ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取引所に上場した。上場初日は、公募価格である68ドルを大きく上回る93ドル89セントで取引を終えた。時価総額は約25兆円となり、アマゾンやフェイスブックを超え、同社はグーグルに次ぐ巨大ネット企業となった。

alibaba

 同社は、阿里巴巴(アリババ:企業間取引)、淘宝網(タオバオ:オークション)、天猫(Tmall:ショッピングモール)という3つの主力サイトを持っているが、それぞれの分野で50%~80%という高い市場シェアを持っている。
 同社のビジネスモデルは基本的に楽天に近く、商品を直接販売するのではなく、販売店からの手数料を主な収益源としている。ただアリババと楽天と比較すると、その市場環境の違いが明確になってくる。

 アリババの直近1年間の総取扱高は30兆円を超えている。アマゾンは約8兆円(アマゾンは直販の数字のみ)、楽天は約2兆円なので、とにかく規模が大きい。

 アリババの2014年4~6月期の売上高は157億7100万元(約2791億円)、営業利益は65億4400万元、純利益は124億3800万元だった。同じ期間の総取扱高は約8.5兆円なので、単純に計算すると、商品の販売代金から得られる手数料率は約3.3%ということになる。
 一方、楽天の同じ期間の総取扱高は6131億円、電子商取引の売上高(トラベル含む)は443億円、営業利益は212億円である。商品の取扱代金から得られる手数料率は7.2%ということになる。

 つまり楽天の方が、出店者から2倍以上の手数料を取っている計算になる。アリババも楽天も売上高に対する営業利益率は約50%程度で大差はない。そうなると、楽天はとにかく出店者からたくさん手数料を取るビジネス・モデルということになる。

 実際、楽天の出店者は、楽天から月額基本料金のほかに、システム利用料、決済手数料、アフィリエイト利用料など様々な手数料が徴収される。一部の出店者からは、楽天本体が手数料を取り過ぎているという声も上がっているが、楽天側にはそうしなければならない事情がある。

 それは日本のEC市場のそのものの問題である。実は日本のEC市場はすでに枯れた市場となっている。楽天の利用者は思いのほか高齢者が多く、40歳以上の利用者が約半数を占めている。つまり、日本においては、ネットを利用する潜在層のほとんどは取り込んでしまった可能性があるのだ。
 一方、アリババは中国EC市場にまだまだ伸びる余地があるため、手数料は上げずに、出店者を増やす方が売上げを拡大しやすい。楽天の成長を維持するためには、出店者からより多額の手数料を取る以外に方法はない状況にある。

 このところ楽天の三木谷社長は、海外進出の加速について強調している。こうした方向性を強く打ち出している背景には、国内EC市場の飽和が大きく影響していると考えられる。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

tosho
国債を売って株式へ。日本に対する国際的なマネーの動きに変化が

 日本に対する国際的なお金の流れが変化し始めている。国債を売却して資金を海外に引 …

ur
URの杜撰な事業が浮き彫りにする、官に依存した日本経済の麻薬中毒的体質

 「日本経済の復活」「大胆な規制緩和」といった安倍政権の輝かしいキャッチフレーズ …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

no image
QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

graph
市場の期待インフレ率が急上昇だが金利は急降下。これは何を意味しているか?

 市場の期待インフレ率が上昇している。昨年は0.7%程度で推移していたが、1月に …

ierensamazu
FRB議長の後任人事。市場はサマーズ氏ではなくイエレン副議長を望んでいるが・・・

 米国における量的緩和策の出口戦略が明確になりつつある中、来年早々にも退任すると …

intelbaytrail
売上減に歯止めがかかった米インテル。次はいよいよスマホ市場を攻略?

 半導体世界最大手の米インテルは10月15日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

businessman02
10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …