ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インテル7~9月期決算。スマホからほぼ完全撤退で、焦点は次の成長分野へ

 

 半導体世界最大手の米インテルは2014年10月14日、2014年7~9月期の決算を発表した。売上高は前年同期比7.9%増の145億5400万ドル (約1兆5600億円)、純利益は前年同期比12.4%増の33億1700万ドル(約3556億円)と連続して増収増益となった。

intelbaytrail

 同社はかつてパソコン向けのMPU市場で独占的な地位を占め、IT業界のリーダー的存在であった。だが、最近はパソコンからスマホへのシフトに乗り遅れ、市場での影響力を失いつつある。4~6月期の決算では、スマホ向けのMPUの出荷が大幅に減少し、同分野からの撤退が示唆されていた。今期は関連分野の売上げはほぼゼロに近くなっており、スマホからの完全撤退が確認された。

 一方、主力のパソコン向けMPUや、スマホ・シフトを背景にしたデータセンター向けのMPUは絶好調である。パソコン向けは前年同期比9%増の92億ドル、データセンター向けは同16%増の37億ドルとなっている。売上げが拡大していることに加えて、不振のスマホ向け製品から撤退したことで原価が下がり、利益率が向上した。

 スマホ向けMPUからの撤退について、市場はすでに織り込み済みとなっており、むしろ今後の注目点は同社の次の成長戦略となっている。
 今のところ、同社が今後の成長分野として注力しているのは、「インターネット・オブ・シングス(IoT)」である。これは、ウェアラブル端末やスマートメーターなど、ネッ トに接続することを前提にした機器向けのデバイスだが、関連分野の売上高は5億3000万ドルと思ったほど伸びていない。

 パソコン向けMPUとデータセンター向けMPUの事業については当面、不安材料はない。こうしたレガシーなビジネスに特化するのか、IoTなど次の成長分野に注力するのかで、同社の今後の評価は大きく変わってくるだろう。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

skymark02
日本初のLCCだったはずのスカイマークが、LCCとの競争で経営難の皮肉

 国内航空3位のスカイマークの経営が悪化している。格安航空会社(LCC)との競争 …

fxkisei
金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠 …

kaishaho
日本の上場企業はすでに国有企業?懸念されるガバナンス問題

 公的年金による積極的な株式投資の結果、多くの企業で政府が事実上の大株主になって …

gun
3Dプリンタの普及で銃の自宅製造が可能に?日本で懸念されるヒステリックな過剰規制

 3次元データをもとに、立体的なオブジェクトを手軽に作ることができる3Dプリンタ …

sekitankaryoku
政府が石炭火力の増設に政策転換。今まで日本が世界からダマされていことが明らかに

 政府はこれまでの方針を見直し、石炭火力発電の新増設の推進にかじを切る。日本経済 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

kikaiinsatu
設備投資の先行指標である機械受注が大幅減。7~9月期のGDPは大丈夫か?

 内閣府は2015年9月10日、7月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

kurodashirakawa
黒田総裁らしからぬ中途半端な補完措置。白川時代を彷彿とさせるという声も

 日銀が打ち出した「補完措置」をめぐって市場の混乱が続いている。追加緩和なのかそ …

kanntei
政府が2013年度のGDP見通しを上方修正。だが物価目標をめぐる政策の矛盾が露呈

 政府は28日に開催された臨時閣議で、2012~13年度の経済成長率見通しを正式 …

goodyeardunrop
フランスの隣接する2つのタイヤ工場の明暗を分けたものは、長時間労働の受け入れだった

 フランス北部アミアンにある2つのタイヤ工場をめぐって、ちょっと変わった事態が発 …