ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とする組織改編を10月1日付けで実施すると発表した。また、元ローソン会長の新浪剛史氏が、正式に代表取締役社長に就任した。

suntorypuremoru

 現在、同社グループは、持ち株会社であるサントリーホールティングの傘下に、サントリー食品、ビールとスピリッツを扱うサントリー酒類、今年5月に米ビーム社を買収したことで誕生したビームサントリーなどの事業会社が並んでいる。

 ただ、これまでは、酒類と食品という2つの中核事業会社があるという構造になっており、各事業体がそれぞれ独自に事業を展開するという形にはなっていなかった。
 今回の再編では、サントリー酒類からビール事業を分離し、新会社である「サントリービール」に移管する。一方、サントリー酒類は、ビームサントリーの傘下に入ることになる。

 この結果、ウイスキーを中心としたスピリッツはビームサントリーが、ビールはサントリービールが、食品はサントリー食品が担うことになり、商品別に事業会社が構成されることになる。

 特に注目すべきなのはビール事業である。よく知られているように、サントリーのビール事業は「万年赤字」といわれ、ビール事業の赤字を、ウイスキーなど他の事業部門の黒字で補填する状況が続いてきた。しかし、2005年に「ザ・プレミアム・モルツ」が大ヒットし、2008年には、事業開始(正式には再参入)から45年を経て、ようやく黒字化に成功した。

 サントリービールには、宣伝部、海外戦略部、ロジスティクス部などが新設される予定となっており、単独の事業体として活動することが前提となっている。ビール事業の黒字化によって、単独での事業展開がようやく可能となったと解釈することもできるし、一方では、従来のようなグループ全体による支援は期待できなくなったと見ることもできる。

 今回の再編は新浪氏の社長就任に合わせて実施されている。商品ごとに組織を再編することで、それぞれの部門がグローバルに事業を展開する新しい体制が整うことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

tosho02
アベノミクスによる株高で世帯貯蓄額が大幅増加。ただし恩恵は富裕層のみ

 総務省は2014年5月16日、2013年の家計調査報告(二人以上の世帯)を発表 …

no image
エコカー補助金をもらっておきながら自動車税廃止を要求する厚顔無恥な自動車業界

 自動車業界関連団体は29日、自動車2税(自動車取得税と自動車重量税)の廃止を要 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

caterpilar
世界経済の映し鏡である米キャタピラーの決算。中国景気失速の影響で売上は大幅減

 米建設機械大手のキャタピラーは10月23日、7~9月期の決算を発表した。キャタ …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

businessman02
2016年1~3月期GDPはプラス転換だが、うるう年効果が大きく実質ゼロ成長

 内閣府は2016年4月18日、2016年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

josei
イオンが女性管理職の割合を一気に50%に拡大。女性の社会進出はもはや必然

 小売り大手のイオンは5月16日、管理職に占める女性の割合を、現在の7%から20 …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …