ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会談した。インドと中国は歴史的に国境紛争を繰り返すなど緊張関係が続いてきたが、経済連携重視という立場から両国は急接近している。

indochina

 習氏は、公式な首脳会談に先立ち、モディ首相の誕生日を祝う夕食会にも参加、両国の親密ぶりをアピールした。
 両国は1960年代に紛争を起こしている(中印国境紛争)ほか、チベットの扱いをめぐって武力衝突となり3000人を超える死者を出したこともある。インドとパキスタンの争いでは中国は露骨にパキスタンを支援してきた。

 しらばくは、双方が自制した状態が続いていたが、一昨年にはインド軍の幹部が、中国の南シナ海進出について、必要であれば艦隊を派遣すると発言して物議を醸したこともある。

 だが、ここにきて両国が急速に距離を縮めているのは、経済的理由である。新興国経済の中心であったインドと中国は、このところ経済の伸び悩みに直面している。中国からの投資を望むインドと、インド市場への足がかりを得たい中国の思惑が一致した恰好だ。

 インドはしたたかな国といわれる。インドの現地メディアは、今回の中印会談における最大の目的は、日本と中国を競わせることにあると報道している。
 モディ首相は1日に日本を訪問し安倍首相と会談しているが、安倍氏は、モディ氏をわざわざ京都迎賓館に招き、非公式夕食会の開催や京都観光に同行するなど、異例のもてなしを行った。背景には中国に対する牽制があるといわれる。インドとしては日本と中国を競わせることで、より有利な条件で投資を引き出そうとしている。

 インド側は、ガンジス川の浄化プラントや移動体通信など高付加価値分野は日本に、鉄道や工業団地など低付加価値分野は中国に振り分けようとしているといわれる。

 このところ日本では政府のトップ外交で、製品やサービスの輸出を増やそうという試みが行われている。しかし、低付加価値な分野は中国や韓国といった新興国と確実に競合することになる。
 日本は本来、こうした新興国と競合する立場にいるべき存在ではない。新興国向けの投資で不利な条件にならないよう、日本はさらに産業の高付加価値化を進める必要があるだろう。

 - 政治, 経済 , , ,

  関連記事

no image
イスラム圏が米国へのサイバーテロ攻撃を実施。銀行システムなどが一部ダウン

 イスラム教を揶揄したされる映画が発端で、西欧社会に対するイスラムの反発が激化し …

no image
次期選挙戦の争点について各党の政策を比較。ある意味で初の政策選挙か?

 12月の衆院選挙に向けて各党の政策が出揃ってきた。民主、自民の2大政党に加えて …

iaea
国際原子力機関(IAEA)が福島の廃炉作業を視察。政府とIAEA側の狙いとは?

 国際原子力機関(IAEA)の調査団は4月22日、約1週間にわたる東京電力福島第 …

electionsakimono00
米大統領選、いよいよ今夜投票開始。選挙先物市場ではオバマ勝利を予測

 米大統領選挙の投票が、いよいよ日本時間の今夜から始まる。明日の午後には体勢が判 …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

yosankyosho2015
オバマ政権が2015年度予算教書を発表。米国の財政収支改善がより明確に

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年会計年度(2014年10月~2015年 …

su24
トルコがロシア軍機を領空侵犯で撃墜。何とも面倒なアサド政権の存在

 トルコ政府は2015年11月24日、内戦が続くシリアとトルコの国境付近において …

wine02
貿易戦争?中国がEUの関税措置に対する報復として、欧州産ワインを標的に

 中国商務省は6月5日、欧州産ワインが中国で不当に安く売られているという業界から …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

rubio
米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人?

 米国の大統領選に共和党から立候補を表明したマルコ・ルビオ上院議員がメディアから …