ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

家計の金融資産は過去最高。ただ、株式シフトはすでにピークを過ぎた可能性も

 

 日銀は2014年9月18日、2014年4~6月期の資金循環統計を発表した。6月末時点における家計の金融資産残高は前年同期比2.7%増の1645兆円となり、過去最高を記録した。株高によって保有する株式や投資信託の評価額が上昇したことが大きく影響した。

okane

 資金循環統計は、家計や企業、金融機関など部門間のマネーの流れを調べるもので、四半期ごとに発表されている。この統計を見れば、日本の中でお金の流れがどう変わったのか知ることができる。

 個人が保有している金融資産の総額1645兆円のうち、もっとも大きな割合を占めるのが現預金で874兆円となっている。現預金の額は前年同期比で1.6%増加した。一方、株式・出資金は150兆円で前年同期比5.9%増、投資信託は82兆円で14.5%増となっている。債券は逆にマイナス7%で29兆円となっている。

 この結果は、アベノミクスによる株高の影響で、リスク資産へのシフトが進んできたことを示している。ただし、この数値はあくまで前年同期比であり、直近との比較では少し様子が異なる。

 個人金融資産の総額は過去最高だった2013年12月末の数字をわずかに上回っているが、株式や投資信託の数字はこの時期と比較すると減少している。その一方で保険・年金準備金が増加しており、現預金の額はほとんど変わっていない。
 確かに株高の効果でリスク資産へのシフトが進んでいると解釈することはできるが、その動きはすでにピークを過ぎている可能性がある。

 また、企業によるマネーの溜め込みも顕著となっている。企業の現金・預金残高は229兆円と前年同期比で4.2%の増加となった。一方で、日本が保有する対外債権は大幅に伸びており、国内に有効な投資先がない状況が推察される。

 全体的に見れば、やはり資金をを貯め込む傾向が顕著であり、マネーの流れが大きく変わったという状況にはなっていない。

 - 経済

  関連記事

wimbledon
自国選手優勝まで77年。ウィンブルドン方式(市場開放)は有効な経済政策になるか?

 テニスの世界4大大会であるウィンブルドン選手権(全英オープン)において、7月7 …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

keizaizaiseisimonkaigi
財政再建とバラマキ予算をいとも簡単に両立させてしまう、財務省のレトリックとは?

 政府は8月2日、経済財政諮問会議を開催し、財政健全化の道筋となる中期財政計画の …

asukuru
アスクルの火災。経営への影響は限定的だが,今後のサービス競争では不利に

 火災が続いていたアスクルの物流倉庫がようやく鎮火した。現時点において、事故の原 …

pepper
ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pep …

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …