ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS)と地上を行き来する新しい有人宇宙船開発の委託先として、米ボーイング社と米スペースX社を選定したと発表した。これまで政府の独壇場だった宇宙開発事業が民間に委託されることで、宇宙の商用利用が一気に拡大する。

 nasamineika 米国は、2011年のスペースシャトル退役後は、有人宇宙船を持っておらず、国際宇宙ステーションへの人員や物資の輸送はすべてロシアに委託してきた。
 NASAが新しい宇宙船を開発しなかった最大の理由は予算不足である。アポロ計画の全盛期、NASAは連邦政府予算の4%を使っていたが、年々予算は削減され、現在では0.5%を切る水準にまで低下している。

 だが一方で、ITの急速な普及により、宇宙技術のコモディティ化が進んでいるという現実があり、米国ではすでに多数の民間宇宙開発会社が登場している。
 NASAはこうした事情を総合的に考慮し、スペースシャトルの退役後は、民間宇宙開発会社への外部委託を進め、NASA自身は、そのマネジメントや惑星探査などに特化する方針を掲げていた。

 国際宇宙ステーションに物資を輸送する無人ロケットの分野では、すでに民間企業への委託が始まっている。今回の決定は、有人宇宙船についても全面的に民間委託を開始するということを意味している。2社への発注金額は、ボーイング社が42億ドル、スペースX社が26億ドルとなっており、2017年の初飛行を目指す。

 宇宙開発は科学技術の頂点といわれ、国家が威信をかけて行うものであった。だが、技術のコモディティ化によって、その状況は大きく変わりつつある。
 それは宇宙開発を手がける国の顔ぶれにも反映されている。以前は宇宙開発を行うことができるのは、米国、旧ソ連、欧州、それに日本だけであった。だが最近 では、韓国、中国、インド、ベトナム、北朝鮮など途上国がこぞって宇宙開発に参入している。

 コモディティ化が進む産業分野でリーダーシップを維持するためには、自らがコモディティ化を主導するのがもっとも効果的である。米国は宇宙開発のコモディティ化の先陣を切ったことで、ITなどの分野と同様、今後もこの分野で圧倒的な競争力を保ち続けるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

gillade
中国が今度は豪の諜報機関をハッキング?だが政府首脳は中国擁護に必死

 オーストラリア放送協会(ABC)は5月27日、中国のハッカー集団が、建設中のオ …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

no image
メガバンクとゆうちょ銀行で不正画面誘導が多発。だが本当に危惧されることとは?

 ネット銀行のホームページに不正が画面が表示され、パスワードなどが盗まれて不正送 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

kokusaishushi201410
国際収支は円安による投資収益の拡大で改善傾向。日本は成熟国への道を歩む

 日本の国際収支が円安によって改善してきた。期待されていた輸出の回復によるもので …