ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

円安をめぐって日銀と政府・財界に温度差。追加緩和か物価目標修正か?

 

 急激に進む円安をめぐって、日銀と政府・財界に温度差が出てきている。今後の金融政策や景気対策について微妙な影響を及ぼす可能性もある。

 nichigin02 日銀の黒田総裁は、2014年10月7日に開催された金融政策決定会合後の記者会見において、円安が進むことは「日本経済にとってプラス」との見解を示した。黒田氏はこのところ円安を容認する発言を繰り返しており、今回の発言もその延長線上にある。その意味では特に驚きのある内容ではない。

 日銀は2年で2%という物価目標を掲げているが、現状の物価は厳しい状況にある。消費者物価指数はこのところ連続して伸び率が低下しており、物価上昇の鈍化が鮮明になってきている。
 最新の8月の数字では、代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」が前年同月比3.1%の上昇にとどまった。5月が3.4%、6月が3.3%、7月が3.3%なので伸び率は着実に低下している。日銀では消費税による物価上昇を2%程度と見ているので、消費税の影響を除いた物価上昇率は1.1%ということになる。
 最終的な物価目標はコア指数ではなく総合指数になると考えられるが、両者にあまり違いはなく、このままでは物価目標の達成は難しいと判断するのが妥当だろう。

 これまでの物価上昇は景気の回復というよりも輸入物価上昇の影響が大きかったことから、今後、さらに円安が進めば、もう一段の物価上昇が期待できる。黒田氏が円安を望むのは輸入物価主導でインフレが進展することを期待しているからである。

 だが円安に対する社会の認識は着実に変わりつつある。デフレの進行中は、円高が諸悪の根源とされ、円高さえ解消されれば日本経済は劇的に回復するという、安易な論調が支配していた。実際に円高が解消されてしまうと、当然のことながら、そうではなかったことが明らかになってきている。

 経団連の榊原定征会長は9月末の記者会見において「これ以上の円安は日本全体にとってマイナスの影響が大きくい」と懸念を示している。経団連は2年前までは、盛んに円高是正を訴えていた。会長が変わったとはいえ、論理的整合性のなさは拭いようがないが、これが現在の財界のホンネということである。政府内部でも、円安対策を求める声が一部から上がってくることになるだろう。

 そうなってくると、金融政策との整合性が問題になってくる。安倍政権発足当初は、円高是正とデフレ脱却で日銀と政府の利害は一致していたが、甘い新婚生活はそろそろ終わりつつある。
 物価目標の時期を後にシフトするのか、追加の量的緩和策に踏み切るのか、近い将来、日銀は決断を迫られることになるだろう。

 - 政治, 経済 , , , , ,

  関連記事

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kerry0020
ケリー国務長官が中国を訪問。日本の立場は米中の経済交渉次第

 米国のケリー国務長官はこの2月に中国を訪問する。同じく国務省のバーンズ副長官が …

MAC
マクドナルドが7年ぶり減益。だが原田マジック消滅との報道は過剰反応

 日本マクドナルドホールディングスは3月19日、株主総会を開催した。同社の201 …

merukeru03
最低賃金がないドイツの貧困率が日本よりもはるかに低い理由とは?

 圧倒的な支持率で総選挙を勝ち抜き、3期連続で首相の座についたドイツのメルケル首 …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

sakakibara
経団連が献金再開。表面的には関係修復が目的だが、もっと深刻な理由も

 経団連の榊原定征会長は2014年9月8日、政治献金を5年ぶりに再開する方針を明 …

tpptaikou
バラマキにすらなっていない。官庁や独法の予算配分に終始したTPP大綱

 政府は2015年11月25日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関する政 …

kaigosisetu
介護離職ゼロに向けて企業に残業免除を義務化。だが現実には機能しない?

 安倍政権が掲げる介護離職ゼロに向け、介護者の残業を免除する施策の検討が始まって …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …