ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界景気の後退を受けて下落が続く米国株。焦点は原油安のもたらす影響

 

 米国株式市場の下落が続いている。10月9日のダウ平均株価は、前日比334ドル97セント安の1万6659ドル25セントと約1年3カ月ぶりの下げ幅となった。続く10日も下げが止まらず、最終的には1万6544ドル10セントで先週の取引を終えた。週の初めには90ドルを超えていた原油価格も下落が続いており、週末には85ドル52セントまで下落している。

 nyse 市場では、世界的な景気減速の影響を受けたものという見方が主流である。IMF(国際通貨基金)が7日発表した最新の世界経済見通しでは、全世界の2014年における実質経済成長率予想はプラス 3.3%となり、7月時点の見通しから0.1ポイント引き下げられた。特に欧州と日本の景気失速が著しく、世界的なディスインフレ傾向がより顕著になってきているという。

 米国経済自体は非常に好調で、米国だけは成長率見通しが大幅に引き上げられた。3日に発表された雇用統計も極めて良好で、非農業部門の雇用者数の増加は24万8000人と事前予想を大きく上回った。

 米国経済は内需の影響が強く、世界経済の影響を受けにくい構造となっている。だが、欧州と日本、さらには中国など新興国の低迷がこれだけ顕著になってくると、米国の株式市場だけが単独で好調さを維持するというのは難しくなってくる。
 何より、米国の株式市場はこのところ、世界経済での一人勝ちという状況から、かなり買い進まれており、市場の一部からは割高であるとの指摘も出ていた。今回の株価急落や原油価格の低迷を受けて、利益確定を実施する投資家は多いと考えられ、そのような動きが本格化すれば、米国株はさらに調整する可能性がある。

 米国株の急落を受けて、為替は円高方向に動いているが、全体的に見れば、好調な米国経済と、低調な欧州、日本、中国という図式なので、ドル高に振れやすい状況にある。欧州と日本は緩和傾向にあり、一方、米国は緩和縮小の流れとなっている。米国のルー財務長官は「強いドルは望ましい」とドル高を容認する発言を行っており、政策当局者の方向性も一致している。

 このところの原油価格の動きは、世界景気の減速を警戒してのものだが、長期的、構造的にみても原油価格には下落圧力が高まっている。米国ではシェールガスの開発が進んでおり、中東からの原油の輸出が減少しているからだ。原油価格の下落は少なくとも米国経済にはプラスの効果をもたらすはずであり、これが米国経済にどれだけ貢献するのかが焦点となってくる。

 原油価格の下落が長期的に米国経済プラスであり、米国の景気が衰えないと判断されるのであれば、米国の株価はふたたび上昇に転じる可能性が高い。一方、そうでない場合には、米国株の調整は意外に長引くかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

aplkessan
中国向けが絶好調のアップル決算。パナやソニーの年間売上高を四半期で突破

 米アップルは2015年1月27日、2014年10~12月期の決算を発表した。売 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

intelbaytrail
インテル1~3月期決算。データセンター好調も、IoTはまだまだ途上

 半導体世界最大手の米インテルは2015年4月14日、2015年1~3月期の決算 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …

kyuryo
経団連がベア容認に方向転換。安倍政権との関係改善を優先か?

 大企業を中心にベースアップを容認する動きが顕著になってきた。基本的には安倍政権 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …