ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は騒音防止を定めた「環境確保条例」から、子どもの声を除外する方向性で検討を開始したとの報道が出ている。

hoikuen

 報道によると、都議から「子どもの声を工場の騒音と同列に扱うのはおかしい」との指摘を受け、都は各市区町村にアンケートを実施した。その結果、子どもの声を規制対象から外すべきだとした自治体は40に上ったことから、子どもの声を規制対象から外す検討を開始したという。

 保育園の子どもの声をめぐっては、近隣住民から苦情が出るケースが相次いでいる。先月には、保育園の近くに住む70代の男性が「子供の声がうるさい」として、保育園を運営する社会福祉法人を相手取り、防音設備の設置や慰謝料100万円の支払いを求める訴えを神戸地裁に起こしている。

 子どもはそもそも騒がしい存在であり、誰もがそうした時代を経て成人になっている以上、保育園の騒音については、ある程度、周囲が受忍する必要があることはいうまでもない。

 一方で、ライフスタイルや価値観の多様化によって、受忍限度を超えると感じる住民がいることも事実である。音に対して神経質で、かつ夜勤というような場合には、一部の人が苦痛と感じる可能性は十分にあるだろう。
 また子どもの声はともかくとして、お遊戯でのピアノや太鼓の音、父母のコーラス、送り迎えの車による大量の路上駐車など、付帯する事象が重なり合って周囲が迷惑と感じている可能性もある。不動産賃貸の業界では保育園の隣は、非常に面倒な物件と認識されているのが現実なのである。

 このような視点で考えた場合、報道が事実だとすると、都の対応は拙速といえる。市区町村は社会福祉法人と並んで、保育園の主な運営主体である。仮に保育園が騒音を出していると仮定すると、市区町村は加害者側ということになる。加害者側(と想定される主体)に対して規制の是非を問う質問を行って判断を下すというのは公平性を欠いており、手順として問題がある。

 最終的には、周辺住民に理解してもらう以外に解決策はないと考えられるが、保育園は公営もしくは多額の補助金が投入された公的施設である。少なくとも、一定レベルの防音対策などを検討する余地はあるはずだ。いかに正論であったとしても、これと異なる少数者の意見が存在する場合には、少なくとも客観的な立場での検証が必要なことはいうまでもない。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

uenotizuko
上野千鶴子氏の発言をめぐって炎上騒ぎ。日本は本当に貧しくなってきたのかも・・・・

 日本におけるフェミニズムの先駆者の一人として知られる上野千鶴子氏の発言をめぐり …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

singapol
シンガポールで深夜の飲酒が禁止。背景にあるのは外国人労働者問題

 シンガポールで4月1日から、午後10時半以降の屋外での飲酒を禁じる法律が施行さ …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …