギリシャ問題のウラでデフォルト騒ぎになっていたプエルトリコ。明らかになった意外と豊かな経済

 ギリシャ問題に世界の注目が集まっているが、同じタイミングでデフォルト騒ぎになっ …

bigdata02
官民が注目するビックデータで深刻な人材不足。日本がいつも人材不足になる理由とは?

 ネット上の履歴など膨大な情報を分析しビジネスに有効活用するという、いわゆる「ビ …

imfasia
IMFがアジアの成長率見通しを公表。結局は中国頼みという構図が明らかに

 IMF(国際通貨基金)は4月29日、アジア太平洋地域の経済見通しを公表した。そ …

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

sbtakasago
再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能 …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …