ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中村修二氏のノーベル賞受賞であらためて問われる「発明の対価」

 

 今年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード(LED)を発明した名城大学の赤崎勇教授、名古屋大学の天野浩教授、米国人で米カリフォルニア大学教授の中村修二教授の3名が受賞した。中村氏は米国人だが、もともとは日本人だったことから、中村氏を加えると3名の日本人が受賞したことになる。

nakamurashuji

 赤崎氏と天野氏は、青色発光ダイオードの原材料となる窒化ガリウムの結晶を作ることに成功し、青色発光ダイオードを世界で初めて開発した。だが当初の青色発光ダイオードは輝度が十分ではなく実用には耐えなかった。中村氏は製法を改良し、より明るい青色発光ダイオードの量産化にメドを付けた。これらの功績が評価され、3名の受賞となった。

 科学的な成果はともかくとして、やはり注目を集めたのは、かつて所属していた企業に対して、発明の対価をめぐって巨額訴訟を起こした中村氏であろう。
 現在の特許制度では、企業の従業員が業務を通じて発明した特許について、原始的にその権利は発明者にあると規定している。企業は相当の対価を支払って、その特許を利用することができるが、相当な対価の妥当性をめぐっては、たびたび訴訟となっている。

 中村氏は、日亜化学工業に対して200億円の支払いを求める訴訟を起こしたが、裁判はあまり有利に進まず、最終的には8億5000万円の金額で和解した。
 だが中村氏はまだ怒りが収まらないらしく、受賞を受けての会見では「すべてのモチベーションは(日本に対する)怒りだった」と述べ、日本の環境の劣悪さを激しく批判した。

 技術者への対価の支払いをめぐっては、日本はグローバルスタンダードから遅れており、技術者を十分に処遇していないという論調が一部にはある。そういった面があるのは確かだが、その前提条件は必ずしも正しいとはいえない。

 高額報酬としてよく引き合いに出される米国は、確かに特許の帰属については原理的に個人となっている。だが、私的契約が最優先であり、実質的には企業と従業員の契約にすべて委ねられている。
 革新的な発明を行うことが確実視され、発明の対価を受け取ることができるスター研究者は確かに存在しているだろう。だが、現実には、凡庸な研究者の方が圧倒的に多く、米国であっても、特許の実質的権利を主張できない雇用契約を結んでいるケースがほとんどである。

 現在の中村氏なら、あらゆる企業と高額報酬で契約を交わすことができるはずだ。だが青色発光ダイオードを発明する前の中村氏が同じような雇用契約を企業と結べた可能性は極めて低い。
 当時、中村氏は無名の社員であり、多くの企業の従業員がそうであるように、日亜社からは終身雇用まで保障されていた。米国流でいくなら、中村氏は雇用条件と発明の対価についてゼロから日亜社と交渉する必要があった。
 無名社員であった中村氏の提案を受け入れ、開発費をすべて負担した日亜化学工業の存在がなければ、この発明はなかったと考えるのが妥当である。

 現在、政府内部では、社員が発明した特許について原則として企業帰属にすべきという方向で議論が進んでいる。個人の発明であっても、企業の資金や設備、同僚の協力なしに発明を実現するのは難しいのが現実であり、一定の報酬を支払う代わりに法人に帰属させることは、合理的な問題解決方法であると考えられる。

 - 政治, 社会, IT・科学 ,

  関連記事

zenjindai2015
中国政府が2015年の軍事費を発表。GDP比でいくとまだまだ軍拡の余地がある

 中国政府は、2015年3月5日から行われている全人代(全国人民代表大会)におい …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

no image
シャープは本来ならアップルの強烈なライバル・メーカーになるはずだった!

 シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と共同で、新型液晶「IGZO」を搭載 …

africa
国連の世界人口予測が示す、中国の失速と米国の躍進。総人口ではアフリカが急進

 国連経済社会局は6月13日、世界人口展望の最新報告を発表した。それによれば、現 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

suti
ミャンマーで大規模な人権弾圧が発生。だが大統領になりたいスーチー氏はこれを無視

 民主化と経済開放が進んでいるはずのミャンマーで、仏教徒による大規模なイスラム少 …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

spain
スペインがわずか1600万円の不動産投資で外国人に永住権を付与

 スペイン政府は、銀行の不良債権問題の解決策のひとつとして、16万ユーロ(およそ …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

tokyotower02
円安で訪日外国人客が急増。ただし、国際的に見ると日本への観光客は異常に少ない

 日本政府観光局(JNTO)は5月22日、4月における訪日外国人客数を発表した。 …