ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づくエネルギー買い取りを中断すると相次いで発表した。買い取りを増やすと送電などでトラブルが発生するというのが電力会社の主張だが、これに対しては疑問の声も上がっている。誰も責任を取らない、場当たり的なエネルギー政策のツケが回ってきた恰好だ。

sbtakasago

 九州電力は9月25日から再生エネルギーの新規受け入れを中断しており、事業者向けの説明会を実施した。東北、四国、北海道の各社も10月から新規受け入れを中断している。
 各社とも出力10キロワット未満の住宅用発電システムからの買い取りは継続するものの、事業者の利用が多い10キロワット以上については、新規の買い取りを受け付けない。事業者の中には、多額の借り入れを行い、土地の整備を行っていたところがあるほか、住宅用でも高額な10キロワット以上の設備を導入しているケースもあり、一般個人にも影響が及ぶ可能性がある。

  電力各社では、これ以上、新規の受け入れを続けると、送電網などにおいてトラブルが発生する可能性があると主張している。だが、再生エネルギーの買い取り制度は国策として進めてきたものであり、参入事業者数がどの程度になるのかについてもある程度見通しが立っていたはずである。電力会社の説明に対しては一部から疑問の声も上がっている。

 経済産業省では、国が6月末までに認定した再生エネルギー事業者すべてが発電を開始した場合、買い取り総額が現在の約4倍の約2兆7000億円となるという見通しを明らかにしている。
 再生可能エネルギーは電力会社が買い取るといっても、そのコストは電気料金への上乗せという形で国民が負担する。この買い取り金額をすべて電気料金に上乗せすると、各家庭での毎月の負担額は現在の225円から935円に跳ね上がることになる。

 電力会社各社は、再生可能エネルギーの普及をあまり望んでおらず、自分達が望まないエネルギー源で、見かけ上の電力料金がさらに上昇することを嫌った可能性は否定できない。

 今年の4月には、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画」が閣議決定された。基本計画では、原発の再稼働を進める方針が明記されたが、再生可能エネルギーについても、従来を上回る水準の導入を目指すという、中途半端な内容となっている。
 また、再生可能エネルギーについては、参考値は盛り込まれたが、具体的な数値目標の導入は見送られており、政府が本当に普及させるつもりなのかについては疑問が残る。

 再生可能エネルギーは採算が取れる事業ではなく、もしその普及を実現したいのであれば、国が事業を主導して、その結果に責任を持つ必要がある。
 だが現実には誰も責任を取らない形式となっており、国の本格的な関与を見越して資金負担した事業者や個人だけがリスクを負わされる恰好となっている。自己責任といってしまえばそれまでだが、基本戦略なきエネルギー政策がもたらした結果であることは明白である。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

summly
まさに地殻変動!16歳のIT少年が簡単に1億円を集め、28億でYahooに技術を売却!

 米Yahooは2013年3月25日、ニュース要約アプリ「Summly」を買収す …

buffett
著名投資家バフェット氏の書簡から読み解く、彼の自信とその限界

 米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が2012年12月期の最終決算について …

sinreiauto
セブン-イレブンが店内レイアウトの全面刷新に乗り出した背景

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが店舗レイアウトの全面刷新に乗り出した。背景に …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

no image
ユーロ・ベガス計画がマドリードに決定。スペインの街にイタリア都市が出現?

 ユーロ・ベガスと呼ばれるスペインの超大型カジノ計画をめぐって、激しい誘致合戦を …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

setubitousi
10月の機械受注はマイナス。10~12月期GDPの設備投資もかなり厳しいか?

 内閣府は2014年12月11日、10月の機械受注統計を発表した。主要指標である …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …