ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とする組織改編を10月1日付けで実施すると発表した。また、元ローソン会長の新浪剛史氏が、正式に代表取締役社長に就任した。

suntorypuremoru

 現在、同社グループは、持ち株会社であるサントリーホールティングの傘下に、サントリー食品、ビールとスピリッツを扱うサントリー酒類、今年5月に米ビーム社を買収したことで誕生したビームサントリーなどの事業会社が並んでいる。

 ただ、これまでは、酒類と食品という2つの中核事業会社があるという構造になっており、各事業体がそれぞれ独自に事業を展開するという形にはなっていなかった。
 今回の再編では、サントリー酒類からビール事業を分離し、新会社である「サントリービール」に移管する。一方、サントリー酒類は、ビームサントリーの傘下に入ることになる。

 この結果、ウイスキーを中心としたスピリッツはビームサントリーが、ビールはサントリービールが、食品はサントリー食品が担うことになり、商品別に事業会社が構成されることになる。

 特に注目すべきなのはビール事業である。よく知られているように、サントリーのビール事業は「万年赤字」といわれ、ビール事業の赤字を、ウイスキーなど他の事業部門の黒字で補填する状況が続いてきた。しかし、2005年に「ザ・プレミアム・モルツ」が大ヒットし、2008年には、事業開始(正式には再参入)から45年を経て、ようやく黒字化に成功した。

 サントリービールには、宣伝部、海外戦略部、ロジスティクス部などが新設される予定となっており、単独の事業体として活動することが前提となっている。ビール事業の黒字化によって、単独での事業展開がようやく可能となったと解釈することもできるし、一方では、従来のようなグループ全体による支援は期待できなくなったと見ることもできる。

 今回の再編は新浪氏の社長就任に合わせて実施されている。商品ごとに組織を再編することで、それぞれの部門がグローバルに事業を展開する新しい体制が整うことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

usagdp20131012
米国の10~12月期GDPは絶好調。だが新興国が足を引っ張り世界経済の成長は鈍化?

 米国商務省は2014年1月30日、2013年10~12月の国内総生産を発表した …

chart01
米高官が円安を容認し、1ドル=94円台まで下落。円安が続くと多くの関係者が考えるワケ

 為替市場において円安の動きが加速している。週明け11日のニューヨーク市場の円相 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

bankofhina
中国当局が国営放送を使って中国銀行の海外送金サービスを糾弾している背景

 中国の国営放送局である中国中央テレビ(CCTV)が、中国有数の銀行である中国銀 …

goldenspike
とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …

kengyo
欧米で仕事を掛け持ちする「マルチワーカー」が増加中。日本では普及しないワケ

 複数の仕事を掛け持ちする人をマルチワーカーと呼ぶが、不況が長引く欧州ではマルチ …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

trybol
スイスで経営者の高額報酬を制限する国民投票を実施。立役者の主張とは?

 企業幹部が受け取る高額報酬の制限をめぐってスイスで国民投票が実施される見込みと …

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …