ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局がニセのアプリでデモ参加者を盗聴?民主化をめぐる諜報活動が活発化

 

 香港の民主化を求めるデモの参加者に、偽のアプリをダウンロードするよう促すメッセージが多数届いていると欧米メディアが報じている。アプリをダウンロードすると、位置情報が盗み取られるほか、電話が盗聴される恐れがあるという。IT技術者らは中国政府が関与している可能性が高いと指摘している。

honkongdemotocho

   問題のアプリのダウンロード・リンクは、メッセージング・サービス「WhatsApp」を介して広くデモ参加者に送られているという。メッセージには 「Code4HKがデザインしたこのアプリをチェックして、「セントラルを占拠せよ」と協調しよう」と書かれている。
 実際にダウンロードすると、位置情報が読み取られるほか、場合によっては、パスワードや口座情報などに個人データが抜き取られるという。また電話をした場合にはそれが盗聴される可能性もあるという。

 Code4HKというのは、香港の民主化運動を支援するプログラマーのグループだが、同グループはこのアプリは作成していないという。攻撃対象がデモ参加者であることや、サーバーが設置された場所などから、中国政府がデモ参加者の情報収集を目的に実施したものであるとの見方が強まっている。

 中国政府は、以前から民主化運動のツールとなっているネット上の各種サービスに神経を尖らせてきた。デモが発生した当初は、中国版ツイッターであるウェイボーに対してキーワード制限をかけていた。また、デモ参加者の多くが、画像共有アプリであるインスタグラムを利用していたことから、SNSにおける画像閲覧制限も実施していた模様だ(ウェイボーへの制限は後に解除)。

  ニセのアプリを流布させ、デモ参加者の個人情報を収集したり、デマ拡散に利用するといった行為を中国当局が行うことは、以前から予想されていたことである。今回、こうした報道が出たことで、そうした予想が現実であったことが明確になったにすぎない。

 中国共産党にとって、香港市民を弾圧することは、リスクが大きすぎる。だが、香港の民主化デモを放置した場合には、中国国内にも民主化運動が広がる可能性がある。また台湾の民主化運動と香港の活動が連携してしまうと、台湾の一体化についても障害が出てくる。
 中国共産党としては、香港のデモが自壊するパターンで収束するのがもっとも都合がよい。サイバー攻撃を使って情報戦を行い、デモグループを分裂させるなどの工作が今後も続く可能性が高い。

 - 政治, IT・科学 , , , ,

  関連記事

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

nichigin02
円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

suzukimuneoototake
ベビーシッターをめぐる鈴木宗男vs乙武の論争は、日本社会の映し鏡

 埼玉県でベビーシッターに預けていた男児が死亡し、シッターの男が逮捕された問題で …

mof02
国の借金は1000兆円を突破。日本は資産も持っているので問題ないとの意見もあるが・・・

 財務省は8月9日、国債などの残高を合計した「国の借金」が初めて1000兆円を超 …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

dappokusha
脱北者が北朝鮮に戻る事例が韓国で多発。北朝鮮による脅迫と懐柔の両面策

 北朝鮮から脱出し、韓国に一度は定住したいわゆる脱北者が、ふたたび北朝鮮に戻って …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

no image
日米共同の離島奪還訓練が中止に。米国側も訓練に及び腰だった

 政府は、11月に行われる自衛隊と在日米軍による共同演習において、実施予定であっ …