ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

9月の米雇用統計は予想以上。ただし、世界経済は減速懸念でディスインフレ?

 

 米労働省は2014年10月3日、9月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者数の増加は24万8000人と事前予想を大きく上回った。失業率は5.9%と、リーマンショック前の水準まで回復した。
 これを受けて米国の株式市場は大幅反発となったが、一方では世界経済の成長鈍化予測から原油安と低金利が続いている。順調な米国経済と世界経済の成長鈍化予測の狭間で、市場は微妙な雰囲気になってきている。

usakoyoutoukei201409

 今回、失業率が大幅に低下したのは、企業の求人が増え、就業者数が増加したことが主な要因。パートタイム労働が多いなど、質の問題が指摘されているものの、雇用が増えていることは間違いない。これから米国は感謝祭、クリスマスと大規模商戦が続くことから、しばらくは雇用増加が期待できる。

 一方、全世界的には経済成長率の鈍化が予想されている。IMFのラガルド専務理事は、成長率予測の見直しに言及したばかりである。
 米国では今回の雇用統計を受けて、利上げ前倒しの観測がさらに強まっているが、債券市場の動きはそれほど活発ではない。また原油先物市場も値下がりが続くなど、世界的な成長鈍化とディスインフレ傾向を織り込む形となっている。

 ただ原油価格の下落は、産油国が減産していないという需給要因も大きい。米国のシェールガスの輸出が始まったことから、中東の原油は余剰気味となっており、販売量を維持したい中東各国が減産に踏み切っていないのだ。
 米国は近い将来、エネルギーを完全自給できる見通しであり、中東の石油に対するニーズは今後、減る一方である。長期的に見ても原油価格の低迷を予想する市場関係者は多い。

 新興国の経済が冴えず、全世界的な成長が鈍化するなか、供給要因も加わると、さらに原油価格が下落する可能性がある。これはディスインフレの傾向に拍車をかける可能性があるが、米国にとってはエネルギー価格の下落はプラス要因となる。

 また、利上げ前倒しが予測されているものの、利上げ幅は最小限に止まるとの見方が大半である。このため債券市場は高騰が続いており(金利は低下)、米国株にとっては買い材料となっている。こうした環境ではドル高が継続しやすいが、今のところ急激なドル高が米国経済の重しになるという見方は出ていない。

 世界的な景気減速懸念とそれにともなう低金利が、逆に米国株を支えているという、少々ちぐはぐな状況となっている。米国経済の回復がさらに力強くなるのか、逆に米国経済が世界経済に引っ張られる形で減速するのか、何らかの変化が生じるまではこうした状況が続く可能性が高い。

 - 経済 , , ,

  関連記事

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

kokusaishusi201302
2月の経常収支は黒字転換したが、大きな流れは変わっていない

 財務省は4月8日、2月の国際収支を発表した。貿易収支は6770億円の赤字だが、 …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

frbieren201407
FRBがとうとう量的緩和を終了。米国経済は完全復活し、今後の焦点は金利へ

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年7月9日、6月のFOMC(連邦公開市場 …

canadabank
英中銀の外人助っ人総裁が、FRBに続き失業率ターゲット導入を表明

 英国の中央銀行であるイングランド銀行が、大胆な金融政策を打ち出して話題となって …

bouekitoukei 201405
貿易収支は小康状態。気になるのはイラク情勢による原油価格の高騰

 財務省は2014年6月18日、5月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

setsubitousi
設備投資の先行指標にちょっとした異変。設備投資復活か単なるブレか?

 アベノミクスにおける最大の懸念材料の一つであった企業の設備投資に変化の兆候が見 …