ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

CIA長官が不倫で辞任。女性記者との破廉恥を暴いたのはライバルFBI

 

 日本はインテリジェンス(諜報活動)後進国といわれ、諸外国と比べてこの分野に対する意識が低いといわれてきた。だがインテリジェンス大国と呼ばれる国も、日本人が思うほど完璧ではないようである。

 米中央情報局(CIA)の長官で、軍在籍時にはイラク戦争における英雄でもあったペトレアス氏が9日、不倫問題を理由にCIAを引責辞任した。

 不倫の相手は担当の女性記者。ペトレアス氏がアフガン駐留の司令官だったときに同行取材し、伝記も出版したという。インテリジェンスの世界では、異性を使って情報を盗み出す手法はハニートラップと呼ばれ非常に一般的。このため私生活に問題がある人はインテリジェンス関係の要職についてはならないとされている。

 不倫騒動が発覚するきっかけになったのは米連邦捜査局(FBI)の捜査。ペトレアス氏がこの女性記者に送信したメールをFBIが傍受、機密漏洩の疑いで捜査していたという。FBIは近年、犯罪捜査から対テロ捜査に人員をシフトしており、CIAと競合している。FBIは競合相手のCIA長官も捜査のターゲットにしていたことになる。
 今回の辞任は大統領選と重なっており、権力闘争の可能性も高い。だが理由はともあれ、不倫をしていたのは事実であり、しかも担当の女性記者に手を出すというかなり安直で安っぽいパターン。ベトレアス氏は人格者として知られていたとのことだが、CIA長官としてそれ以前の問題であった。

 また2007年には英国において、諜報機関MI6のソワーズ長官が、Facebookに自宅、勤務先、交友関係、休暇中の滞在先など詳細な個人情報や家族写真を掲載し問題になったこともある。これは長官就任前でしかも夫人が勝手に行ったものということだが、危機管理意識の低さに批判が集中した。

 米メディアの最近の調査報道によると、CIAの対外工作活動は、結果が公表されていないだけで、多くが失敗に終わっているという。
 日本の危機管理のなさは確かに救いようがないレベルではあるが、諸外国のインテリジェンス能力についても過大評価しない方がよいだろう。

 - 政治

  関連記事

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

romuni02
米大統領選挙のTV討論会第3回(最終回)が終了。今回もオバマ大統領優勢か?

 米大統領選挙の第3回TV討論会が22日終了した。これで大統領選挙のTV討論会は …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

urumuchi
中国メディアの報道から垣間見える新疆ウイグル自治区の治安維持の現状

 中国の新疆ウイグル自治区は、人口の大半がイスラム教徒のウイグル族で占められてお …

amari
賃上げ拒否にはペナルティという甘利氏の発言は日本に何をもたらすか?

 政府が賃上げを行わない企業に対する締め付けを厳しくしようとしている。甘利経済再 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

isuramutero
イスラム国による邦人殺害予告。真価が問われる日本版NSCと日本人

 イスラム過激派組織「イスラム国」のグループは2015年1月20日、日本人男性2 …