ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.1%の上昇となった。5月以降、物価上昇率は着実に鈍化してきている。日銀の物価目標達成はさらに困難な状況になりつつある。

bukkajoushou

 コア指数は、5月が3.4%、6月が3.3%、7月が3.3%であった。6月と7月で下げ止まるかと思われたが、8月はさらに伸び率が鈍化し3.1%にとどまった。日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は1.1%ということになる。

 最終的な物価目標の対象となるのは総合指数だが、コア指数とあまり変わらず8月が3.3%となっている。日銀が設定した物価目標の達成はかなり難しくなっている。

 物価目標の達成が難しくなっているからといって、日銀に対する追加緩和の圧力が高まるのかというと、必ずしもそうではないようだ。というのも、このところ急激に進行した円安で、輸入物価の上昇が懸念されているからだ。

 輸入物価が上昇すると、いずれは最終製品価格やサービス価格に跳ね返ってくる。このため、物価上昇率が鈍化しているにもかかわらず、市場の肌感覚としては、むしろインフレを懸念する声が大きいのが現実となっている。このような環境で、インフレを加速しかねない追加緩和に踏み切るのは、難しい判断となるだろう。

 もっとも市場が懸念しているのは、インフレというよりもスタグフレーションなのかもしれない。物価の上昇はそれほどではなくても、景気が回復せず、賃金の上昇が進まないことで生活実感が悪化することを懸念しているのである。
 実際、物価を考慮した実質賃金の伸びはマイナスになっているし、26日に発表された国税庁の2013年民間給与実態統計調査でも、給与総額は伸びているものの、低賃金である非正規労働者の増加が目立っている。庶民の生活実感が苦しくなっていることは容易に想像できる。

 日銀の黒田総裁は、このところ円安を容認するともとれる発言を繰り返しており、円安による物価上昇はあまり問題視していないようである。また日銀のホンネとしては、当然のことながら、追加緩和には踏み切りたくない。
 そうなってくると、まずは円安による物価上昇を最優先するというスタンスになる可能性が高いが、果たしてどうだろうか。

 - 経済 , ,

  関連記事

asohadaijin201406
麻生大臣による「守銭奴」発言。表現は下品だが、本質を突いている

 麻生財務大臣は2015年1月5日、日本企業が内部留保を蓄積していることについて …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

kinkakaku
金価格が急落。ドルの復権で金は再び表舞台から姿を消す運命なのか?

 これまで長期にわたって上昇が続いてきた金相場が変調している。15日のニューヨー …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

kokusaishushi201406
上期の経常収支が赤字に。経常赤字を前提にした体制の整備が必要

 財務省は2014年8月8日、2014年上半期の国際収支を発表した。最終的な国の …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

francisco1
排他的になると逆に伝統文化はダメになる。日本人が傾聴すべきローマ法王の説法

 伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランス …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …