ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

再生可能エネ普及策が頓挫?誰も責任を負わない中途半端な政策のツケ

 

 再生可能エネルギーの普及策が暗礁に乗り上げようとしている。電力各社は、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づくエネルギー買い取りを中断すると相次いで発表した。買い取りを増やすと送電などでトラブルが発生するというのが電力会社の主張だが、これに対しては疑問の声も上がっている。誰も責任を取らない、場当たり的なエネルギー政策のツケが回ってきた恰好だ。

sbtakasago

 九州電力は9月25日から再生エネルギーの新規受け入れを中断しており、事業者向けの説明会を実施した。東北、四国、北海道の各社も10月から新規受け入れを中断している。
 各社とも出力10キロワット未満の住宅用発電システムからの買い取りは継続するものの、事業者の利用が多い10キロワット以上については、新規の買い取りを受け付けない。事業者の中には、多額の借り入れを行い、土地の整備を行っていたところがあるほか、住宅用でも高額な10キロワット以上の設備を導入しているケースもあり、一般個人にも影響が及ぶ可能性がある。

  電力各社では、これ以上、新規の受け入れを続けると、送電網などにおいてトラブルが発生する可能性があると主張している。だが、再生エネルギーの買い取り制度は国策として進めてきたものであり、参入事業者数がどの程度になるのかについてもある程度見通しが立っていたはずである。電力会社の説明に対しては一部から疑問の声も上がっている。

 経済産業省では、国が6月末までに認定した再生エネルギー事業者すべてが発電を開始した場合、買い取り総額が現在の約4倍の約2兆7000億円となるという見通しを明らかにしている。
 再生可能エネルギーは電力会社が買い取るといっても、そのコストは電気料金への上乗せという形で国民が負担する。この買い取り金額をすべて電気料金に上乗せすると、各家庭での毎月の負担額は現在の225円から935円に跳ね上がることになる。

 電力会社各社は、再生可能エネルギーの普及をあまり望んでおらず、自分達が望まないエネルギー源で、見かけ上の電力料金がさらに上昇することを嫌った可能性は否定できない。

 今年の4月には、国のエネルギー政策の中長期的な指針となる「エネルギー基本計画」が閣議決定された。基本計画では、原発の再稼働を進める方針が明記されたが、再生可能エネルギーについても、従来を上回る水準の導入を目指すという、中途半端な内容となっている。
 また、再生可能エネルギーについては、参考値は盛り込まれたが、具体的な数値目標の導入は見送られており、政府が本当に普及させるつもりなのかについては疑問が残る。

 再生可能エネルギーは採算が取れる事業ではなく、もしその普及を実現したいのであれば、国が事業を主導して、その結果に責任を持つ必要がある。
 だが現実には誰も責任を取らない形式となっており、国の本格的な関与を見越して資金負担した事業者や個人だけがリスクを負わされる恰好となっている。自己責任といってしまえばそれまでだが、基本戦略なきエネルギー政策がもたらした結果であることは明白である。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

bukkajoushou
4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、 …

jinkoucinoukaiga
人工知能によって仕事の半分がなくなるとの野村総研の推計。現実はもう少し残酷?

 野村総合研究所は2015年12月2日、日本の労働人口の約半数が、人工知能やロボ …

saitengai2
崔天凱駐米中国大使が、尖閣問題で中国寄りの対応をするよう米国に要請

 尖閣諸島問題をめぐる小野寺防衛大臣の発言に対して、崔天凱駐米中国大使が強い口調 …

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

uscapitol
米中間選挙は共和党勝利で驚きはなし。経済や株価にはプラスか?

 米国では2014年11月4日、中間選挙が実施され、大方の予想通り共和党の勝利と …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …