ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

物価上昇の伸びは着実に鈍化。だが一方で国民はインフレを懸念

 

 総務省は2014年9月26日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.1%の上昇となった。5月以降、物価上昇率は着実に鈍化してきている。日銀の物価目標達成はさらに困難な状況になりつつある。

bukkajoushou

 コア指数は、5月が3.4%、6月が3.3%、7月が3.3%であった。6月と7月で下げ止まるかと思われたが、8月はさらに伸び率が鈍化し3.1%にとどまった。日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は1.1%ということになる。

 最終的な物価目標の対象となるのは総合指数だが、コア指数とあまり変わらず8月が3.3%となっている。日銀が設定した物価目標の達成はかなり難しくなっている。

 物価目標の達成が難しくなっているからといって、日銀に対する追加緩和の圧力が高まるのかというと、必ずしもそうではないようだ。というのも、このところ急激に進行した円安で、輸入物価の上昇が懸念されているからだ。

 輸入物価が上昇すると、いずれは最終製品価格やサービス価格に跳ね返ってくる。このため、物価上昇率が鈍化しているにもかかわらず、市場の肌感覚としては、むしろインフレを懸念する声が大きいのが現実となっている。このような環境で、インフレを加速しかねない追加緩和に踏み切るのは、難しい判断となるだろう。

 もっとも市場が懸念しているのは、インフレというよりもスタグフレーションなのかもしれない。物価の上昇はそれほどではなくても、景気が回復せず、賃金の上昇が進まないことで生活実感が悪化することを懸念しているのである。
 実際、物価を考慮した実質賃金の伸びはマイナスになっているし、26日に発表された国税庁の2013年民間給与実態統計調査でも、給与総額は伸びているものの、低賃金である非正規労働者の増加が目立っている。庶民の生活実感が苦しくなっていることは容易に想像できる。

 日銀の黒田総裁は、このところ円安を容認するともとれる発言を繰り返しており、円安による物価上昇はあまり問題視していないようである。また日銀のホンネとしては、当然のことながら、追加緩和には踏み切りたくない。
 そうなってくると、まずは円安による物価上昇を最優先するというスタンスになる可能性が高いが、果たしてどうだろうか。

 - 経済 , ,

  関連記事

pfi
PFIが成長戦略の中核として急浮上。だがその実態はハコモノ行政の維持

 政府の成長戦略における中核的プランとして、民間資金を活用したインフラ整備(PF …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

amazonbutsuryu
アマゾンがマーケットプレイス商品もお急ぎ便の対象に。楽天との差がさらに拡大?

 アマゾンがロジスティクスの強化を加速させている。マーケットプレイスの商品につい …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

kuroda
株価9連騰の背景には日銀による強力な買い支え効果が。その意図は?

 日経平均は8月8日の急落以後、一転して9連騰となり、1万5500円を突破した。 …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

sharp
シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた …