ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収不能になっているケースが多数存在していることが、会計検査院の調べで分かった。

kaikeikensain

 2012年度末において、9つの独立行政法人が192の関連会社等に対して出資を行っており、出資金の総額は4909億円に達している。
 会計検査院がこれらの関連会社の経営状況を確認したところ、利益剰余金を計上しているのは73社で、繰越欠損金を計上しているのは119社あった。またこの119社のうち、10社が債務超過となっていた。

 また、独立行政法人に対して配当を行った実績があるのは18社のみとなっており、残りの174社は独立行政法人が株式を取得してから一度も配当を行っていない。出資の際の審査が甘かったり、出資後のマネジメントが不十分だった可能性がある。

 例えば、中小企業整備機構は、2004年に株式会社松坂街づくり公社の株式3億円分を取得している。同社は、コミュニティプラザや駐車場施設の整備などを行ったが、計画通りに利用が伸びず、赤字経営が続いている。
 2012年度決算では、資本金9760万円に対して、繰越欠損金が4億8129億円に達しており、債務超過となっている。当然、中小企業整備機構が保有する同社株の評価額はゼロ円である。

 一方、都市再生機構が出資している新都市センター開発株式会社は、多摩ニュータウンの施設運営を行っており、多額の利益を上げているが、都市再生機構に対しては、設立後一度も配当を行っていなかった(その後、要請を受け2013年度決算から配当を行った)。

 要するに出資に際しての審査や出資後の管理が杜撰ということなのだが、こうした事態が発生する背景には「管理を徹底せよ」という指摘では解決しない、根源的な問題な存在している。

 企業に投資を行い、その価値を高めたり、配当収入を得るという業務は、まさに投資ファンドそのものであり、高いスキルや豊富な経験が求められる仕事のひとつである。民間でもこうした業務をこなせる人材はそう多くない。
 このような業務を、ある意味でまったくの対極的存在ともいえる独立行政法人の職員が行っているということは、それ自体が相当のリスク要因であることを意味している。

 むしろ疑うべきなのは、税金を使って運用されている独立行政法人が、本当にこうした企業への出資を必要としているのかという点である。
 会計検査院には、こうした根本的な部分を指摘する権限は与えられていない。これは政治に対して与えられた課題であり、最終的には国民に対して課せられた問題であるともいえる。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
米大統領選挙戦本格化、スキャンダル合戦始まる

 フロリダ州タンパで共和党大会が開催される。米国はこれから大統領選挙一色になる。 …

no image
ドイツはマネロン大国?質実剛健なイメージが崩れ、欧州問題でも発言力低下か?

 欧州債務問題では、ギリシャやスペインに厳しい条件を突きつけ、断固たる姿勢を崩さ …

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

shukimpeigermany
中国が安心して「日本はドイツに見習え」と主張できるようになった理由

 中国の習近平国家主席が、ドイツ訪問をきっかけに「日本はドイツを見習え」という趣 …

businessman02
非正規社員の数が過去最多。このほかにも実質賃下げを示唆する出来事が増加中

 総務省は8月13日、4~6月期の労働力調査の結果を発表した。それによると、非正 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

mof03
異例の人事が続く財務省。実際は、通常の人事に戻すための布石か?

 財務省は2016年6月17日、幹部人事を発表した。事務次官だった田中一穂氏の後 …

70nendanwayusikisha
70年談話のための有識者懇報告書は、バランスの取れた妥当な内容

 安倍首相が戦後70年談話のために設置した私的諮問機関「21世紀構想懇談会」は2 …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …