ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都が子どもの声を騒音条例から除外との報道。正論だが手続きに問題はないのか?

 

 このところ保育園などにおける子供の声をめぐる議論が活発になっているが、東京都は騒音防止を定めた「環境確保条例」から、子どもの声を除外する方向性で検討を開始したとの報道が出ている。

hoikuen

 報道によると、都議から「子どもの声を工場の騒音と同列に扱うのはおかしい」との指摘を受け、都は各市区町村にアンケートを実施した。その結果、子どもの声を規制対象から外すべきだとした自治体は40に上ったことから、子どもの声を規制対象から外す検討を開始したという。

 保育園の子どもの声をめぐっては、近隣住民から苦情が出るケースが相次いでいる。先月には、保育園の近くに住む70代の男性が「子供の声がうるさい」として、保育園を運営する社会福祉法人を相手取り、防音設備の設置や慰謝料100万円の支払いを求める訴えを神戸地裁に起こしている。

 子どもはそもそも騒がしい存在であり、誰もがそうした時代を経て成人になっている以上、保育園の騒音については、ある程度、周囲が受忍する必要があることはいうまでもない。

 一方で、ライフスタイルや価値観の多様化によって、受忍限度を超えると感じる住民がいることも事実である。音に対して神経質で、かつ夜勤というような場合には、一部の人が苦痛と感じる可能性は十分にあるだろう。
 また子どもの声はともかくとして、お遊戯でのピアノや太鼓の音、父母のコーラス、送り迎えの車による大量の路上駐車など、付帯する事象が重なり合って周囲が迷惑と感じている可能性もある。不動産賃貸の業界では保育園の隣は、非常に面倒な物件と認識されているのが現実なのである。

 このような視点で考えた場合、報道が事実だとすると、都の対応は拙速といえる。市区町村は社会福祉法人と並んで、保育園の主な運営主体である。仮に保育園が騒音を出していると仮定すると、市区町村は加害者側ということになる。加害者側(と想定される主体)に対して規制の是非を問う質問を行って判断を下すというのは公平性を欠いており、手順として問題がある。

 最終的には、周辺住民に理解してもらう以外に解決策はないと考えられるが、保育園は公営もしくは多額の補助金が投入された公的施設である。少なくとも、一定レベルの防音対策などを検討する余地はあるはずだ。いかに正論であったとしても、これと異なる少数者の意見が存在する場合には、少なくとも客観的な立場での検証が必要なことはいうまでもない。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

no image
スペインの2013年緊縮予算に市場は好感。それホントですか?

 スペインは27日、歳出削減に重点を置いた2013年予算案を提示した。ロイターが …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …

saishushobun
「核のゴミ」最終処分場選定に関して、日本に欠けている視点とは?

 これまでほとんど手つかずだった、原子力発電所から出る放射性廃棄物の最終処分につ …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

no image
実は橋下氏ただ1人が孤立していた?第3極の大同団結をめぐるゴタゴタ

 太陽の党を率いる石原慎太郎氏と日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は16日午前、衆 …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

yudachi02
中国軍幹部がレーダー照射を認める。軟化のサインか心理戦か?

 中国海軍の艦船が海上自衛隊の護衛艦にレーダーを照射した問題で、中国軍の高級幹部 …

mof03
2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りま …

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …