ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スコットランドの独立問題。果たして本当に国家分裂の危機だったのか?

 

 英国北部スコットランド独立の賛否を問う住民投票は、賛成が45%、反対が55%(9月19日午後時点)となり、独立は否決された。直前の世論調査では賛否が拮抗し、予測がつかない状況だった。だが、最終的には態度を決めかねていた層の多くが反対に回り、独立は回避される形となった。

scotlandmap02

 スコットランドの独立問題は、近代国家のアイデンティティに対する問いかけであると解釈されており、実際にそのような面が多分にある。だが、英国という少々特異な成り立ちをしている国の出来事であることを考えると、単なる経済問題であり、自治権拡大の問題に過ぎなかったと考えることも可能だ。

 よく知られているように、英国はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つからなる連合国であり、これらを総称してUK(United Kingdom)と呼んでいる。確かにUKという枠組みから見れば、スコットランドの独立は国家の分裂のように見える。

 だが広い意味での英国はもっと柔軟な枠組みである。スコットランド独立派は、UKからの離脱は望んではいるものの、独立後も引き続きエリザベス女王を国家元首にすると表明している。その点では共和国として独立したアイルランドとは状況が異なっている。また通貨についても、英ポンドを利用したいという意向を明らかにしている(英国政府はこれを否定)。

 英国は、かつてオーストラリア、インド、カナダなどからなる英連邦を形成する一方、現在のようにドルが基軸通貨になる前は、ポンドを世界に流通させており、英連邦加盟国を中心にスターリング圏と呼ばれる広範囲な通貨同盟を形成していた。

 現在の英連邦はかなり形骸化しており、かつてのようなスターリング圏は存在しない。だが歴史的文脈で語るとすれば、今回のスコットランドの独立は、単にUKからの離脱であり、英連邦にも、スターリング圏にも残留するという解釈が成立する。
 つまり現在の英連邦に属する国家群と比べれば、限りなく英国に近い立場であり、果たしてこれを、一般的な意味での独立と解釈してよいのかは議論が分かれるところであろう。

 スコットランドは圧倒的に労働党の支持基盤であり、独立支持派は労働党の政策に失望した層が多いといわれている。スコットランドは面積では全体の3分の1を占めているが、人口やGDPは8%程度しかない。今回の独立騒動の背景には、スコットランドの経済格差の問題があるが、これは従来型リベラル政党に対するノーでもある。

 この問題は、結局のところ、スコットランド独立派が当初掲げていた自治権拡大というテーマに収れんしてくるのかもしれない。その意味では、独立か残留かの二者択一を迫り、チキンレースを煽ったキャメロン首相の責任は重いかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

beinakicho02
ベイナー米下院議長が突如辞任。共和党の分断が加速し、大統領選挙にも影響か

 米共和党が混迷の度合いを深めている。予算案の取り扱いをめぐってベイナー下院議長 …

obama201301
安倍首相の早期訪米を米側が拒否。この流れは今に始まったことではない

 早期の訪米で日米安保体制の強化を図り、中国に対する牽制球にするという安倍首相の …

okane003
日本の対外純資産が円安で大幅増大。今後の課題は投資利回りの向上だ

 財務省は5月28日、2012年末の対外資産・負債残高を発表した。それによると日 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

cameron
英国のEU離脱論に米国が懸念を表明。キャメロン首相は苦しい立場に

 EUからの離脱論が高まっている英国に対して、EUと米国が懸念を表明している。  …

saieibun201601
台湾総統選挙で民進党が圧勝。議会も過半数となるのは分離以後初めて

 台湾で2016年1月16日、総統(大統領)選挙が行われ、野党・民進党の蔡英文主 …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …