ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安をきっかけに各業界で値上げ続々。輸入価格主導でもう一段の物価高に

 

 急速に進行した円安をきっかけに各業界で続々と値上げが発表されている。輸入物価の上昇を背景にしたインフレが加速しそうな状況となってきた。

cupnoodle

 UCC上島珈琲は11月から、小売店で販売する家庭用コーヒーを値上げする。コーヒー豆の価格が高めに推移していることや、円安の影響で輸入価格が前年比で2倍に高騰したことが主な要因。店頭価格は25%程度上がる見込み。

 明星食品や日清食品などインスタント食品のメーカーも値上げを発表している。日清食品は来年1月からチキンラーメンやカップヌードルなど250品目について、5%~6%程度値上げする。明星食品もほぼ同程度の値上げを見込んでいる。

 バターなどの乳製品かなり前から値上がりが続いており、夏には、ハムやソーセージなど肉類の値上げが行われた。菓子類はメーカーが値上げに慎重だが、内容量の減少は進めており、実質的な値上げはすでに行われている。

 世界的に見ると、コモディティ価格は安定的に推移しており、ここ1年は、世界経済の減速懸念からむしろ価格は低下傾向にある。しかし日本の場合には、アベノミクスによる円安があり、原材料価格安定の恩恵を受けることができない。
 また日本の場合、エネルギー関連の輸入が全体の3分の1を占めている。エネルギー関連は、コモディティの中でも価格が高止まりしている分野であり、この影響をモロに受ける形となっている。

 食品をメーカーが値上げを続々と表明していることで、他の業界や小売店なども値上げに踏み切るところが増えてくる可能性が高い。
 すでにニトリやビックカメラなどでは、比較的高額な商品の販売強化にシフトしており、客単価の上昇を進めている。ニトリは通期で大幅な増収増益となる見込みだ。また住設大手のLIXILが、業界慣行によって長年据え置かれてきた建材や機器の値上げに踏み切るとの報道も出ている。

 国内では安倍政権発足と前後して進んだ円安によって輸入物価が上昇し、デフレ脱却に成功したかに見えたが、円安が一服すると物価上昇もストップしてしまった。特に消費増税後は物価上昇率の鈍化が目立つ。
 今回、再び円安が進行したことで、もう一段の物価上昇が実現する可能性が高くなってきた。だがデフレからの脱却が、持続的な経済成長には結びついておらず、労働者の実質賃金は低下が続いている。今後しばらくは、消費者の懐はさらに寂しいものになるだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

factory06
9月の中間決算がほぼ出揃う。円安は本当に日本の製造業を復活させているのか?

 9月の中間決算は円安を背景として、製造業を中心に好業績となる企業が目立っている …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

jinmingen
中国が事実上の通貨切り下げ。米国以外はすべて大規模緩和状態へ

 中国の中央銀行にあたる中国人民銀行は、対ドル為替レートの「基準値」の算出方法を …

usakoyoutoukei201412
11月の米雇用統計は極めて良好。来月も同じ傾向が続けば円安が加速か?

 米労働省は2014年12月5日、11月の雇用統計を発表した。非農業部門の雇用者 …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

super02
個人消費に関する指標が軒並み大幅マイナス。これは単なる反動減ではない

 消費増税後の個人消費の減速が加速している。消費増税が直接の原因だが、背景には実 …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

microsoft
マイクロソフトが大規模な組織再編に着手。脱PCで伝統の事業部制を放棄

 米マイクロソフトは7月11日、これまでにない大規模な組織再編を行うと発表した。 …