ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数の増加は24万8000人と事前予想を大きく上回った。失業率は5.9%と、リーマンショック前の水準まで回復した。
 これを受けて米国の株式市場は大幅反発となったが、一方では世界経済の成長鈍化予測から原油安と低金利が続いている。順調な米国経済と世界経済の成長鈍化予測の狭間で、市場は微妙な雰囲気になってきている。

usakoyoutoukei201409

 今回、失業率が大幅に低下したのは、企業の求人が増え、就業者数が増加したことが主な要因。パートタイム労働が多いなど、質の問題が指摘されているものの、雇用が増えていることは間違いない。これから米国は感謝祭、クリスマスと大規模商戦が続くことから、しばらくは雇用増加が期待できる。

 一方、全世界的には経済成長率の鈍化が予想されている。IMFのラガルド専務理事は、成長率予測の見直しに言及したばかりである。
 米国では今回の雇用統計を受けて、利上げ前倒しの観測がさらに強まっているが、債券市場の動きはそれほど活発ではない。また原油先物市場も値下がりが続くなど、世界的な成長鈍化とディスインフレ傾向を織り込む形となっている。

 ただ原油価格の下落は、産油国が減産していないという需給要因も大きい。米国のシェールガスの輸出が始まったことから、中東の原油は余剰気味となっており、販売量を維持したい中東各国が減産に踏み切っていないのだ。
 米国は近い将来、エネルギーを完全自給できる見通しであり、中東の石油に対するニーズは今後、減る一方である。長期的に見ても原油価格の低迷を予想する市場関係者は多い。

 新興国の経済が冴えず、全世界的な成長が鈍化するなか、供給要因も加わると、さらに原油価格が下落する可能性がある。これはディスインフレの傾向に拍車をかける可能性があるが、米国にとってはエネルギー価格の下落はプラス要因となる。

 また、利上げ前倒しが予測されているものの、利上げ幅は最小限に止まるとの見方が大半である。このため債券市場は高騰が続いており(金利は低下)、米国株にとっては買い材料となっている。こうした環境ではドル高が継続しやすいが、今のところ急激なドル高が米国経済の重しになるという見方は出ていない。

 世界的な景気減速懸念とそれにともなう低金利が、逆に米国株を支えているという、少々ちぐはぐな状況となっている。米国経済の回復がさらに力強くなるのか、逆に米国経済が世界経済に引っ張られる形で減速するのか、何らかの変化が生じるまではこうした状況が続く可能性が高い。

 - 経済 , , ,

  関連記事

bitcoin
ビットコインの分裂騒動は、真の金融インフラになれるのかの試金石

 仮想通貨ビットコインが8月1日に分裂するのではないかという騒動が発生している。 …

ginkou
日本ではなぜ借金の個人保証がなくならないのか?

 民法の抜本改正を検討している法制審議会(法務大臣の諮問機関)が、中小企業融資に …

bouekitoukei201304
4月の貿易収支。エネルギー輸入増と輸出数量の減少が続き、赤字連続記録を更新

 財務省は5月22日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

toshiba03
東芝が決算発表を再度延期。第三者委員会も機能していないことが露呈

 不正会計が問題となっている東芝は2015年8月31日、同日に行う予定だった20 …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

no image
FRBがQE3実施を決定。バーナンキ議長が抱く真の野望が明らかに

 米連邦準備制度理事会(FRB)はとうとう量的緩和第3弾(QE3)に踏み切る。1 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

chintaiapart
民法改正で不動産賃貸業は本格的なサービス産業に脱皮できるか?

 法務大臣の諮問機関である法制審議会は2014年8月26日、民法における債権関係 …