ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比7.9%増の145億5400万ドル (約1兆5600億円)、純利益は前年同期比12.4%増の33億1700万ドル(約3556億円)と連続して増収増益となった。

intelbaytrail

 同社はかつてパソコン向けのMPU市場で独占的な地位を占め、IT業界のリーダー的存在であった。だが、最近はパソコンからスマホへのシフトに乗り遅れ、市場での影響力を失いつつある。4~6月期の決算では、スマホ向けのMPUの出荷が大幅に減少し、同分野からの撤退が示唆されていた。今期は関連分野の売上げはほぼゼロに近くなっており、スマホからの完全撤退が確認された。

 一方、主力のパソコン向けMPUや、スマホ・シフトを背景にしたデータセンター向けのMPUは絶好調である。パソコン向けは前年同期比9%増の92億ドル、データセンター向けは同16%増の37億ドルとなっている。売上げが拡大していることに加えて、不振のスマホ向け製品から撤退したことで原価が下がり、利益率が向上した。

 スマホ向けMPUからの撤退について、市場はすでに織り込み済みとなっており、むしろ今後の注目点は同社の次の成長戦略となっている。
 今のところ、同社が今後の成長分野として注力しているのは、「インターネット・オブ・シングス(IoT)」である。これは、ウェアラブル端末やスマートメーターなど、ネッ トに接続することを前提にした機器向けのデバイスだが、関連分野の売上高は5億3000万ドルと思ったほど伸びていない。

 パソコン向けMPUとデータセンター向けMPUの事業については当面、不安材料はない。こうしたレガシーなビジネスに特化するのか、IoTなど次の成長分野に注力するのかで、同社の今後の評価は大きく変わってくるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

abemerukeru
安倍首相が独、英に財政出動を働きかけるもゼロ回答。結論はサミットに持ち越し

 安倍首相は2016年5月4日、ドイツを訪問しメルケル首相と首脳会談を行った。最 …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

venetian
世界のカジノ王が日本に1兆円投資の用意?白熱化する日本カジノ構想

 世界最大級のカジノ運営会社ラスベガス・サンズは2014年2月24日、日本でのカ …

doller
生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

okano
痛くない注射針の会社が1億円もの所得隠し、日本のモノ作りの残念な結末

 痛くない注射針を開発したことで知られ、日本の物作りの象徴として賞賛されていた東 …

girishagikai
銀行預金引き出し制限下のギリシャで飛び交うデマから分かること

 ギリシャ政府のIMF(国際通貨基金)に対する15億ユーロ(約2000億円)の支 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …