ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

CIA長官が不倫で辞任。女性記者との破廉恥を暴いたのはライバルFBI

 

 日本はインテリジェンス(諜報活動)後進国といわれ、諸外国と比べてこの分野に対する意識が低いといわれてきた。だがインテリジェンス大国と呼ばれる国も、日本人が思うほど完璧ではないようである。

 米中央情報局(CIA)の長官で、軍在籍時にはイラク戦争における英雄でもあったペトレアス氏が9日、不倫問題を理由にCIAを引責辞任した。

 不倫の相手は担当の女性記者。ペトレアス氏がアフガン駐留の司令官だったときに同行取材し、伝記も出版したという。インテリジェンスの世界では、異性を使って情報を盗み出す手法はハニートラップと呼ばれ非常に一般的。このため私生活に問題がある人はインテリジェンス関係の要職についてはならないとされている。

 不倫騒動が発覚するきっかけになったのは米連邦捜査局(FBI)の捜査。ペトレアス氏がこの女性記者に送信したメールをFBIが傍受、機密漏洩の疑いで捜査していたという。FBIは近年、犯罪捜査から対テロ捜査に人員をシフトしており、CIAと競合している。FBIは競合相手のCIA長官も捜査のターゲットにしていたことになる。
 今回の辞任は大統領選と重なっており、権力闘争の可能性も高い。だが理由はともあれ、不倫をしていたのは事実であり、しかも担当の女性記者に手を出すというかなり安直で安っぽいパターン。ベトレアス氏は人格者として知られていたとのことだが、CIA長官としてそれ以前の問題であった。

 また2007年には英国において、諜報機関MI6のソワーズ長官が、Facebookに自宅、勤務先、交友関係、休暇中の滞在先など詳細な個人情報や家族写真を掲載し問題になったこともある。これは長官就任前でしかも夫人が勝手に行ったものということだが、危機管理意識の低さに批判が集中した。

 米メディアの最近の調査報道によると、CIAの対外工作活動は、結果が公表されていないだけで、多くが失敗に終わっているという。
 日本の危機管理のなさは確かに救いようがないレベルではあるが、諸外国のインテリジェンス能力についても過大評価しない方がよいだろう。

 - 政治

  関連記事

obamakakusa
オバマ政権が富裕層課税を提唱。日米における格差の質的違いが際立つ

 オバマ政権は2015年1月18日、格差解消のため富裕層課税を強化する方針を打ち …

ishiba
石破幹事長の出番がない!TPP参加は政府に一任で、反対派はいとも簡単に陥落。

 それなりの抵抗が予想されていた自民党のTPP反対陣営がいとも簡単に落城した。安 …

joshi
大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

fcatokai
米国からのプルトニウム返還要請は何を意味しているのか?

 日本政府が、米国から研究用として提供されていた高濃度プルトニウムを、米国に返還 …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

maruhi
特定秘密保護法案に関する日本人の何ともお粗末な議論

 政府は10月4日、特定秘密保護法案に関するパブリックコメントの結果を公表した。 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

hatoyamachina
小野寺防衛相の鳩山氏「国賊」発言は、中国側を利するだけ

 文化交流の名目で訪中し、中国よりの発言を繰り返している鳩山元首相に対して、とう …

jimintohonbu
自民・公明が消費税率軽減策で合意。結局8%段階で軽減策は導入されず

 自民、公明両党は23日、与党税制協議会を開催し、焦点となっていた消費増税に対す …