ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えているという実態が国税庁の調査で明らかになった。雇用は増えているものの、国民全体における生活実感の低下が懸念される。

kyuryo

 民間企業で働く従業員(非正規含む)が2013年に受け取った給与の総額は192兆1498億円となり、前年に比べ3.4%増加した。給与の平均額は413万6000円となっており、こちらも前年より1.4%増加している。
 従業員の数も増えているが、その伸び率は正社員よりも非正規社員の方が高い。正社員数の伸び率は1.5%だが、非正規社員は5.3%となっている。非正規社員の給与は正社員よりも圧倒的に低く、しかも非正規社員の平均給与は逆に0.1%減少している。

 これまで職についていなかった人が新しく非正規社員になった場合は純粋にプラスとなるが、正社員から非正規社員にシフトした場合には、賃金全体にはマイナスの効果を及ぼすことになる。
 日銀の量的緩和策で物価はある程度上昇しているが、賃金はそれに追い付いておらず、実質賃金はマイナスの状態が続いている。その原因の一つは、給与水準の低い非正規社員が増加していることにあると考えられる。

 正社員と非正規社員の問題とは別に、企業の内部でより賃金の安い非正規社員が増加しているということは、基本的に賃金に割り振る原資が少ないことを示している。

 日本企業の内部留保のうち現金保有は過去最高水準となっており、これは国内に目立った設備投資先がないことを示している。大企業を中心に高い利益率を確保しているにも関わらず、設備投資を積極的に行っていないということは、日本企業が完全に縮小均衡モードになっており、人件費の削減によって利益を上げている状態と考えられる。

 従業員の給与を上げるには生産性を上げるしかないが、今のところ日本企業は、生産性を向上させるのではなく、人件費総額を抑制して利益を確保する方向性のようである。
 本来であれば、豊富な資金を活用してM&Aなどを行い、海外市場に打って出るという戦略が考えられるが、そうした体制を取れる日本企業は少ないというのが現実だ。

 当面は、人件費の削減を軸とした、消極的な経営戦略が続く可能性が高い。アベノミクスによるインフレ政策が、実質賃金の低下をもたらし、消極的な企業の利益率向上に寄与しているのだとすると、皮肉というよりほかない。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

kosakukiki
日本企業の設備投資がとうとう底入れ?3月の機械受注は大幅増加に

 これまで株高による個人消費の活性化ばかりが目立っていた日本経済だが、製造業の状 …

suntory
サントリーが本体ではなく子会社を上場。経営権は手放したくないがカネだけは欲しいらしい

 サントリーホールディングスは主力子会社で清涼飲料事業を手がけるサントリー食品イ …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

bananki
バーナンキ議長の議会証言。量的緩和縮小は既定路線になったと解釈すべき

 FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ議長は7月17日、米議会で証言を行った …

no image
スパイ企業?のファーウェイが英国本格進出。そのウラには何が?

 中国の通信機器メーカー大手、華為技術(ファーウェイ)が英国に6億ポンドを投資し …

kabuka
論点整理。英国のEU離脱が世界経済に与える影響は3段階ある

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票で、離脱派が予想外の勝利を …

kosakukiki
製造業の設備投資がようやく回復基調に。だが実態は米国景気に依存した綱渡り

 内閣府は11月13日、9月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電 …

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …