ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比7.9%増の145億5400万ドル (約1兆5600億円)、純利益は前年同期比12.4%増の33億1700万ドル(約3556億円)と連続して増収増益となった。

intelbaytrail

 同社はかつてパソコン向けのMPU市場で独占的な地位を占め、IT業界のリーダー的存在であった。だが、最近はパソコンからスマホへのシフトに乗り遅れ、市場での影響力を失いつつある。4~6月期の決算では、スマホ向けのMPUの出荷が大幅に減少し、同分野からの撤退が示唆されていた。今期は関連分野の売上げはほぼゼロに近くなっており、スマホからの完全撤退が確認された。

 一方、主力のパソコン向けMPUや、スマホ・シフトを背景にしたデータセンター向けのMPUは絶好調である。パソコン向けは前年同期比9%増の92億ドル、データセンター向けは同16%増の37億ドルとなっている。売上げが拡大していることに加えて、不振のスマホ向け製品から撤退したことで原価が下がり、利益率が向上した。

 スマホ向けMPUからの撤退について、市場はすでに織り込み済みとなっており、むしろ今後の注目点は同社の次の成長戦略となっている。
 今のところ、同社が今後の成長分野として注力しているのは、「インターネット・オブ・シングス(IoT)」である。これは、ウェアラブル端末やスマートメーターなど、ネッ トに接続することを前提にした機器向けのデバイスだが、関連分野の売上高は5億3000万ドルと思ったほど伸びていない。

 パソコン向けMPUとデータセンター向けMPUの事業については当面、不安材料はない。こうしたレガシーなビジネスに特化するのか、IoTなど次の成長分野に注力するのかで、同社の今後の評価は大きく変わってくるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

beikokuoil
原油価格の下落で商社各社が損失。今後の事業ポートフォリオは?

 住友商事は2015年3月25日、2015年3月期の決算について、黒字予想から一 …

nichigin04
長期金利が0.5%割れ。量的緩和策スタート時の水準に戻る

 日本の長期金利が一段と低下している。10年物国債の利回りは約1年半ぶりに0.5 …

sozeikaihilist
国際的なジャーナリスト集団が、租税回避国活用企業リストを公表

 国際的な脱税や各国要人・富豪の海外隠し資産を追及している国際調査報道ジャーナリ …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

reitbuild
マイナス金利政策唯一の成果?低迷する日経平均を尻目にREITが絶好調

 日経平均株価の低迷が続く中、REIT(不動産投資信託)が好調に推移している。日 …

sendaig7
G7を前に日本は八方塞がりの状況。日銀は追加緩和すらままならない?

 G7(主要7カ国財務相・中央銀行総裁会議)開催を前に、日本が八方塞がりの状況に …

noma
「世界一のレストラン」で食中毒。だが顧客にまた食べたいと言わせる料理の中身とは?

 世界最高のレストランとして有名なデンマークの「NOMA(ノーマ)」で、ノロ・ウ …