ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は騒音防止を定めた「環境確保条例」から、子どもの声を除外する方向性で検討を開始したとの報道が出ている。

hoikuen

 報道によると、都議から「子どもの声を工場の騒音と同列に扱うのはおかしい」との指摘を受け、都は各市区町村にアンケートを実施した。その結果、子どもの声を規制対象から外すべきだとした自治体は40に上ったことから、子どもの声を規制対象から外す検討を開始したという。

 保育園の子どもの声をめぐっては、近隣住民から苦情が出るケースが相次いでいる。先月には、保育園の近くに住む70代の男性が「子供の声がうるさい」として、保育園を運営する社会福祉法人を相手取り、防音設備の設置や慰謝料100万円の支払いを求める訴えを神戸地裁に起こしている。

 子どもはそもそも騒がしい存在であり、誰もがそうした時代を経て成人になっている以上、保育園の騒音については、ある程度、周囲が受忍する必要があることはいうまでもない。

 一方で、ライフスタイルや価値観の多様化によって、受忍限度を超えると感じる住民がいることも事実である。音に対して神経質で、かつ夜勤というような場合には、一部の人が苦痛と感じる可能性は十分にあるだろう。
 また子どもの声はともかくとして、お遊戯でのピアノや太鼓の音、父母のコーラス、送り迎えの車による大量の路上駐車など、付帯する事象が重なり合って周囲が迷惑と感じている可能性もある。不動産賃貸の業界では保育園の隣は、非常に面倒な物件と認識されているのが現実なのである。

 このような視点で考えた場合、報道が事実だとすると、都の対応は拙速といえる。市区町村は社会福祉法人と並んで、保育園の主な運営主体である。仮に保育園が騒音を出していると仮定すると、市区町村は加害者側ということになる。加害者側(と想定される主体)に対して規制の是非を問う質問を行って判断を下すというのは公平性を欠いており、手順として問題がある。

 最終的には、周辺住民に理解してもらう以外に解決策はないと考えられるが、保育園は公営もしくは多額の補助金が投入された公的施設である。少なくとも、一定レベルの防音対策などを検討する余地はあるはずだ。いかに正論であったとしても、これと異なる少数者の意見が存在する場合には、少なくとも客観的な立場での検証が必要なことはいうまでもない。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

netaniyafugikai
ネタニヤフ首相が共和党の招きで議会演説。オバマ大統領は会談拒否

 イスラエルのネタニヤフ首相は2015年3月3日、米議会で演説し、オバマ政権が進 …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

minna
渡辺元代表がまさかの落選。消滅した「みんなの党」出身議員の当落は?

 党の内紛から解党に追い込まれた「みんなの党」の出身者が厳しい状況となっている。 …

jabuil
動き出す農協改革。最初のターゲットがJA全中になる理由

 政府が農協改革に向けて動き始めた。規制改革会議は5月22日、中央組織が地域の農 …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

kaigosisetu
特養の規制を都市部で一部緩和。だが介護政策における根本的矛盾は解消されず

 厚生労働省が特別養護老人ホーム(特養)に関する規制を都市部に限って緩和する方向 …

anchols
韓国大統領選挙。無所属の安候補が突然辞退。不透明さが漂う韓国社会

 韓国大統領選挙の野党候補一本化交渉の当事者であった安哲秀ソウル大学教授が23日 …

nodae02
野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。  財務相が有力視されていた岡田克也副総 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …