ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とする組織改編を10月1日付けで実施すると発表した。また、元ローソン会長の新浪剛史氏が、正式に代表取締役社長に就任した。

suntorypuremoru

 現在、同社グループは、持ち株会社であるサントリーホールティングの傘下に、サントリー食品、ビールとスピリッツを扱うサントリー酒類、今年5月に米ビーム社を買収したことで誕生したビームサントリーなどの事業会社が並んでいる。

 ただ、これまでは、酒類と食品という2つの中核事業会社があるという構造になっており、各事業体がそれぞれ独自に事業を展開するという形にはなっていなかった。
 今回の再編では、サントリー酒類からビール事業を分離し、新会社である「サントリービール」に移管する。一方、サントリー酒類は、ビームサントリーの傘下に入ることになる。

 この結果、ウイスキーを中心としたスピリッツはビームサントリーが、ビールはサントリービールが、食品はサントリー食品が担うことになり、商品別に事業会社が構成されることになる。

 特に注目すべきなのはビール事業である。よく知られているように、サントリーのビール事業は「万年赤字」といわれ、ビール事業の赤字を、ウイスキーなど他の事業部門の黒字で補填する状況が続いてきた。しかし、2005年に「ザ・プレミアム・モルツ」が大ヒットし、2008年には、事業開始(正式には再参入)から45年を経て、ようやく黒字化に成功した。

 サントリービールには、宣伝部、海外戦略部、ロジスティクス部などが新設される予定となっており、単独の事業体として活動することが前提となっている。ビール事業の黒字化によって、単独での事業展開がようやく可能となったと解釈することもできるし、一方では、従来のようなグループ全体による支援は期待できなくなったと見ることもできる。

 今回の再編は新浪氏の社長就任に合わせて実施されている。商品ごとに組織を再編することで、それぞれの部門がグローバルに事業を展開する新しい体制が整うことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

intelbaytrail
インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決 …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

kokuritsukyogijo
新国立競技場の建設費用は何と2500億円。昔の東京オリンピックと比較すると?

 東京オリンピックの会場となる新国立競技場の建設費が2500億円を突破する見通し …