ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.1%の上昇となった。5月以降、物価上昇率は着実に鈍化してきている。日銀の物価目標達成はさらに困難な状況になりつつある。

bukkajoushou

 コア指数は、5月が3.4%、6月が3.3%、7月が3.3%であった。6月と7月で下げ止まるかと思われたが、8月はさらに伸び率が鈍化し3.1%にとどまった。日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は1.1%ということになる。

 最終的な物価目標の対象となるのは総合指数だが、コア指数とあまり変わらず8月が3.3%となっている。日銀が設定した物価目標の達成はかなり難しくなっている。

 物価目標の達成が難しくなっているからといって、日銀に対する追加緩和の圧力が高まるのかというと、必ずしもそうではないようだ。というのも、このところ急激に進行した円安で、輸入物価の上昇が懸念されているからだ。

 輸入物価が上昇すると、いずれは最終製品価格やサービス価格に跳ね返ってくる。このため、物価上昇率が鈍化しているにもかかわらず、市場の肌感覚としては、むしろインフレを懸念する声が大きいのが現実となっている。このような環境で、インフレを加速しかねない追加緩和に踏み切るのは、難しい判断となるだろう。

 もっとも市場が懸念しているのは、インフレというよりもスタグフレーションなのかもしれない。物価の上昇はそれほどではなくても、景気が回復せず、賃金の上昇が進まないことで生活実感が悪化することを懸念しているのである。
 実際、物価を考慮した実質賃金の伸びはマイナスになっているし、26日に発表された国税庁の2013年民間給与実態統計調査でも、給与総額は伸びているものの、低賃金である非正規労働者の増加が目立っている。庶民の生活実感が苦しくなっていることは容易に想像できる。

 日銀の黒田総裁は、このところ円安を容認するともとれる発言を繰り返しており、円安による物価上昇はあまり問題視していないようである。また日銀のホンネとしては、当然のことながら、追加緩和には踏み切りたくない。
 そうなってくると、まずは円安による物価上昇を最優先するというスタンスになる可能性が高いが、果たしてどうだろうか。

 - 経済 , ,

  関連記事

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

bouekitoukei201303
円安の効果も半減?日本の輸出数量減少に歯止めがかからない!

 財務省は4月18日、3月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

usagdp20150730
まずまずだった米4~6月期GDP。実質的に利上げは始まっている

 米商務省は2015年7月30日、4~6月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

gekyutoki
GEが家電部門を売却交渉。金融部門の分離に続いて、インフラ事業への集中が加速

 スウェーデンに本社を置く、欧州の家電大手エレクトロラックスは2014年8月14 …

no image
インテルとクアルコムがシャープに出資?事実だとしてもインパクトは小さい

 出所不明の情報が跳梁跋扈するシャープ周辺からまた奇妙なニュースが飛び込んできた …

no image
日産のゴーン会長、フランスではホンネ連発。だがそれは日本人自身が招いたこと

 日産・ルノーのカルロス・ゴーン会長はパリのモーターショーで、欧州では過剰生産能 …