ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は過去最高。ただ、株式シフトはすでにピークを過ぎた可能性も

 

 日銀は2014年9月18日、2014年4~6月期の資金循環統計を発表した。6月末時点における家計の金融資産残高は前年同期比2.7%増の1645兆円となり、過去最高を記録した。株高によって保有する株式や投資信託の評価額が上昇したことが大きく影響した。

okane

 資金循環統計は、家計や企業、金融機関など部門間のマネーの流れを調べるもので、四半期ごとに発表されている。この統計を見れば、日本の中でお金の流れがどう変わったのか知ることができる。

 個人が保有している金融資産の総額1645兆円のうち、もっとも大きな割合を占めるのが現預金で874兆円となっている。現預金の額は前年同期比で1.6%増加した。一方、株式・出資金は150兆円で前年同期比5.9%増、投資信託は82兆円で14.5%増となっている。債券は逆にマイナス7%で29兆円となっている。

 この結果は、アベノミクスによる株高の影響で、リスク資産へのシフトが進んできたことを示している。ただし、この数値はあくまで前年同期比であり、直近との比較では少し様子が異なる。

 個人金融資産の総額は過去最高だった2013年12月末の数字をわずかに上回っているが、株式や投資信託の数字はこの時期と比較すると減少している。その一方で保険・年金準備金が増加しており、現預金の額はほとんど変わっていない。
 確かに株高の効果でリスク資産へのシフトが進んでいると解釈することはできるが、その動きはすでにピークを過ぎている可能性がある。

 また、企業によるマネーの溜め込みも顕著となっている。企業の現金・預金残高は229兆円と前年同期比で4.2%の増加となった。一方で、日本が保有する対外債権は大幅に伸びており、国内に有効な投資先がない状況が推察される。

 全体的に見れば、やはり資金をを貯め込む傾向が顕著であり、マネーの流れが大きく変わったという状況にはなっていない。

 - 経済

  関連記事

nichigin03
6月の日銀短観。改善が見られるが、大企業中心の産業構造を如実に反映

 日銀は7月1日、6月の企業短期経済観測調査(短観)を発表した。企業の景況感を示 …

jinmingen02
中国の金融引き締めで追い込まれる中小銀行。当局は大混乱覚悟で続行か?

 中国で短期金利が急騰し、流動性が逼迫している問題で、中央銀行にあたる中国人民銀 …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

contena
経常収支が2ヶ月連続の赤字。とうとう日本が経常赤字国へ転落するサインか?

 財務省は2月8日、2012年の国際収支を発表した。それによると、経常収支は4兆 …

toshibakessan
東芝が監査法人の適正意見なしで決算発表を強硬。日本市場はとうとうレッドラインを越えた

 経営危機に陥っている東芝は2017年4月11日、2度にわたって延期していた20 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

taxi
3月の景気ウォッチャー調査は5カ月連続で上昇。中小企業はまだそれを実感できない?

 内閣府は4月8日、3月の景気ウォッチャー調査(街角景気)の結果を発表した。景気 …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

asakusa
日本に来る外国人観光客の数が諸外国と比べて異常に少ないのはなぜ?

 世界経済フォーラムは3月7日、2013年の旅行・観光競争力ランキングを発表した …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …