ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

NASAがスペースシャトルの後継に民間2社を選定。宇宙民営化が一気に進む

 

 NASA(米航空宇宙局)は2014年9月16日、国際宇宙ステーション(ISS)と地上を行き来する新しい有人宇宙船開発の委託先として、米ボーイング社と米スペースX社を選定したと発表した。これまで政府の独壇場だった宇宙開発事業が民間に委託されることで、宇宙の商用利用が一気に拡大する。

 nasamineika 米国は、2011年のスペースシャトル退役後は、有人宇宙船を持っておらず、国際宇宙ステーションへの人員や物資の輸送はすべてロシアに委託してきた。
 NASAが新しい宇宙船を開発しなかった最大の理由は予算不足である。アポロ計画の全盛期、NASAは連邦政府予算の4%を使っていたが、年々予算は削減され、現在では0.5%を切る水準にまで低下している。

 だが一方で、ITの急速な普及により、宇宙技術のコモディティ化が進んでいるという現実があり、米国ではすでに多数の民間宇宙開発会社が登場している。
 NASAはこうした事情を総合的に考慮し、スペースシャトルの退役後は、民間宇宙開発会社への外部委託を進め、NASA自身は、そのマネジメントや惑星探査などに特化する方針を掲げていた。

 国際宇宙ステーションに物資を輸送する無人ロケットの分野では、すでに民間企業への委託が始まっている。今回の決定は、有人宇宙船についても全面的に民間委託を開始するということを意味している。2社への発注金額は、ボーイング社が42億ドル、スペースX社が26億ドルとなっており、2017年の初飛行を目指す。

 宇宙開発は科学技術の頂点といわれ、国家が威信をかけて行うものであった。だが、技術のコモディティ化によって、その状況は大きく変わりつつある。
 それは宇宙開発を手がける国の顔ぶれにも反映されている。以前は宇宙開発を行うことができるのは、米国、旧ソ連、欧州、それに日本だけであった。だが最近 では、韓国、中国、インド、ベトナム、北朝鮮など途上国がこぞって宇宙開発に参入している。

 コモディティ化が進む産業分野でリーダーシップを維持するためには、自らがコモディティ化を主導するのがもっとも効果的である。米国は宇宙開発のコモディティ化の先陣を切ったことで、ITなどの分野と同様、今後もこの分野で圧倒的な競争力を保ち続けるだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

sony
ソニーがiTunesに楽曲を提供開始。とうとうAppleの軍門に下る。

 ソニーは7日、米Apple社が運営するiTunesストアにおいて子会社のソニー …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …

shutoko
笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がな …

bananki
FRBのバーナンキ議長が緩和縮小に慎重姿勢。だが本音はスケジュール通り?

 米FRB(連邦準備制度理事会)の量的緩和策縮小のタイミングをめぐって市場では神 …

doparubyu
フランスの著名俳優が富裕層増税に反発してロシアに移住。著名人の国外脱出が相次ぐ

 ロシア政府は3日、フランスの著名俳優ジェラール・ドパルデュー氏にロシア国籍を付 …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …

goan
ルノーの労使交渉で露呈した、ゴーン会長が受け取る巨額報酬の真相。

 欧州経済の低迷を受けて業績不振が続く仏ルノーのカルロス・ゴーン会長は、現在難航 …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …