ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっている。一部からは、楽天とケンコーコムによる市販薬の非対面取引の議論と同じような状況になってきたとの声も聞かれる。

fudosanchirasi

 現在、国土交通省ではネットを使った非対面取引の普及について検討会を行っている。6月に作成された中間取りまとめ案には「現行制度下において対面を前提としている重要事項説明や、電子的手法による交付を認めていない各種書面の交付についても、改めてITの活用について検討する必要がある」という記述が盛り込まれており、ネットを活用する方向性で議論が進められている。

 ただ内実は、従来の取引慣行を維持したい業界団体と、楽天の三木谷社長が中心となって設立した新経済連盟などネット推進派との間で真っ向から対立する状況となっている。検討会では、議論の土台となる資料の記載が、ネット解禁を骨抜きにする内容になっているとして、新経連側が多くの要望を出している。

 日本の不動産取引は、対面が原則となっており、宅地建物取引主任者が重要説明事項について顧客に直接説明している。また資金の決済も当事者が直接顔を合わせて行われることが多い。
 ただ現実には、この重要説明事項はただの儀式になっているケースが多く、現実的な消費者保護につながっているとは言い難い。また日本の不動産取引は米国と異なり、決済に第三者が入らないため、資金決済においてリスクがあると指摘する声もある。逆にいえば、立ち会いでの決済という慣行は、こうしたトラブルを回避するために形成されてきたと考えることもできる。

 ただ、日本の不動産取引の慣行によって、著しく消費者の権利が侵害されているのかというと必ずしもそうではない。近隣地域に住む日本人どうしの取引であれば、ある程度合理性のある取引慣行であり、これまでは大きな問題になっていなかったというのが実際のところであろう。

 ただ、今後は様々な立場の人を不動産売買に呼び込み、遠隔地や外国からの投資も含めて、市場を活性化させていく必要がある。そういった見地に立った場合、対面と紙を基本とした現行の取引慣行は大きな障害となる可能性が高い。
 米国の場合には、電子サインが比較的普及しているだけでなく、紙ベースではあるものの、サインしたのちPDFにして送付し、双方が確認した上で、原本を送るという、現実的取引も多く行われている。

 日本ではすぐ形式論となり、対面か非対面かという極端な話になりがちである。だが不動産の取引は、物件や地域、売買当事者の属性などによって様々なケースが存在する。現実に普及しているITツールをベースに、どれだけ合理的でシンプルに取引を進めることができるのかという視点での議論が重要である。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

keizaihakusho2015
経済財政白書が指摘する、日本の労働生産性とイノベーションの問題

 政府は2015年8月14日、2015年度の経済財政報告(経済財政白書)をまとめ …

iondaiei
イオンがダイエーを吸収合併?イオンによるダイエー株取得が意味するもの

 小売り大手のイオンが、丸紅が保有するダイエーの株式を買い取ること前提に丸紅と交 …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

jutakugai
低所得者層でなぜか持ち家比率が急増。そのカラクリはつまらない話だった

 持ち家を購入する世帯が増加していることが総務省の家計調査で明らかになった。20 …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …

googlehead
グーグルの決算から垣間見る、インターネット経済の近未来

 ネット検索最大手の米グーグルは2014年1月30日、2013年10~12月期の …