ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

IMFが世界経済見通しを発表。欧州が完全失速、日本は大幅引き下げ

 

 IMF(国際通貨基金)は2014年10月7日、世界経済見通しを発表した。2014年の世界経済の成長率見通しは、物価変動の影響を除いた実質でプラス3.3%となり、7月時点の見通しから0.1ポイント引き下げられた。世界的なディスインフレ傾向がより顕著になってきている。

 imf201410 IMFでは毎年4月と10月に世界経済の見通しを発表している。今回、成長率見通しが引き下げられたのは、欧州の経済見通しが悪化したこととが主な要因。
 これまで絶好調であったドイツは0.5ポイント低下してプラス1.4%になった。以前から低迷が続くフランスはさらに失速してプラス0.4%(0.4ポイント低下)、イタリアは0.5%低下でマイナス0.2%に転落した。ユーロ圏全体ではプラス0.8%で前回見通しからは0.3ポイント引き下げられている。

 欧州において、このところディスインフレ傾向が顕著になっていることは周知の事実だったが、今回の見通しの改定で、現実の成長率に大きな影響を及ぼしていることが明らかとなった。これまでドイツの経済は好調だったが、ドイツは欧州域内への輸出が多く、欧州全体が低迷すると最終的にはドイツ経済にも影響が出てくることになる。

 一方、米国は成長率見通しが大幅に引き上げられた。前回見通しから0.5ポイント上昇してプラス2.2%となっている。3日に発表された雇用統計は極めて良好で、非農業部門の雇用者数の増加は24万8000人と事前予想を大きく上回った。米国では月あたりの新規雇用者数が20万人を上回ると好景気とみなされる。失業率は5.9%と、リーマンショック前の水準まで回復している。

 米国は内需が強く、世界経済の影響を受けにくい状況だが、これ以上、世界経済の停滞が長引けば、当然、その影響は米国内にも及んでくる。今後は、米国の景気が失速しないのかについて関心が集まることになる。

 全体に対する影響は少ないが、もっとも成長率見通しの引き下げ幅が大きかったのは日本である。日本は前回予想から0.7ポイント下落してプラス0.9%にとどまった。IMFでは消費増税の影響が大きいと分析している。

 - 経済 , ,

  関連記事

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

businessman04
1~3月期の設備投資は予想通りマイナス。注目は今後発表される最新統計の状況

 財務省は6月3日、2012年1~3月期の法人企業統計の調査結果を発表した。それ …

matsuura
エイベックス松浦氏の富裕層イジメ発言を評価する際に注意すべき点とは?

 エイベックス・グループ・ホールディングス社長の松浦勝人氏による、日本は富裕層に …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …

abekeitaiminaosi
首相が突然、携帯電話料金の見直しに言及。賃上げ要請と同じ結果に終わる?

 安倍首相の携帯電話料金の見直し発言が波紋を広げている。日本の携帯電話会社は3社 …

bitcoin
ビットコインの通貨以外への応用に注目集まる。実現すれば社会コストが激減

 インターネット上の仮想通貨ビットコインに関するあらたな活用方法に注目が集まって …

tosho02
上からの改革でROE向上を掲げる企業が急増。そのシワ寄せはどこに?

 ROE(株主資本利益率)の向上を経営目標に掲げる企業が急増している。これまで日 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …