ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

CIA長官が不倫で辞任。女性記者との破廉恥を暴いたのはライバルFBI

 

 日本はインテリジェンス(諜報活動)後進国といわれ、諸外国と比べてこの分野に対する意識が低いといわれてきた。だがインテリジェンス大国と呼ばれる国も、日本人が思うほど完璧ではないようである。

 米中央情報局(CIA)の長官で、軍在籍時にはイラク戦争における英雄でもあったペトレアス氏が9日、不倫問題を理由にCIAを引責辞任した。

 不倫の相手は担当の女性記者。ペトレアス氏がアフガン駐留の司令官だったときに同行取材し、伝記も出版したという。インテリジェンスの世界では、異性を使って情報を盗み出す手法はハニートラップと呼ばれ非常に一般的。このため私生活に問題がある人はインテリジェンス関係の要職についてはならないとされている。

 不倫騒動が発覚するきっかけになったのは米連邦捜査局(FBI)の捜査。ペトレアス氏がこの女性記者に送信したメールをFBIが傍受、機密漏洩の疑いで捜査していたという。FBIは近年、犯罪捜査から対テロ捜査に人員をシフトしており、CIAと競合している。FBIは競合相手のCIA長官も捜査のターゲットにしていたことになる。
 今回の辞任は大統領選と重なっており、権力闘争の可能性も高い。だが理由はともあれ、不倫をしていたのは事実であり、しかも担当の女性記者に手を出すというかなり安直で安っぽいパターン。ベトレアス氏は人格者として知られていたとのことだが、CIA長官としてそれ以前の問題であった。

 また2007年には英国において、諜報機関MI6のソワーズ長官が、Facebookに自宅、勤務先、交友関係、休暇中の滞在先など詳細な個人情報や家族写真を掲載し問題になったこともある。これは長官就任前でしかも夫人が勝手に行ったものということだが、危機管理意識の低さに批判が集中した。

 米メディアの最近の調査報道によると、CIAの対外工作活動は、結果が公表されていないだけで、多くが失敗に終わっているという。
 日本の危機管理のなさは確かに救いようがないレベルではあるが、諸外国のインテリジェンス能力についても過大評価しない方がよいだろう。

 - 政治

  関連記事

fbx-t
京都府が米軍レーダー受け入れを表明。中国は不快感を表明するもポーズか?

 京都府の山田啓二知事は9月19日、京都府京丹後市の航空自衛隊経ケ岬分屯基地に設 …

blackbyte
ブラックバイトに対抗する労働組合が結成。効果はどの程度あるのか?

 長時間労働の強制や賃金未払いなど、学生アルバイトに対する不当な扱いに対抗する労 …

kankokugenpatu02
韓国の原子力産業に暗雲。相次ぐ原発トラブルと米韓交渉決裂で再処理も不可能に

 韓国で再び原子力発電所のトラブルが発生している。慶州市にある新月城原発1号機が …

abeobama
安倍首相が米議会で演説。なぜ今まで長期にわたって実現しなかったのか

 安倍首相は2015年4月29日、米議会の上下両院合同会議で演説を行った。米議会 …

abekaiken
成長戦略の目玉である産業競争力強化法案は、規制緩和に関する規制を強化する法案?

 安倍政権は、秋の臨時国会において成長戦略の目玉とされる「産業競争力強化法案」を …

runesasu003
ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

shukinoeisai
訪中した金正恩氏の特使が帰国ギリギリで習近平主席と会談。垣間見える中国側の苛立ち

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問している朝鮮人民軍総政治局長の崔竜 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …