ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

このところ顕著になっている人手不足は景気拡大によるものなのか?

 

 このところ人手不足がより顕著になっている。人手不足は景気が良くなっている証拠としてよく取り上げられるが、多くの人にとって生活実感は改善していない。人手不足に対しては別な要因を指摘する声もある。

 businessman02 人手不足を表す指標としてよく用いられるのが有効求人倍率である。これは有効求人数を有効求職者数で割ったものである。2014年8月の有効求人倍率は1.1倍で、確かに求職者数が求人数を上回っており、人手不足の状態になっている。求人倍率が1を超えたのは、2013年11月以降のことなので、アベノミクスによる景気回復で求人倍率が上昇したと考えてよいだろう。

 確かに求人数が増えれば求人倍率は増加するのだが、一方で、求人数が変わらなくても求職者の数が減れば、やはり求人倍率は増加する。求人倍率を見ただけでは、全体の動きは分からないのである。

 ここ1年の間に、企業の求人数は13万8000人増加した。一方、求職者(仕事を探している人)の数は18万2000人も減少している。つまり企業の求人の増加よりも、求職者の減少の方が数が多いのである。これはよく知られているように、若年層人口の減少が主な原因である。勤労世代の人口が大きく減ったことが、人手不足を招いているのである。

 実は企業の現場では、数年前から人手不足が深刻になっていたが、これまではその状況が顕在化していなかった。公共事業で多少景気が持ち直したことと、求人倍率が1を超えたことで、人手不足が急に認識され始めたと考えられる。

 分野別で見ると、ここ1年で就業者の数がもっとも増加したのは建設業で22万人となっている。もう一つの分野は医療・福祉で就業者は17万人増えている。製造業は伸び率がゼロとなっており、卸・小売は逆に22万人も減っている。建設分野での就業者が増えているのは、明らかに公共事業の効果なので、これは永続性のあるものではない。そうなってくると、基本的に医療・福祉の分野でしか、人材の需要は伸びていないということになる。

 安倍政権では企業に賃上げを強く求めており、実際、企業の側も高い賃金を払わないといい人材が集まらないという状況になりつつある。だが、いくら賃金を上げても、供給力に限界があるため、人材を確保することができない企業は多い。一方、高齢者は増加していて、全体の需要はすぐには低下しないことから、今度は供給制限によって、成長が阻害される可能性が出てくる。

 供給制限をもっとも簡単に解決する方法は移民受け入れだが、当然、これにはいろいろと弊害がある。一方、自動化やIT化を積極的に進めて生産性を向上させるというやり方もある。だがこちらは、効果が出るまでに時間がかかることや、合理化に伴って人材の再配置が必要であり、多くの労働者に痛みを強いる可能性が高い。だが人材不足は長期的、構造的な問題なので、何らかの方法で解決しなければ、この問題で常に頭を悩まされることになる。

 このところ、円安による物価上昇によって家計の実質所得が減少している。今のところ円安要因が大きいが、このままの状態が続けば、近い将来、人材不足による生産の縮小が、家計に影響を及ぼすようになってくる。そうなってくると、経済は負のスパイラルに転落することにもなりかねない。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

no image
経済誌のスクープ記事で、アップルの奴隷に成り下がった日本メーカーの実態が明らかに

 週刊ダイヤモンドのアップル特集が話題となっている。iPhoneに部品を供給する …

eu
EUが経済成長見通しを下方修正。緊縮財政は事実上棚上げか?

 EU(欧州連合)の欧州委員会は5月3日、2013年春の欧州経済見通しを発表した …

abetrump
安倍首相がトランプ氏にわざわざ中国企業の製品をプレゼントした政治的意味

 安倍首相とトランプ次期米大統領の会談で安倍首相がトランプ氏に贈った黄金のゴルフ …

tousan
周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法によ …

akachan
安倍首相が力を入れる第三子以降に特化した少子化対策は効果があるのか?

 安倍首相は2014年7月19日、少子化対策において特に第三子以降に特化するやり …

nichigin
日銀が3月の短観を発表。アベノミクスも結局は米国頼みであることが間接的に明らかに

 日銀は4月1日、企業短期経済観測調査(短観)を発表した。大企業は製造業、非製造 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

cameronpanama
パナマ文書を巡り、英キャメロン首相が自らの納税情報を公開。給料は意外に安かった

 パナマから流出したタックスヘイブン(租税回避地)関連文書、いわゆるパナマ文書を …

portgal
プライドが許さない?旧植民地からの逆投資に反発するポルトガルは愚の骨頂?

 経済金融危機に陥っているスペインとポルトガルが、旧植民地との新しい経済関係の構 …

lixil
リクシルの海外M&Aは、今後の日本経済のあり方を示すお手本

 住宅設備最大手のLIXIL(リクシル)グループが大型の海外M&A(企業 …