ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS)と地上を行き来する新しい有人宇宙船開発の委託先として、米ボーイング社と米スペースX社を選定したと発表した。これまで政府の独壇場だった宇宙開発事業が民間に委託されることで、宇宙の商用利用が一気に拡大する。

 nasamineika 米国は、2011年のスペースシャトル退役後は、有人宇宙船を持っておらず、国際宇宙ステーションへの人員や物資の輸送はすべてロシアに委託してきた。
 NASAが新しい宇宙船を開発しなかった最大の理由は予算不足である。アポロ計画の全盛期、NASAは連邦政府予算の4%を使っていたが、年々予算は削減され、現在では0.5%を切る水準にまで低下している。

 だが一方で、ITの急速な普及により、宇宙技術のコモディティ化が進んでいるという現実があり、米国ではすでに多数の民間宇宙開発会社が登場している。
 NASAはこうした事情を総合的に考慮し、スペースシャトルの退役後は、民間宇宙開発会社への外部委託を進め、NASA自身は、そのマネジメントや惑星探査などに特化する方針を掲げていた。

 国際宇宙ステーションに物資を輸送する無人ロケットの分野では、すでに民間企業への委託が始まっている。今回の決定は、有人宇宙船についても全面的に民間委託を開始するということを意味している。2社への発注金額は、ボーイング社が42億ドル、スペースX社が26億ドルとなっており、2017年の初飛行を目指す。

 宇宙開発は科学技術の頂点といわれ、国家が威信をかけて行うものであった。だが、技術のコモディティ化によって、その状況は大きく変わりつつある。
 それは宇宙開発を手がける国の顔ぶれにも反映されている。以前は宇宙開発を行うことができるのは、米国、旧ソ連、欧州、それに日本だけであった。だが最近 では、韓国、中国、インド、ベトナム、北朝鮮など途上国がこぞって宇宙開発に参入している。

 コモディティ化が進む産業分野でリーダーシップを維持するためには、自らがコモディティ化を主導するのがもっとも効果的である。米国は宇宙開発のコモディティ化の先陣を切ったことで、ITなどの分野と同様、今後もこの分野で圧倒的な競争力を保ち続けるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kyuryo
政府の賃上げ要請でも平均給与は上がらない?その理由は非製造業へのシフト

 政府は復興特別法人税の前倒し廃止といった企業減税を実施するにあたり、減税分が従 …

jdiishikawa
政府がジャパンディスプレイの株売却を示唆。資金繰り悪化との報道も

 政府が全面的に支援している日の丸液晶メーカー・ジャパンディスプレイ(JDI)の …

imf201310
IMFが最新の世界経済見通しを発表。世界経済の牽引役は新興国から米国へ

 IMF(国際通貨基金)は10月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2013年 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

birukensetsu
4~6月期GDPは予想通りマイナス成長。いよいよアベノミクスの成果が問われる局面へ

 内閣府は2015年8月17日、2015年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

cruise
メキシコ湾巨大クルーズ船立ち往生3日目。だが株価にはほとんど影響なし

 エンジンルームで火災が発生し、航行不能になったメキシコ湾の大型クルーズ船「カー …

canadabank
英国が中央銀行総裁に外国人を登用。日銀の独立性というならこのくらいやってみろ!

 英国が中央銀行の次期総裁に外国人を任命し、市場関係者の中で驚きが広がっている。 …

kyuryo
給与増で法人税減税措置。だが多くの企業で給料が増えることはない

 自民党税制調査会は8日、給与を増額した企業に対して法人税を減額する新たな制度を …

gasstation02
原油の大幅安でも国内のガソリン価格がそれほど下がらない理由

 原油の大幅安が米国の消費を活気づけている。ガソリン価格の下落によって米国の新車 …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …